【グランドチェロキートラックホーク】モアパワーを求め、北海道から埼玉へ車両持込み

SUV

ジープ

HPP

埼玉県

Velgen

グランドチェロキー

アイバッハ

グランドチェロキー トラックホーク

アメマガ2020年6月号

アメ車で傾け

ミシュラン

2018 JEEP GRAND CHEROKEE TRACKHAWK

アメ車で傾け -kabuke-


2018 JEEP GRAND CHEROKEE TRACKHAWK

アメ車の能力を見くびるな900hpオーバー開眼!

最強スペックを誇るSUVは、ランボルギーニ・ウルスでもレンジローバーでもなく、707hpを誇るジープ・グランドチェロキー・トラックホークだ。そんなハイスペックモデルを所有しても満足できず、北海道から遠く離れた埼玉県まで車両を持ち込み、チューニングを実施したオーナーがいる。900hpオーバーチャレンジがスタートする!

北海道ではアメ車の評価が低い!?

チャレンジャー・ヘルキャットを皮切りに、アメ車のハイスペック化が進む中、欧州車や日本車を含むSUVカテゴリーでトップのスペックを誇るのが、2018年から登場した、チャレンジャー・ヘルキャットと同型エンジンを搭載する、スーパチャージャー付き6.2L V8エンジンの、ジープ・グランドチェロキー・トラックホークだ。ノーマルスペックで、最高出力が707hp、最大トルクが89.25kg-m(4800rpm)となり、0-100mは約2.5トンの巨体ながら3.5秒という驚異的な数値を誇る。登場が話題となったランボルギーニ・ウルスでも650hpだけに、いかにトラックホークが桁違いのスペックを誇っているか分かるだろう。

2018 JEEP GRAND CHEROKEE TRACKHAWK 104

しかしそんな「化け物」を所有していても、「物足りない」と感じるオーナーが北海道にいた。彼曰く「北海道では他の輸入車に比べ、アメ車の評価が低い。それが悔しくて、アメ車の凄さを見せてやろうと、チューニングを決意したんです」。 だが、希望する数値まで引き上げるチューニングを行なうショップが北海道では見つからず、方々探していたところ、関東、関西圏に在住する友人から「埼玉のHPPが一番だ」と情報を得る。


そんな折、アメマガで見たのが、同じトラックホークで900hpとなったグラチェロや、チャレンジャー・ヘルキャット、デーモンなど、数々のハイスペックなチューニングを行なっている埼玉県のHPPだった。「やはりここだ!」。北海道のアメ車のイメージを覆すため、トラックホークは津軽海峡を渡り、埼玉県へ持ち込まれた。

パーツ交換だけじゃないPCM現車セッティング

2018 JEEP GRAND CHEROKEE TRACKHAWK

HPPへトラックホークを持ち込んだオーナーの当初の要望は「800hpオーバー」。しかしHPPとチューニングメニューの打ち合わせを重ねると、車両にダメージを与えることなく、それ以上に引き上げることが可能だということ、何より、HPPが過去にトラックホークで900hpオーバーに引き上げた話を聞いていると、対抗心が湧かないワケがない。数値目標は大幅に引き上げられ、負けじと900hpオーバーを目指すことになった。

2018 JEEP GRAND CHEROKEE TRACKHAWK

HPPが以前のトラックホークで採用したのと同じく、メインメニューとなるのが、スーパーチャージャープーリー径を小さくしブーストアップさせること。しかも今回は改良されたタイプで、プーリー径はさらに小さくなり、ハイブースト仕様となっている。それに付随してテンショナーやアイドラーも変更され、ATIスーパーダンパー、ハイフローインジェクター、ブリスクUSAのレーシングプラグ、ロイヤルパープルのエンジンオイル等、全オイルをパフォーマンス仕様に変更するなど、メニューは多岐にわたる。


パーツ交換だけは誰でもできるメニューだが、PCMセッティングも行なわれ、ディアブロスポーツ・アンロックPCM+i3プラチナムセットを使用し、最終的にPCM現車セッティングが施された。実測数値はまだ未計測だが、過去のメニューから900hpは見込まれる。

53 86

外装はオーナーが車両持込み前に変更したもの。フロントスポイラー ・ワイパーカウル・サイドスカート・テールゲートパネル・リアゲートキャップはSarona design。リアゲートアンダーウイングスポイラーはRenegade design。

577 585 599593

GMS・サーモスタットハウジング&ローテンプサーモスタット、JLT・コールドエアインテークキット、JLT・キャッチカン、Metco・バルブカバーブリーザーなどは、オーナーが実施済み。


HPPが取り入れたチューニングメニューが、プーリー径を小さくすることでブーストアップさせるスーパーチャージャープーリー交換、スーパーチャージャーテンショナー&アイドラーをセラミックベアリング採用のレーシングビレットテンショナー&アイドラーへ交換、スーパーチャージャーアイドラー追加、BRISK USAレーシングプラグ、ATIスーパーダンパー、ハイフローインジェクター交換、ロイヤルパープルエンジンオイル等、全オイルパフォーマンスモデルに交換、PCM交換(Diablosport アンロックPCM)、PCM書き換え(Diablosport i3 プラチナム)、PCM現車セッティングとなる。


もちろん上述した以外にも細かなセッティングや交換がされている。ただパーツを交換しただけでは最大限の能力は発揮できず、車両故障にも繋がるため、PCMセッティングは絶対に必要なメニューだ。これこそが、HPPが選ばれる理由でもある。

ホイールはVelgen Wheels・VMB5 22インチ。タイヤはミシュラン・パイロットスーパースポーツ

ホイールはVelgen Wheels・VMB5 22インチ。タイヤはミシュラン・パイロットスーパースポーツ305/35ZR22。サスペンションはEibach・SPECIAL EDITION PRO-KIT Performance Springsなどで強化され、ブレーキラインやデファレンシャルブレース、リンクにアーム類、ブッシングまでも強化されている。


Special Thanks:HPP High Performance with Precision<>

TEL:048-577-7341
URL:https://www.hpp-jpn.com
Photo:古閑章郎
Text:相馬一丈
アメ車マガジン 2020年 6月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×