関東のマスタングカスタムの雄、ダイバンがまたしても傑作を生み出した!

クーペ

フォード

ガレージダイバン

マスタング

MUSTANG INNOVATION

LIMGENE

東京都

アメマガ2020年2月号

2015 FORD MUSTANG

伝統と進化に挑む MASTANG INNOVATION


2015 FORD MUSTANG

刺激的なフェイス&カラーに釘付け、グリーンモンスターマスタング

攻撃的なフェイスに絶妙な色分けがされたグリーンが映える、一度見たら誰もが釘付けになるマスタング 。事故をキッカケに「日本で誰も居ないカスタム」を決断したオーナー篠塚さんが、飛び込んだのがガレージダイバン だった。

色使いによって様々な印象を与える、注目のLIMGENEフロントバンパーキット

SNSにアップされていた写真を見て、まさに一目惚れしたマスタング。破壊力バツグンのフェイスとグリーンのコントラストが絶妙にマッチし、マスタングの新しいスタイルを紹介するには最適な候補。撮影のコンタクトを取るべく準備をしていたが、答えは簡単だった。マスタングカスタムでは関東のトップリーダーともいえる、東京に本店を構えるガレージダイバン製作のモデルである。

 

オーナーである篠塚さんは、以前はエレノア仕様のマスタングに乗り、3年前に現在の15年型に乗り換え。カスタムのキッカケは、オカマを掘られ「どうせ修理するなら、日本では誰も居ない派手なカスタムをしちゃおう」だった。その要望に答えダイバンが提案したのが、大胆なグリル形状を持つLIMGENEフロントバンパーキット。海外の装着車を見せられた篠塚さんは、そのインパクトに大興奮したと当時を振り返る。

2015 FORD MUSTANG、2015 フォードマスタング

海外の装着車の多くはこのバンパーキットを使い、カラーの塗り分けで個性を演出していたことで、カラーも注入。カラーのチョイス、塗り分けポイントなど、正解こそないがセンスが問われる部分ではあるが、そこはさすがのダイバン、グリーンを使って絶妙に色分けを行なった。加えて、リップ、サイドスカート、サイドスクープ、ミラー、リアディフューザー、トランクスポイラーをリアルカーボンを取り入れ、ダイバン曰く「近未来感」を演出。

 

事故の悲しい過去は昔の話。今は、誰もが注目するグリーンモンスターマスタングで謳歌する。

2015 FORD MUSTANG、2015フォードマスタング

注目はなんと言ってもLIMGENEフロントバンパーキット(グリル一体型)。マスタングのフェイスをここまで大胆に変更できるキットは中々ないだろう。さらにグリーンを使いパーツの色分けも行なったことで攻撃力は増幅。フロントリップスポイラーは、同キットのオプションであるカーボンタイプを装着。

2015 FORD MUSTANG、2015 フォードマスタング66716010496

フロントリップスポイラーのカーボンに合わせ、サイドスカート、リアディフューザー、サイドスクープ、ミラー、トランクスポイラーもリアルカーボンタイプに変更する男気を見せた篠塚さん。驚くほどの高額だ! マフラーはコルサ・エクストリームキャタバックキットを装着する。

ホイールはBSMAの20インチを装着。

OWNER: 篠塚拓也さん


Thanks:ガレージダイバン【GARAGE DAIBAN】

TEL:03-5607-3344
HP:http://www.daiban.com/

GDファクトリー

TEL:043-215-3344


Photo: 古閑 章郎
アメ車マガジン 2020年 2月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429