アメリカ西海岸の70'sバニングを彷彿させるダッジトレーズマン

バン

ダッジ

トレーズマン200

素晴らしきバン生活

バニング

DIY

ダッジバン

アメマガ2020年8月号

1978 DODGE TRADESMAN200

Wonderful VAN Life -素晴らしきバン生活-


1978 DODGE TRADESMAN200
OWNER : SYUJI

アメリカ西海岸の70'sバニングを彷彿させるスタイルに迫る!

太いリアタイヤにケツの上がった攻めの姿勢がクールな78年型ダッジバン。当時らしいスタイリングにこだわりつつもDIYで内装をウッド張りにするなど、オリジナルとは異なる仕立で、古き良き時代のバニングスタイルを継承!

70年代ならではの個性的なフェイスに魅せられて...

丸目の愛くるしいフェイスに角格子の3段グリル、個性的なウィンカーレイアウトにアイアンバンパー。フェイスひとつ見ても現在のアメ車とは一線を画す個性的なキャラクターと言える78年型ダッジ・トレーズマン。一見すると後継モデルのラムバンとは別物の様ではあるが、リアゲートの構造やパネルラインなど、DNAはしっかりと後継モデルへと継承されている点も実に味わい深い。


オーナーの秀志さんがこのトレーズマンを手に入れたのは今から5年ほど前。それまではクルマに特別な想い入れもなく、日本車ばかりを数台乗り継いできたが、ラムトラックを偶然街で見かけた時に日本車とは桁違いのデカさに衝撃を受けた。そこからダッジをキーワードに物件情報サイトなどを駆使し、ネットでいろいろ検索して辿り着いたのがディーズクルーのホームページだ。その本国さながらの雰囲気を醸し出すフルサイズバンスタイルは、秀志さんのイメージを大幅に上回るインパクトで一瞬にして恋に落ちたと言う。まさに一目惚れ状態で、居ても立ってもいられず大阪から横浜まですぐさま足を運んだ。

1978 DODGE TRADESMAN2001978 DODGE TRADESMAN200

そこで出会った現在の愛車。決め手は70年代ならではの丸目フェイスに、4メートル半ほどのショートボディ。デカいけど長くない個性的なフォルムをさらに強調するかのごとくケツ上げ&ディープリムの極太タイヤを履きこなすスタイル、大阪の市街地でも駐車枠からはみ出すことなく、それでいて全幅は2mを超える理想的なサイズ感は特筆物。ほぼ即決で購入に至ったのは言うまでもない。


買ってすぐに着手したのがインテリアカスタムだ。本国のバニング文化をネットでいろいろと調べつつ、ホームセンターで味のあるウッドを探し当てて、オイルステインを塗って年式相応の風合いを出しながらフルDIY。ドアやルーフまでフルウッドにすることで車内はまるでログハウスの様な雰囲気に。備え付けのリアシートはフルリクライニング可能で、倒してくつろげばもはや部屋の域。


40年以上前のモデルであるため暖気運転などキャブ車特有の心遣いは欠かせないが、日本車のミニバンでは得ることのできない操る喜びや乗りこなす感動、そしてエンジンの鼓動をダイレクトに感じとれるサイド出しマフラーの響き。この上ない贅沢とはまさにこの事を言うのではないだろうか。

1978 DODGE TRADESMAN2001978 DODGE TRADESMAN200DSC_9801DSC_9817

80年代以降は角目が主流となり、丸目フェイスは70年代の特権。存在感のハンパないフォルムにワンオフサイド出しマフラーの攻撃的なフォルムながら、愛嬌ある顔とオレンジのボディカラーが絶妙に中和させてくれる。ホイールはクレーガーで、リアのタイヤサイズは285/70R15の極太タイヤ。ディープリムにケツ上げは相性抜群。

1978 DODGE TRADESMAN2001978 DODGE TRADESMAN200

エンジンレイアウトの関係で運転席と助手席の間に大きなスペースを有するダッジバンのコックピット。それでも狭いどころか広々と感じさせてくれるサイズ感もまた魅力のひとつ。ウッドステアリングもウッディーなインテリアにマッチ!

DSC_9846DSC_9864DSC_9837DSC_9849DSC_9855DSC_9834

リアフェンダー部分を絶妙にかわして室内幅いっぱいまで広く使えるベンチシートは、フルリクライニング時に大人が横になって寝るのに十分なサイズを確保する。フロントシートとの距離が広く、小窓とリアゲート以外はウッドに囲まれているので車中泊も快適。勢いよく開き過ぎる観音ドアは、対策として自作のストッパーをチェーンを製作して備え付けるなど、細部までアイデアの詰まったDIYインテリアは特筆物だ。


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 8月号掲載

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】