巨大なGTウイングなどを装着し、レーシングカー的なオーラを纏うカマロRS

クーペ

シボレー

EXTREME AMERICAN

ASJ

サヴィーニ

XCESS MOTORS

KRZ

カマロRS

SAVINI

トゥルースパイク・ラグナット

MADMAX

ローダウン

ギブソンマフラー

カマロ

アメマガ2020年2月号

CHEVROLET CAMARO RS

EXTREME AMERICAN


CHEVROLET CAMARO RS

年代を問わず、様々な世代のアメ車を取り扱う福岡のASJ。今回紹介する2010年型カマロは、元々車高調でロワリングを実現していたが、よりスタイルを追求し、日常の乗り心地や安心感を考慮してエアサスに変更。カスタムに終わりはないと言う言葉のとおり、常に進化を続ける。

色を赤と黒に絞ることで全体の統一感を引き出す!

アメ車に限らず、赤と黒のコンビネーションが生み出すカッコよさはまさに万国共通。とくにスポーティなクルマの場合、そのキャラクターがより一層引き立てられる。

 

紹介するASJのカマロは、エアサスによる車高の低さに加え、巨大なGTウイングの装着で、スポーティテイストを通り越し、レーシーな雰囲気を生み出している。 フロントリップはXCESS MOTORSのSSルックをチョイス。

 

KRZのエアサスを装着しているが、より低さを際立たせるためにサイドスカートも追加。リアセクションを見てみると、ウインドールーバーやトランクの上には巨大なMADMAX製のカーボンGTウイングを追加。もちろんマフラーもギブソンに交換されており、ツーリングカー的なスタイルからレーシングマシン的なシルエットに変貌していると言えるだろう。

 

さらにボディのトップ部分には、3Mのクルマ用に開発したラッピングフィルムの1080を施工。とくにリア部分は非常に効果的で、ボディラインを際立たせてくれる。

CHEVROLET CAMARO RS CHEVROLET CAMARO RS CHEVROLET CAMARO RS

ホイールはサヴィーニの22インチをセット。フロントタイヤは245で、リアは295を組み合わせており、ラグナットはトルゥースパイクをセット。拳銃のリボルバーを彷彿とさせる独特なデザインは、今まで見落とされがちだった部分のカスタムを可能としてくれる。 ちなみにエアサスタンクやウーファーをトランク部分に設置しており、積載性は皆無に等しいレベル。だが、オーナーさんとしては家族で出かけるためでなく、自分が楽しむためのクルマなので、非常に満足しているそうだ。

CHEVROLET CAMARO RS CHEVROLET CAMARO RS CHEVROLET CAMARO RS

フロントにはSSルックのリップを装着。サイドスカートも追加し、ドアサイドやリアフェンダーのトップなどにもラッピングを施工し、ボディ形状を強調する。リアコンビはスモークにペイントすることで、イメージを一新し雰囲気を統一。ちなみにノーマルのトランクスポイラーもそのまま残している。

Willpakのウインドールーバーはマットブラックにペイント カーボン製のGTウイングは、MADMAXのパーツ

Willpakのウインドールーバーはマットブラックにペイント。一部にボディ同色の差し色を施すことで、まったく印象が異なってくる。巨大なカーボン製のGTウイングは、MADMAXのパーツ。アメ車の王道的なカスタムスタイルではないかもしれないが、独特な個性を見事に生み出している。

エンジンはV6・3.6Lを搭載。エンジン本体はノーマルのままで、マフラーのみギブソンに変更し、サウンドとライトチューンを楽しむ。いずれ、ここにも手を加えることになるのだろう。

サヴィーニのBLACK di FORZAで22インチ ラグナットはtrue-spike

ホイールはサヴィーニのBLACK di FORZAで22インチをセット。タイヤはHaidaで、F:245/30R22、R:295/25R22と超偏平タイヤを組み合わせており、エアサスを下げた時の存在感は圧倒的。リボルバーを想起させるラグナットはtrue-spikeのものだ。

足回りはKRZのKZストラットにEZユニット2を組み合わせる。エアサスでありながら、車高調的な機能も備えており、ユーザーの理想どおりのスタイルが実現できる。インパネにはエアタンクのゲージを追加し、トランク内のエアタンクは、ボディに合わせキャンディレッドにペイント。その奥にはウーファーが設置されており、トランクの機能はほぼ皆無だ。


THANKS:ASJ

TEL:092-410-3668
HP:http://auto-service-jun.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2020年 2月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429