-フリースタイルで行こう- #06 ムーンアイズというカルチャー

コラム

フリースタイルで行こう

アメマガ2020年10月号

#06 ムーンアイズというカルチャー

-フリースタイルで行こう-


-フリースタイルで行こう-
#06 ムーンアイズというカルチャー

GO! with MOON アメリカのモーターカルチャーに興味のある人にとっては、避けて通ることのできない存在、それが「ムーンアイズ」だ。ビッグイベントの主催、ファニーカーのスポンサーだったり、カー用品、アパレル、日用雑貨、ペットグッズの販売まで、その活動はグローバルに行なっている企業だ。今回はカルチャーとしてのムーンアイズに注目するぞ。

日本国内におけるアメリカンモーターカルチャーの伝道師的な役割を担っている「ムーンアイズ」

キャッチーなアイボールのロゴでおなじみのムーンアイズ といえば、アメ車ファンにはもちろんのこと、アメリカ的モーターカルチャーや、その楽しみ方も含めて国内での伝道師的な役割を担っています。アメリカ依存症の自分が形成される上でも絶大な影響力のある存在だったりします。

 

アメ車のこともホットロッドが何たるかも知らなかった10代の頃、横浜の元町でスタートした小さなショップは、自分にとってのアメリカ疑似体験だったのです。今から30年以上も前のことなので、インターネットなど当然なく、海外の情報はごく限られていただけに、メイドインUSAなアイテムで溢れる店内にいるだけでワクワクでした。

 

そして、当時はアメ車とて、カスタムというよりも、ジャパニーズな「改造車」といった感じで、アメリカ的とはいえない個体が主流の中、『ムーンアイズ ストリートカーナショナルズ』は、対象車種はアメ車、日本車、VWと多様にして、カリフォルニア的なスタイルにこだわったカーショーとして87年にスタート。そこに集結する個体は、それまで見たことのないアメリカを感じさせるものばかりで、大興奮したのでした。

 

そして91年には、パシフィコ横浜にて『横浜ホットロッドカスタムショー』がスタート!国内最大級のロッド&カスタム+モーターサイクルのインドアショーで、本場アメリカの有名車やビルダーをゲストに招き、本物に触れることができる重要イベントなのです。出展者も来場者も年々インターナショナルになり、世界的にも注目度が高い。クルマ、バイクに限らず、アメリカのモーター系カルチャーの楽しみ方や、マーケットは、ムーンアイズなくして成立しないといっても過言ではないでしょう。 また、ホットロッドの頂点的存在である、NHRAのドラッグレースにおいては、トップカテゴリーのファニーカーのスポンサーを務めたり、ボスであるShigeさん(菅沼社長)自身も、往年のドラッグスターや、カマロにてドラッグレースに参戦するなど、ホットロッドやモータースポーツとともに発展したハードコアなカンパニーとしてのポリシーや、創設者のディーン・ムーンの志を受け継いでいる点もリスペクト。

 

ムーンディスクやムーンタンクなど伝説的なパーツを始め、ムーンアイズの商品には、アパレル、日用雑貨、ペットグッズと、幅広いだけに、ホットロッダーとしての自分の身のまわりも、おのずとムーンアイズアイテムで溢れているのです。つまり、アメリカのモーターカルチャーに興味がある人にとっては、避けて通れない存在なのです。

IMG_2443 unnamed2
ムーンタンク

unnamed
ムーンディスク

ムーンディスクやムーンタンクなど、レースやホットロッドのシーンで支持されるスピードパーツをリリースするカンパニーとして、ホットロッドの歴史に深く名を刻む伝説的な存在が「ムーンアイズ」だ。国内では代理店としてムーンオブジャパンがスタート。創設者のディーン・ムーンが亡くなった後には、本家USAのムーン・イクイップメントも含め、Shigeさん(菅沼繁博社長)によって引き継がれている。

SCN
『ストリートカーナショナルズ』

HRCS
『横浜ホットロッドカスタムショー』

アメリカのモーターカルチャーを満喫する上で、重要なカーショー&スワップミートを国内で初めて(87年)開催したのが『ストリートカーナショナルズ』。西海岸的なスタイルにこだわったクールなストリートカーが集結し、国内でのスワップミートの定着にも大きく貢献。インドアショーの『横浜ホットロッドカスタムショー』の他、様々なイベントを主催している。

1X7A4887b

オリジナルのスピードパーツをリリースするカンパニーなだけに、現在でもレースのフィールドでは、ムーンのパーツを目にすることができる。また、NHRAのトップカテゴリーであるファニーカーのスポンサーを務めているあたりには、カンパニーとしてのポリシーが感じられる!

IMG_0989 IMG_2424 IMG_2458IMG_2463 IMG_2457

モーターカルチャーとも連動するダイナースタイルのレストランとして、91年より『ムーンカフェ』がスタート。雰囲気が抜群なだけでなく、バーガー、メキシカン、シェイクなど、リアルなアメリカンフードから、ムーンカフェでしか味わえないオリジナルのプレートメニューも抜群に美味しくて最高です!!

IMG_1030

横浜、本牧の名所ともいえるほどおなじみの存在となっているエリア1。1~2階店内にはステッカー、アパレル、雑貨、オートパーツまで、ムーンアイテムがびっしり。お隣にはムーンカフェ。ガレージでは、ピンストライピング ステューディオとして、日本の第一人者であるワイルドマン石井が筆を走らせているのです。

かたろぐ2かたろぐ1

ムーンアイズの世界観を知る上でも、見て楽しめるカタログとしても機能するバイリンガルなインターナショナルマガジン!何はともあれこの1冊を入手しましょう!巻頭では、77年の渡米時にShigeさんが撮った写真によってLAのストリートシーンをフィーチャー。自分も1ファンとして、ムーカフェのメニューを紹介しています!


MOON OF JAPAN,INC.

Tel:045-623-5959
www.mooneyes.co.jp
神奈川県横浜市中区本牧宮原2-10


★石橋秀樹 アメリカンホビーショップ「ホットワイヤー」の店主であり、フリーペーパー「イグナイト」の編集人、そしてアメ車マガジンでもライターを行なうなど、アメリカンカルチャーに関する偉人(変人)である。人生は肩ひじはらずに「フリースタイル」なのが信条。

アメ車マガジン 2020年 10月号掲載


最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2