標準で440エンジンを搭載するGTX / 高い運動性を誇るダスター340

クーペ

ビンテージ

プリマス

GTX

ダスター

アメマガ2020年1月号

INITIAL P

オートレイド

1968 Plymouth GTX
1970 Plymouth Duster

INITIAL P PONTIAC & PLYMOUTH


1968 Plymouth GTX、1968 プリマス GTX

1968 Plymouth GTX

ハイパフォーマンスな4バレル仕様の440エンジンを搭載したベルベディアのマッスルバージョンとして67年にデビューしたGTX。68年からは、モデルチェンジを受け、ボディはロードランナーと共有するが、GTXは標準で440エンジンが搭載され、最上級バージョンとして、セパレートシート&コンソール、ガーニッシュやモールディングによる装飾も標準となる。

1968 Plymouth GTX、1968 プリマス GTX

ダッジにおけるコロネットに対するチャージャー同様に、マッシブなマッスルにしてラグジュアリーな要素も兼ね備えている。ロードランナーで標準の383が335hpに対して440は375hpと、数値的に大差ないように思えるが、体感的に440はかなり暴力的なのがポイント。ラグジュアリーな要素を持つ割に、軽量な点も、マッスルとしての大きなチャームポイントなのだ。


初代67年型が見事なほどの直線基調だったが、68年型では曲線を取り入れ、真上からのシェイプは、“ 砂時計型” といわれるほどグラマラス。440エンジンは375hpを発揮する4バレル仕様。3速ATのTF727、LSDを組み込んだファイナルレシを3.23:1の標準設定で、1/4マイルを14秒台で駆け抜ける実力。出荷台数は、17,000台程度。

1970 Plymouth Duster、1970 プリマス ダスター

1970 Plymouth Duster

Moparマッスル=ビッグブロックというイメージが強いためか、最強で340ciのダスターは、国内では影が薄い。しかし、アメリカでは、プロストックやファニーカーで採用されまくったことや、ファストバックスタイルのフォルムも人気で、ある意味最もメジャーなMoparマッスルなのだ。


バリアントがベースなだけにコンパクトで軽量なため、275hpの40ciエンジンでもかなり高い運動性を発揮。ただし、4000回転から本領を発揮するエンジンなだけに、この個体のように、4速マニュアル車こそ、その魅力を満喫できる。ATの場合はストリートでは本領を発揮しにくいため、ドラッグレース場では特にメジャーな存在である。そもそもの価格帯が低く、現存数が多いため入手しやすいモデルだったが、年々人気が再認識され、近年では立派なコレクタブルカーとなっている。

1970 Plymouth Duster、1970 プリマス ダスター

ファストバックなフォルムが長いリアオーバーハングによって強調された、いかにもMoparらしいスタイリング。斜め後方からの姿が最もそれらしい。キュートなダスターのマスコットがガーニッシュに入る。

1970 Plymouth Duster、1970 プリマス ダスター

4bbl仕様の340ciは、275hpと、数値的にはインパクトに欠けるが、レスポンスがとても良く、マニュアルミッションの組み合わせは実に楽しい。同じ車格の他社モデルの中では、セールス面では劣るが、実際の運動性能では最も高いのがポイント。


Special Thanks ◆ Auto Raid

tel:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/


Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2020年 1月号掲載

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。