スタイリングを含め完成度の高い初代カマロ最終69年型

クーペ

ビンテージ

シボレー

The Golden Age 60's-70's

ファーストカマロ

カマロ

アメマガ2019年12月号

オートレイド

1969 Chevrolet Camaro

The Golden Age 60’s-70’s 黄金期のモデルたち


1969 Chevrolet Camaro

アメ車の中でもとりわけメジャーなモデルとあって、人気が高く国内でも多くの個体が存在するが、オリジナルの魅力が活かされているという点では、いそうでいない正統派!69カマロの本来の魅力を再確認させる希少な存在。

世界中で高い人気を誇るファースト・カマロ

カマロといえば、国内でもアメ車の枠を超えてお馴染みな存在。67年のデビューから02年まで5世代にわたりラインナップ。一度は終了しながらも、2010年には第5世代として往年のデザインをモチーフにして復活し、現在も6世代目としてラインナップ中。各世代ごとに魅力があるが、初代最終である69年型は、その年1年だけのデザインであることや、箱型クーペにおいて完成度が高く、充実した社外パーツを駆使すれば、現代のGTカーレベルにまでアップグレード可能であったりと、取り巻く環境も含めて魅力的な存在。


そのため、当時から日本でもファンが多く、個体数もそれなりに存在するのだが、オリジナルまたは、オリジナルの持つ魅力を確保する個体は意外なほど少ない。カマロ のハイパフォーマンスパッケージの称号であるZ28仕様は目にするが、バッジ&ストライプだけでアピールしたお粗末な状態ばかり…。全体で24万台以上のセールスを誇りながらも、Z28は2万台程度と生まれ持っての希少車なだけに、アメリカ本国とてオリジナルの現存数は多くないのだ。


よりメジャーなSSにしても、3万5000台程度しか出荷されていないため、人気車種なだけに、かなりのプレミアムが付いている。そのため、アメリカでは、実際にはスタンダードの個体をベースとし、それぞれのパッケージをトリビュートするケースが増えている。

1969 Chevrolet Camaro、1969 シボレー カマロ

この個体もそんな一台で、そもそものベース車がオリジナルを確保しており、SSパッケージならではのファクターをバランスよく取り入れている。この個体のように、エクステリア、インテリア、エンジンルームの全てがオリジナルに準じてクリーンな個体は、日本国内では極めて稀。この個体を通して、69カマロのカッコ良さを再確認した!

1969 Chevrolet Camaro、1969 シボレー カマロ

カウルインダクションフード、ホッケースティック・ストライプ、ラリーホイールのコンビネーションが、ハイパフォーマンスなSSならでは。黒の車体色がスッキリと映えるストレートボディ。ストックよりもわずかに低い車高プロポーションも絶妙。

シェビーハイパフォーマンスではお約束のラリーホイール&BFグッドリッチ・ラジアルTA(F235/60R15、R:255/60R15) の組み合わせ。リアエンドはLSDを組み込んだ12ボルト。ホチキス製のダウンサスによるプロポーションが絶妙!

1969 Chevrolet Camaro、1969 シボレー カマロ

1本スポークのスタンダードにウッド調の化粧が入るSSステアリングが新鮮。オプションの時計を追加。4連装のコンソールメーターは、電流計を電圧計に変更。内装は質素なスタンダードながらも、美しい状態で良い雰囲気がある。

0S7A0100_00001

V8エンジンは、302、327、350、396、そしてCOPO限定の427による仕様ちがいで11種がラインナップ。この個体は最もポピュラーな350ciの中でも、300hpのSS仕様。へダース&MSDモジュールの装着以外は、エンジンルーム内もストックを確保。トランスミッションは、3速ATのTH350。


Thanks ◆ Auto Raid

TEL:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/


Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2019年 12月号掲載


最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×