カスタム派からノーマル派のオーナーまで、新旧様々なエスカレードが合計33台集結

イベントレポート

アメマガ2019年12月号

清水マリンパーク

キャデラック エスカレード オンリーミーティング

CADILLAC ESCALADE ONLY MEETING

2019.09.01
第5回キャデラック・エスカレード・オンリーミーティング
静岡県清水マリンパーク


エスカレードを心底楽しむ、真夏の祭典が2019年も開催!

2019.09.01
第5回 キャデラック・エスカレード・オンリーミーティング
静岡県清水マリンパーク

ようやく暑さも和らぎはじめ、清々しくなってきた今日この頃。毎年今年の夏は暑いなぁ〜と思ってしまうが、2019年サマーの締めくくりを飾ったのが「キャデラック・エスカレード・オンリーミーティング」だ

キャデラック・エスカレード・オンリーミーティング

今回で5回目の開催となり、2019年9月1日に2018年と同様、静岡県の清水マリンパークで開催された。当日は初代モデルこそいなかったものの、第2世代から現行モデルまで、エスカレードだけで合計33台が集結。様々なイベントが各地で開催されたこともあって参加者が分散してしまい、2018年よりも少々参加台数は減少となった。とはいえ、オーナーたちの熱気は2018年以上!

午前11時からイベントはスタートしたが、それよりもずっと早くにはほぼ全車が勢揃い。開会式の後は基本的にフリータイムで、6名のキャンギャルが各車を訪問し、愛車との撮影会も開催。2018年同様、オートサロンのようにカメラ小僧(と言ってもかなり年齢層は高め!)がどこからともなく大挙して出没。良くも悪くもイベントを盛り上げていた。

_B0V9674

フルペイントやガルウイングといった、ド派手なカスタム仕様だけでなく、ノーマルのエスカレードも多数参加。エスカレードを愛する気持ちがあればOKで、褒め言葉としての「ゆるさ」がこのイベントの魅力とも言える。エスカレードが好きでたまらないという人は、ぜひ次回は参加してみよう。

フォトギャラリー


PHOTO★浅井岳男
TEXT★空野稜
アメ車マガジン 2019年 12月号掲載


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD