様々な業種の垣根を越えて、アメ車とジェットをキッカケに令和初の夏を満喫!

アウトドア

アメ車乗りたちの素顔

アメマガ2019年11月号

アメ車乗りたちの素顔


DSC_9330

アメ車乗りたちの素顔 AMERICAN CAR OWNERS REAL LIFE 街中でアメ車を目にしてクルマをカッコイイと思ったとしても、そのクルマをドライブするオーナーの顔までは分からなかったり、ましてやどんな人なのかはさらに分からない。性別は判明しても。

そこで今回の特集では「アメ車乗りたちの素顔」と題して、アメ車オーナーたちは普段どんなライフスタイルを送っているのか、それにどんな職種の仕事をしているのかなどを深掘りして、アメ車オーナーたちの気になる「素顔」を詳解。 付き合いでゴルフはもう古い。様々なアクティビティーがひしめ昨今、アメ車乗りたちが集い、列をなしてマリーナへ。ジェットを通じて深まる絆、そして友情に密着!

キッカケは一人のインストラクターから始まった

アメ車屋さん、カスタムビルダー、カーレスキューに中古パーツ専門店、ボディビルダーにシェルアーティスト、さらにはアメ車乗りのユーザーまで、年齢や業種の垣根を越えてジェットスキーを楽しむ集団が居ると聞いて日本最大の湖、マリンアクティビティーの宝庫である琵琶湖湖畔の近江舞子南浜ベル・プラジェヘ。

当日は京都の桂川パーキングで集合して、名神高速から湖西道路経由でアメ車10台がそれぞれジェットを牽引して連なって走ると聞いて取材陣もその様子をリポートさせていただくこととなった。道中多少の渋滞に見舞われながらも、後ろから前から圧巻のインパクトで駆け抜けるアメ車×ジェット集団に終始テンションは上がりっぱなし。

湖西道路を下りてすぐの好アクセスで人気を誇る北比良のベル・プラジェに到着するやいなや早々にジェットを湖上へ。砂浜と湖面の際まで乗り付けてジェットを降ろすワイルドなアメ車たちを横目にBBQの準備を進める仲間たち。シーズンインすると時間の許す限りジェットを楽しむとあって、その手際の良さも際立つ。

到着からわずか30分ほどで全艇が湖上に浮かび、お肉を焼くためだけに大阪からハーレーで駆けつけたMDSの羽室氏も加わって朝から宴モード全開! ちなみに様々な職種、年齢層で構成されるジェット集団「チームハルク」の船舶免許は全て水色のワゴニアに乗る高橋インストラクターの手ほどきを受けて取得。

元々ジェットスキーに興味のなかったメンバーも何度か一緒に同行している内に、自身で免許を取得して湖上を走らせたくなり、気が付くと数名で始まったジェット愛好会が大所帯になっていたとか。 業者同士の交流と聞くと少々堅苦しい印象を抱きがちではあるが、湖上ではみんなが友達。

満面の笑みで湖上をライドするジェットスキー。疲れたら浜辺へ戻ってBBQを堪能。分刻みで慌ただしいタイムスケジュールとはかけ離れたシンプルな時間の過ごし方は、日頃忙しく過ごす彼らにとって至福の時。そしてその時を共有する事で深まる友情も格別。アメ車を通じてジェットを通じて深まる絆。それは付き合いの定番と言えるゴルフをも上回る、大きな糧となることだろう。

DSC_9175

後輪が琵琶湖に浸かる際まで愛車を乗り付け、直にジェットの積み下ろしができるマリーナ。慣れた手つきでみんなが協力し合うことでスムーズに全員のジェットスキーが湖上へ。近江舞子南浜は琵琶湖屈指の水質で透明度も抜群。真水なのでサラッとしていて過ごしやすいのも魅力。

アメ車で列を連ねて湖西道路を流した後は、それぞれのジェットに乗って豪快に湖上を走らせる。道路上では味わえない湖上独特の解放感溢れるフリーダムな雰囲気。それを共有し共に楽しむことで友情が深まる。

マリンライセンスロイヤルで船舶免許のインストラクターとして活躍する高橋氏。シェルアーティストとしても活動するマリンアクティビティーの伝道師。彼のもとで免許を取った友人たちを“ チルドレン”と呼んで親しむ。

DSC_9232

20代から60代まで親子以上に年齢の離れたメンバー構成で、それぞれが様々な職種に就くチームハルク。しかしその垣根を越え、まるでクラスメイトの如く対等にマリンアクティビティーを楽しむ。夏がそうさせるのか、いや絶好のロケーションを目の前にジェットスキーとBBQそしてアメ車という共通項の最強コラボが、何歳になっても色褪せることのない、少年の夏休みさながらの感覚を覚醒させるのだろう。

DSC_9644 DSC_9630 DSC_9581DSC_9484 DSC_9342 DSC_9148DSC_9151 DSC_9093DSC_9122 DSC_9066DSC_9083DSC_9024DSC_9063DSC_9019DSC_9013DSC_9017

Photo &Text:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 11月号掲載


関連記事

RELATED


初めて「手放さない」と思ったクルマが、所有する55年型F100パンプキン

アメ車乗りたちの素顔
American Zakka Welcome
owner : Takayuki Tomita

ビンテージアメリカン3台体制!巨大ガレージでエンジョイするホビーライフ

アメ車乗りたちの素顔
'69 Dodge Charger
'73 Chevy Van
'67 Chevy Chevelle

オートキャンプで手軽な「オーバーランダースタイル」に大注目!愛車とアウトドアライフを

オートキャンプが大人気の昨今、日本だけでなくアメリカでもオーバーランダースタイルが注目の的!今回はそんな愛車に簡単に備え付けられるルーフテントのオーバーランダースタイルを紹介しよう。老舗パーツメーカー・スミッティビルトからも愛車と一緒の外遊びできる「オーバーランダー・テント」が登場!

スミッティビルト・オーバーランダーテント

オフロードトレーラーなら、本当に自由な旅が実現可能

クルマにオーニングやルーフトップテントを搭載し、自由気ままな旅を楽しむオーバーランドスタイル。オーストラリアが発祥となるが、それをよりグレードアップさせたのが、OSOのオフロードキャンパーズだ。

使えば分かるその便利さと楽しさ!OSOオフロードキャンパーズを実際に使ってみよう!

気軽に自由な旅を楽しめるオーバーランドスタイルをサポートする、OSOオフロードキャンパーズ。販売するスカイオートが実際にユーザーに使ってもらい、その便利さと楽しさを知ってもらおうと、キャンプ&BBQを開催。

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger