世界水準のスーパースポーツでありながら、居住性や乗り心地をも両立したC5コルベット

クーペ

シボレー

パシフィックコーストハイウェイ

THE 90's STRIKES BACK

C5コルベット

コルベット

アメマガ2020年4月号

埼玉県

1999 Chevrolet Corvette Coupe

THE 90's STRIKES BACK ナインティーズの逆襲


1999 Chevrolet Corvette Coupe

一体成型シャシーによる高剛性化、トランスアクスルの採用によって、ほぼ50:50という理想的重量配分を確保。スーパースポーツとしての世界水準を満たしながらも、GTカーとして居住性や乗り心地を両立するフレンドリーさも魅力のC5コルベット。リトラクタブルヘッドライトが採用された最期の市販モデルというのも大きなポイントだ!

歴代コルベットの中でも高性能を誇るフィフスジェネレーション

直線基調のC4コルベットに対して、曲線的でグラマラスなフォルムとなり、よりコルベットらしいイメージとなったC5コルベット。それでいて空気抵抗値が格段に向上。高剛性の一体成型シャシーを導入し、ショートホイールベース化、ワイドトレッド化、トランスアクスル採用による理想的な重量配分を確保。アクティブハンドリング、電動パワーステアリングも装備し、旋回性能、操作性、安定性が高次元で構築。世界水準の総合的運動性能を誇るスーパースポーツとして仕上がっている。

 

デビュー以来の革新的な再設計が成され、最高速度では時速176マイル(283km/h)に到達。エンジンも新設計のアルミ製LS1(ジェネレーションⅢ ) を搭載。各シリンダーに個別のコイルを持つ点火システムによってパワーアップと燃費向上を両立する。制度と強度も向上しているため、パワーアダーなどによってモディファイしても、1000hpレンジで対応可能。スーパースポーツとして世界水準をクリアしながらも、同等のヨーロッパ製スポーツなどよりもローバジェットなうえ、歴代コルベットの中でも、居住性や扱いやすさでも最も優れている。

 

C4コルベットではドアに沿ったサイドシルの張り出しがあるため、乗り降りに気を使ったが、ニューシャシーによるC5コルベットではほぼ気にならない。この個体は、現在においてC5の魅力を味わうべく、バラスの良いアップグレードが施されている。C6コルベットのサスペンションの導入や、ワイドリムの装着に伴って、ワイドフレアーのボディキットを導入。それでいてさりげないフィニッシュには、モダンアメリカンに明るいショップ、PCH代表であるオーナーなならではの高いセンスとスキルを感じる。

1999 Chevrolet Corvette Coupe

この個体はワイドリムの装着に合わせて、社外のワイドボディキットを投入。フレーアー部分はストック以上に張り出すも、自然な仕上がりなのが◎。テールから僅かに張り出すリップスポイラーがC5コルベットのスタイリング美しさを強調している。

IMG_0712IMG_0722 IMG_7472

シートはポテンシャルの向上に見合うよりホールド性の高いデザイン。全体のレイアウトではパッセンジャーにフレンドリーとなっている。ラゲッジスペースも十分なボリューム。サイドシルの張り出しがなくなったことで、乗り降りがかなりスムーズになった。

IMG_0734

エンジンはC5コルベットで導入されたアルムブロック&ピストンのLS1。エンジン自他はストックを保持し、エアインテークをキャラウェイ製でアップグレード。トランスミッションは4L60E(4速AT)。エギゾーストはコルサパフォーマンス製でアレンジ。

IMG_0700 IMG_7460

ホイールは、性能、品質ありきでスーパースポーツ系での需要が多いFIKSE社の鍛造品。タイヤはDUNROP SP Sport(フロント:275/35R18、リヤ:305/30ZR19)をチョイス。サスペンションはC6コルベットのZ06用でアップグレード済み。


Special Thanks ◆ PACIFIC COAST HWY

Tel:048-422-4399
URL:www.pacific-coast.jp/
Photo & Text ◆ Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2020年 4月号掲載

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。