軽量化を伴ったカスタムを 施すエルフォード・JLラングラー

SUV

ジープ

JLラングラー

エルフォード

やっぱり乗るなら 4WD・SUVでしょ!?

アメマガ2020年4月号

ラングラー

ブラッドストック ワンピースSL

ELFORD-OFFROAD
2019 Jeep WRANGLER JL

やっぱい乗るなら4WD・SUVでしょ!?


ELFORD OFFROAD 2019 Jeep WRANGLER JL

ワイルドさとともにスタイリッシュにハイセンスにラングラーをブラッシュアップ!

エルフォードのオリジナルホイールであるブラッドストック。そのファーストモデルの誕生から22年の時を経て耐久性と軽量化を両立・実現した「ブラッドストックワンピースSL」が登場。その注目の新ホイールを筆頭に、様々なスタイリッシュパーツを身にまとったJLラングラーに注目したい!


日本の高い技術力と優れたデザインセンスを投入し、オリジナルブランドであるエルフォードを中心に、SUV用のカスタマイズパーツを数多くリリースしている明和。2020年のオートサロンに展示したのは、エルフォードが培ってきた伝統に新たな革新を加えた、最新型のジープ・ラングラー(JL型)のデモカーであった。

2019 Jeep WRANGLER ELFORD-OFFROAD 

「ELFORD Light Weight SUV Style」という新たなカスタムコンセプトを取り入れ、ヘビーデューティなSUVカスタムに陥りがちな重くなるというネガティブ要素を払拭していることが特長。軽量化を伴ったカスタムメイクを施すことにより、スタイリッシュなエクステリアを手にすると同時に、走行性能や燃費の向上、さらには快適性の向上も期待できるのだ。「軽量化」というと軽い反面、堅牢性に疑問を抱きがちだが、SUVパーツメーカーとして培ってきた技術とノハウを投入し、タフという魅力を失うことなく、ライトウェイトを実現している。ジープ・ラングラー(JL型)では、具体的な数値も示されており、20インチのブラッドストック1P×3インチのトーヨーオープンカントリーというタイヤを履きながらも、ノーマルから70kg以上の軽量化に成功。


スタイリッシュなだけでなく、軽さから来る様々な好影響を期待できるカスタムが、エルフォードの新しい提案なのである。

2019 Jeep WRANGLER ELFORD-OFFROAD 

「ELFORD Light Weight SUV Style」へとカスタムされた、30mmの車高アップを施した新型ジープ・ラングラー(JL型)。フロントセクションでは、USルビコン仕様を彷彿させるフロントバンパーカウルとエアロボンネットが特長。サイドは片側25mmワイドとなるオーバーフェンダーを装着し、20インチ×7.5Jの「ブラッドストック1Pスーパーライト」ホイールに、トーヨーのオープンカントリーを履かせて収めている。リアセクションは、背面のスペアタイヤは外されスムージングパネルを装着ハイマウントストップランプをリアガラスに装着するという拘りも見せ、4本出しのウルトラマフラーもインストール。

エクストリームフロントバンパーカウル

USルビコン仕様よりも、さらにワイルドかつスタイリッシュな印象を与えるエクストリームフロントバンパーカウル。

FRP製のオーバーフェンダー

片側で25mmワイドとなるFRP製のオーバーフェンダー。灯火類の法に合致しているため、ヘッドライトを移設する必要はない。

3M7A1168-1

3.6ℓのV6エンジン用のウルトラパフォーマンスマフラー(4本出し・デュアルタイプ・タイプX)。保安基準適合品だ。

3M7A1163

スペアタイヤを外したテールゲートに装着するリアスムージンパネル。ハイマウントストップランプはリアガラスの内側へ移設することになる。

3M7A1146-1_1

6ホールのリボルバーデザインとして人気のBLOODSTOCK 1PIECE SUPER LIGHTアルミ(20int×7.5J)。

30mmのハブセントリックホイールスペーサー

よりワイドなエクステリアを演出するため、30mmのハブセントリックホイールスペーサーを装着している。

3M7A1173-1

30mmの車高アップを可能にしつつ、優れた走行安定性を提供する、オリジナルコイルスプリング。

3M7A1192-1

優れた操作性とメタルによる個性的なデザインが特長のビレットシフターセット(ガングリップタイプ)。

3M7A1197-1

スタイリッシュなデザインのリアルイタリアンレザーでスマートキーを保護する、本革スマートキーケース。


カスタムコンセプトを実現するための超軽量20インチホイールが登場!

ブラッドストック・ワンピースSL

今回新たに20インチのブラッドストック・ワンピースSLをリリース。SLとはスーパーライトの略語。4WDに要求される高い耐久性はそのままに、軽さという性能を実現するために、新たにフローフォーミング技術を採用。鍛造ホイールに迫る強度や軽さを実現しつつ、鋳造ホイール同様のデザイン性や価格を実現している。


さらに、ブラッドストック・ワンピースSLには、他のホイールにはない独特のシステムを採用。アンチリークシステムとインナーロックシステムと呼ばれるもので、タイヤと接するリム部分に突起を設け、エアー漏れやタイヤがホイールから脱落するビード落ちを防止。イメージとしてはOリングが入っているようなもので、オフロード走行時にエアーを落として走る機会が多いが、そういった場面で真価を発揮すると言えるだろう。


ちなみに20インチでありながら、国産鍛造ホイールと同等の11.5kgを実現。新世代のヨンクに乗るのなら、新世代のアイテムでカスタムも行ないたいものだ。


SPECIFICATIONS
ラングラーJL/ELFORD-OFFROAD SPEC.

●タイヤ&ホイール
OPEN COUNTRY M/T(30×12.50R20LT)
BloodStock One Piece SL(20×7.5J+45)
ELFORD ハブセントリックホイールスペーサー
●サスペンション
ELFORD 30㎜アップコイルスプリング
●エクステリア
ELFORD エクストリーム フロントバンパーカウル
ELFORD オーバーフェンダー F:25mm/ R:25mm
ELFORD エクストリーム ボンネット
ELFORD リアスムジーングパネル
●インテリア
ELFORD ビレットシフターセット
ELFORD スマートキーケース
●スープアップ
ELFORD ウルトラパフォーマンスマフラーtypeX
K&N エアクリーナー
ほか
※詳細はエルフォードのWEBなどをご確認下さい。


ELFORD【エルフォード】

TEL:048-966-3551
URL:http://www.meiwa-net.com


写真:清野 央
文:マーク清原
アメ車マガジン 2020年 4月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×