シェルビーF150スーパースネークが1/18ビッグスケールで堂々リリース!!

ホビー・雑貨

アメカル

アメホビ

アメマガ2020年10月号

ミニカー

ダイキャスト

イジリーズ・ルーム

ミニチュア

IJIRY'S ROOM:Recommend 1/18 scale Model


このデカい顔、存在感がたまらん!

ここ最近、ミニカー界は空前のトラックブームとなっている。今回はGTスピリットからリリースされたばかりの1/18スケールのF150スーパースネークのレジンモデルを紹介するぞ。この迫力たまりません!ジオラマにして楽しんでしまおう!!

世界最速トラックがレジンモデルとしてリリースされた!

ここ最近のミニカー界は、空前のトラックブームなのである。以前アメ車マガジンでも紹介したことがあるが、2019年からGTスピリットからF150ラプター、グリーンライトからはF250モンスタートラック、ACMEからはF350ランプトラック(積載車)などがたて続けにトラックの1/18ビッグスケールでリリースされてきた。そして2020年4月にはGTスピリットから「2017年型F150スパースネーク」が発売されたので紹介したい。

 

シェルビーF150スーパースネークとは、フォード・マスタングのハイパフォーマンスモデルのマスタング スーパースネークからインスパイアされ、ピックアップトラックであるフォードF150をベースにシェルビーアメリカンが世界限定150台生産したスーパートラック(なんと750hp!)だ。そんなマニアックなモデルをGTスピリット社は商品化してくれるのだから、ありがたい会社ですわ、ホントに。

 

アメ車のミニカー、とくに1/18スケールの「ビッグスケール」では、これまではダイキャスト製モデルが主流だったのだが、最近はレジン(プラスチック樹脂)製のモデルがメインストリームとなってきている。ダイキャストモデルは金属ならではの重厚感や重量感を再現でき開閉ギミックも可能。それに対しレジンモデルはダイキャストよりも安価に、そしてハイディテールで作ることができる点。

 

とは言え、今回のスーパースネークは平均で2万円オーバーなので安くはないのだが、同じものをダイキャストで再現するとなると、3万円はオーバーしてしまうのでヨシとしましょうか。で、今回のスーパースネークはデカいし、重いし、すげぇカッコイイのでお小遣いを貯めて買ってしまいましょう!

A08I0139

確実にトラックブームが来ている1/18ミニカー界。左からACME:F350ランプトラック、新発売のGTスピリット:F150スーパースネーク、GTスピリット:F150ラプター、グリーンライト:F250モンスタートラック「ビッグフット」。今後もトラックモデルに注目だ!

1/18 GT SPIRIT 2017 SHELBY F-150 SUPER SNAKE

GT SPIRIT:www.GTS-MODELS.COM A08I0089 A08I0100 A08I0107A08I0089

レジンキャストで再現された存在感バツグンの1/18スケールのシェルビーF150スーパースネーク。レジン製なので開閉ギミックなどはないが、レジンでしか再現できない実車さながらのディテールを1/18スケールに落とし込んでいる。こちらのブルー+ホワイトストライプの他に、メタリックグレーもラインナップ。プライスは2万円オーバーを覚悟しておこう。

1/18 GT SPIRIT 2020 FORD SHELBY GT500

GT SPIRIT:www.GTS-MODELS.COM A08I0037 A08I0047

F150スーパースネークと同じく、GTスピリットがリリースした2020年型フォード・シェルビーGT500。スーパースネークと同じカラーリングなので、トレーラーに載せて引っ張るシーンを再現したくなるよね。レジンモデルならではのハイディテールがスバラシイ。

1/18 ACME TRAILER

ACME:www.acmediecast.com

A08I0012 A08I0016

以前はGMPブランドからリリースされていたダイキャスト製「トレーラー」だが、現在はACMEブランドから再販されている。カラーや仕様も数バリエーションあるのでチェックしてみてほしい。プライスもリーズナブルだぞ。


※今回紹介しているミニカーには並行輸入品となります。プライスも含め入手できるかどうかは「マリブホビーズ」に問い合わせてみよう。どんなレアモノでも世界中から探し出してくれるのでノープロブレムだ。

◆マリブホビーズ
tel:0480-85-7306
http://www.malibuhobbys.com/


Photo: 古閑章郎
Text: 木村和博
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD