チャレンジャーの使い勝手の良さに惚れ込み日常の足として使用

クーペ

ダッジ

チャレンジャーSXTプラス

テクニカ

Let's Enjoy CHALLENGER

アメマガ2020年10月号

埼玉県

チャレンジャー

2016 Challenger SXT PLUS

Let's Enjoy CHALLENGER -かっこいいが一番楽しい


2016 Challenger SXT PLUS

チャレンジャーって荷物わりと積めるしトランクで寝ることもできるんですヨ!

多くのチャレンジャーファンは、そのスタイリングであったり、パフォーマンスに魅了されるだろう。しかし、ここで紹介する大野さんは、見た目や走り以上に、チャレンジャーの使い勝手の良さに惚れ込み日常の足として使用。実は快適で積載性も良いのがチャレンジャーなのだ!

燃費もわりと良いしエアコンの効きがいいのです

以前、街で見かけたチャレンジャーの姿に一目惚れしてしまった大野圭祐さん(24)。ここまでは、よくある話なのだが、クルマを購入する上で大野さんにとって譲れない二つの項目があった。一つは、お母さんが車椅子生活をしているので、その車椅子を積むことができること。もう一つは、とにかく汗かきで暑がりなのでエアコンが物凄く効くクルマでないとダメということ。


カッコ良さと使い勝手を両立することは難しいことだが、後に愛車の2016年型チャレンジャーを購入することになる埼玉県所沢市に店を構えるアメ車プロショップの「テクニカ」の野島さんに7時間も熱く深くチャレンジャーについて質問をしまくったのだそう。

2016 Challenger SXT PLUS

大野さんの本気度を感じ、納得いくまでレクチャーを行ない、めでたく大野さんはチャレンジャーオーナーとなった。譲れない2点その1である積載性は、大きめの車椅子もすっぽりとトランクに入った。そしてその2のエアコンは14℃に設定でき、さらにLoにもできるのでかなり涼しくできるのだ。しかもシートクーラーも装備していることで暑がりの大野さんも涼しさを満喫できる。


また自然の中で写真を撮ることが趣味の大野さんにとって燃費も重要なファクター。チョイスしたのがV6エンジン搭載のSXTプラスだったこともあり、高速なら14km/ℓ、街乗りでも8km/ℓとまずまずの燃費であり、必要にして十分なパワーも持っている点もチャレンジャーを気に入っているポイントなのだ。

194A0216

風景写真を撮るのが趣味の大野さんにとって燃費は重要なことがら。SXT PLUSに搭載されるV6 3.6Lエンジンは必要にして十分なパワーを誇りながら、高速では平均14km/ℓ、街乗りでは8km/ℓをマーク。長距離移動でも納得の燃費の良さなのだ。

194A0296 194A0304 194A0258 194A0284

愛車チャレンジャーを自ら駆ってどこにでも行く大野さんにとって積載性や快適性は重要項目。旅先で疲れたときにはリヤシートを倒し、トランクスルーとすることで180㎝の人でも足を伸ばして寝ることも可能。お母さんの大きめの車椅子もトランクに普通に積めることもチャレンジャーのナイスな点なのだそう。ちなみにカマロで試したところ積むことはできなかったそうである。そして暑がりな大野さんにとってシートクーラーや猛烈に冷えるエアコンは他のクルマでは味わえない快適性なのだそう。

2016 Challenger SXT PLUS

通勤の足として、趣味の風景写真や旅行の足として、そこそこの燃費を誇り、しかもカメラ機材や旅の道具などを楽勝で積むことができるチャレンジャー。見た目もカッコイイうえに、使い勝手も良いというスポーティクーペってなかなかないものです。

194A0280 2016 Challenger SXT PLUS

Owner:大野 圭祐さん


TECHNICA【テクニカ】

TEL:04-2968-1155
HP:http://www.technica-auto.com
Photo:古閑章郎
Text:木村和博
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

最新記事


2024/05/27

じゃがいも好きな店主が始めた、フレンチフライ専門のキッチンカー【FRIED pride】

バン

2000年型のGMC・サバナをベースにトーマス・ビルト・バス社が製作したスクールバスをキッチンカーとして使用する「FRIDE pride」はフレンチフライ専門店。関東圏で開催される週末のイベントに出店しており、鮮やかなイエローのバスが目印だ!

2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2022/08/16

超絶ワイドのシボレーカマロのコンセプトは街乗りできる仕様

クーペ

シボレー

2012 CHEVROLET CAMARO SS

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】