【ジープJKラングラー】カスタムでどう遊ぶ?ジープJKラングラーのカスタムを比較

SUV

ジープ

セントラル

AWESOME JEEP

ラングラー

JKラングラー

アメマガ2020年10月号

やっぱり「ジープ」がカッコイイ!!

ラングラーアンリミテッド

群馬県

ジープ ラングラー アンリミテッドの良カスタム事例をご紹介。4ドアモデルが追加されたJKからはさらにカスタムパーツが豊富に出揃い、ドレスアッパーたちからも支持を集める本格派四駆ラングラー。そんなJKカスタムの好例といえる雰囲気の違う2台を見ていこう。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE

AWESOME JEEP やっぱりジープがカッコイイ


この記事で紹介するジープの情報

車種 : Jeep WRANGLER UNLIMITED

ショップ:CENTRAL
                 [ TEL ]0274-24-4541
                 [  HP ]http://www.automobile-central.com

ジープ ラングラーの人気がさらに増している理由

一時期アメリカンSUVが隆盛を極めていたが、ジープ・ラングラーはその枠とは別の次元で人気を集めていた。

何しろJKモデルから4ドアのアンリミテッドが加わったからだ。これまではジープのスタイルは好きでも2ドアでは使い勝手が…という人たちがこぞって注目したからにほかならない。
 

本格派四駆もドレスアップパーツが続々登場

それにカスタムパーツに関しても、これまでは実践向けのハードなカスタムパーツが中心で、ドレスアップ向きのパーツはラインナップされてこなかった。

しかし、数年前からはドレスアップパーツのラインナップが豊富に出回り始めたことで、さらなる人気に火を点けている。

ましてや新型のJLモデルのセールスも好調であり、JKでカスタムを楽しむか、JLで新型を満喫するかの2択で迷う人たちが続出しているのが現状。
 

JKカスタムで遊んでこそイマドキ。

そんな中で、群馬のセントラルではJKをベースにカスタムを楽しむ人たちが増加中。紹介する2台のJKラングラーにも、これでもかと言わんばかりのカスタムが施されている。
 

カスタムしたブラックボディのジープでスノーボードに!

Jeep WRANGLER UNLIMITED

ブラックボディのオーナーであるHIROさんは、スノーボードをするので四駆が前提としつつも、人と被るのが嫌ということでラングラーをセレクトし、ここまでのカスタムを施している。

アクティブなジープ ラングラーを活かした大迫力カスタム!

DSC_8832

一方のオレンジボディのオーナーであるGさんも、アクティブなイメージのあるラングラーに一目惚れし、ひと際インパクトのあるスタイルへと仕上げている。

現行モデルのJLも良いのだが、カスタムを楽しみたいと考えるのであればJKで思う存分好きなスタイルに仕上げる、この2台はまさに好例と言えるだろう。
 

ジープ ラングラー アンリミテッド ブラックボディの外装をチェック

DSC_8716

【カスタムポイント①】遊び心のあるヘッドライト

DSC_8682

睨みを利かせたマーヴィンのアングリーグリルにDRLリング内臓のLEDヘッドライトを装着し、片方だけに爪痕ステッカーを施してフェイスをメイク。

さらにウインドー上部にはLEDバー、エアダクト付きフードを装備。

【カスタムポイント②】個性的なエクステリア(外装)

DSC_8731

サイドステップ、マフラー、バンパーを組み合わせて個性的にアレンジしている。

【カスタムポイント④】ホイールとサスペンションの配色

DSC_8658

ホイールはフューエルオフロード・ゼファー(17×9J)で、カラーはキャンディレッドをベースにリングはマットブラックでコーディネイトされている。組み合わせたタイヤはラダー・レネゲードR7 M/T(35×12.50R17LT)。
 

サスペンションはラフカントリー製3インチリフトアップキットを用いてハイトし、ステアリングダンパーも組み合わせて操舵性を高めている。さらにキットはホイールと同じくキャンディレッドにペイントすることで統一感を演出するなど、ブラックとキャンディレッドカラーコーデが絶妙。

ジープ ラングラー オーナー

DSC_8745

今回紹介させて頂いたジープラングラー オーナーのHIROさん。
取材協力ありがとうございました!

ジープ ラングラー アンリミテッドオレンジボディの外装をチェック

【カスタムポイント①】こだわりを感じるフェイス面

こちらもフロントグリルにはマーヴィンのアングリーグリルを装着しているが、フェイス面とスロット部を塗り分けることで異なる印象を醸し出している。

【カスタムポイント②】インパクトのあるエクステリア(外装)

DSC_8772

ウインドー上部&フードにLEDバー、エアダクト付きフードを装備。

サイドステップ、マフラー、バンパーを組み合わすとともに、オーディオも充実。

【カスタムポイント③】足回りもカラフルドレスアップ

ホイールはヴェラーノ・VFA。サイズは24×14J。サスペンション同様にディスク面をオレンジにペイント。タイヤはニットー・トレイルグラップラーM/Tで、サイズは38×13.50R24LTをセット。

DSC_8810

サスペンションの換装に用いたのはこちらもラフカントリー製の3インチリフトアップキット。ボディカラーのオレンジがかなりインパクトあるだけに、キットも同色にすればさらにその効果は高まるということでアレンジされている。まさに映えること間違いなしというほどカラフルにドレスアップ。

Owner :G


Thanks:CENTRAL【セントラル】

TEL:0274-24-4541
HP:http://www.automobile-central.com
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]