美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

AMERICAN VINTAGE

マスタング

アメマガ2023年4月号

ガレージダイバン

東京都

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

AMERICAN VINTAGE


当時のガンメタリックでオールペンし仕上げる

'69 FORD MUSTANG

60年代に初代が登場し、途切れることなく今なお現行モデルが発売されているモデルは、数あるアメ車の中でもシボレー・カマロとフォード・マスタングに限られる。

 

現在ガレージダイバンで販売されているのは、69年型マスタング・ハードトップ。64年に初代が登場し、69年型は初代後期とも言われることもあるが、外観上の違いに加え、ハイパフォーマンス化へシフトした大きな転換期となったこともあり、69年型はマスタングの第二世代と区切られる。

初代と69年型の大きな違いはボディの大型化だ。全長で約4インチ(101mm)長くなり、様々なグレードを加えエンジンパフォーマンスも向上。それに合わせて車両価格も一気に上昇している。小型の大衆車から、まさにパフォーマンスモデルへと進化したのだ。細かい部分では、ボディサイドの厚いプレスラインが消えているのが特徴的。なお、同じ第二世代の69年型と70年型でもフロントマスクのデザインは違い、69年型ではフロントグリル内にフォグランプを装着しているが、70年型はヘッドライトがフロントグリル内に移動され、ヘッドライトがあった場所にエアダクトが配置されている。

69~73年の第二世代には、更に巨大化したビッグマスタングと呼ばれる71年型からのモデルも含まれるが、排ガス規制の影響もあって、クラシックマスタングではやや影の薄い存在だ。

そうした生い立ちもあり、第二世代では69または70に人気が集中するが、圧倒的に人気は69だ。もっといえは、スポーツルーフ(ファストバック)の人気が高いのだが、今回のモデルはハードトップ。まだ見ぬ69のスポーツルーフを求めて気長に待つか、それとも目の前にある69ハードトップを選ぶかは人それぞれだろうが、当時のボディカラーでオールペンされリフレッシュされたボディ、フロントディスク化、内装ルーフも張り替え済みという極上の個体と出会うことも千載一遇。

 

前オーナーが大切にメンテナンスを行なっていたことで、機関系の問題も感じられない。現状、幾つかの問い合わせがあるようで、じっくり悩む前に一度問い合わせするのが最善だろう。とにかく、この美しい69ボディを生で見て欲しい。

1969年に第二世代へと移行し、初代からボディは大型化。69年型からはボディサイドの厚いプレスラインが消滅。クラシックマスタングではファストバック(スポーツルーフ)の人気が高いが、ハードトップならではのボディラインも十分見応えがある。今回のモデルは当時のボディカラーによるオールペンが施され、ボディの美しさは秀逸。

搭載するエンジンはオリジナルのV8・302(5.0ℓ)を搭載。点火系はMSDで強化されるなど、前オーナーがしっかりメンテナンスを行なっていたことで状態は問題なし。ホイールも純正17インチを装着し、フロントはディスク化されている。

ブラックレザーシートは大きな傷もなく、購入後に修復する部分はないだろう。ルーフも張り替えられており、内装の状態はとにかく高いコンディションだ。ETC、社外オーディオデッキが装着済み。


THANKS:GARAGE DAIBAN
TEL:03-5607-3344


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年4月号掲載

関連記事

RELATED


ビンテージの醍醐味の一つは、コツコツ仕上げていく過程も楽しむこと。

長い歴史を誇り、アメ車ビンテージの中でもポピュラーな存在と言っていいフォード・マスタング。フルレストアされたモデルも多く存在するが、ビンテージの醍醐味の一つは、自分でコツコツ仕上げていく過程も楽しむこと。紹介する66年型マスタングは、そんな楽しみが残された一台だ。

マスタング専門店とも言えるほど、多くのマスタングを販売するガレージダイバン

マスタング専門店とも言えるほど、多くのマスタングを販売するガレージダイバン。様々な世代やグレードを販売していくなかで、積極的に導入しているのがMT仕様。その理由はただひとつ。マスタングで走りを楽しむオーナーが増えているからだ。

プロツーリングほど手を加えず “ちょうど良い塩梅”で乗るべき名車【エルカミーノ】

最新のエンジンや足回り、ブレーキシステムでパリッと仕上がったビンテージマッスルはもちろんカッコいい。でもエルカミーノのキャラクターにはカジュアルに乗りやすく、適度にパフォーマンスを向上させて乗るくらいがちょうど良いのではと思う。そんなコンセプトで着々と製作しているF.A.S.Tの69エルカミーノをPick up!

歴代マスタングの中で最もポピュラーなのは、「マッハ1」デビューイヤーとなった69年型

1969y FORD MUSTANG MACH Ⅰ
マリンコーポレーション

誰とも被らない個性派、その選択が旧車道楽の醍醐味【ポンティアックグランプリ】

92年型のファイヤーバード・トランザムを8年愛用した後に、ポンティアック信者の集大成として3年前に購入した69年型のグランプリ。丸目4灯は68、69のわずか2年間のみ採用された激レアフェイスであり、入手困難と言われる珍しい個体だ。日本に数台いるかいないかの希少車でありながらも、通勤からイベント参戦までデイリーユースに徹する強者に迫る!

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger