ド派手すぎる旧型チャレンジャー!これぞ魅惑のストリートマシンスタイル

クーペ

ダッジ

Let's Enjoy CHALLENGER

アメマガ2020年10月号

チャレンジャー

マーベリック

栃木県

1970 Dodge Challenger

Let's Enjoy CHALLENGER -かっこいいが一番楽しい


1970 Dodge Challenger

現行モデルのダッジ・チャレンジャーは、レーシーなものから大径ホイール履きまで、あらゆるカスタムスタイルを飲み込んでいるが、旧型モデルをここまで派手にしてしまった例は、アメリカを含めてもそうはいない。だからこそ、この1台には特別な価値がある。

足掛け16年、この1台に自分の好きのすべてを注ぐ

マッスルカーの王道として大人気のダッジ・チャレンジャーは、70年にファーストモデルがリリースされた。当然のことながら現代のモデルに負けず劣らず、昔のモデルの人気も高いのだが、こちらはヘタに手を加えず、オリジナルのままのほうが価値があるとされている。しかし、そんな世間をあざ笑うかのようなチャレンジャーがいる。


オーナーの粉川 翔さんは、かれこれ16年もこの70年型をカスタムし続けているそうで、「もったいないと言われることが多いですが、自分の好きなようにカスタムしないと意味がない」と、あくまでも自分流を貫いているのだ。

_020

派手すぎるカスタム手法は、70年代当時ストリートマシンと呼ばれたもの。エアショックでリアの車高を上げ、全身にエアブラシやピンストライプを描き、内装はダイヤステッチで張り替えと、そのスタイルはだれのマネでもない独創性に満ちあふれる。

_023

その一方でメカニズムにも手が加えられており、エンジンは巡航スピードを上げるべく純正の318からボート用の360に交換済み。リアエンドは10Jホイールを履くために、ナロードしたリンカーン用のフォード9インチにウィルウッドのディスクブレーキ付きと、今の時代の道路事情にもバッチリついていける装備を持つ。ショーネームの「マジックパウダー」は、自分の苗字の粉の字から連想して付けているが、確かに幻覚を見せる怪しい粉のように、別次元の世界観を見せてくれるマシンに仕上がった。

1970 Challenger _028 _022_026

エンブレムの取り付けと黒塗りで、R/Tへと化ける。注目はナンバーで、映画「バニシングイン60」に登場するチャレンジャーと枠ごと同じものなのだ。3連メーターはケースに金メッキをかけてエンジンフードに設置。ボディ同色のルーバーは昔あったストリートマシンのプラモの仕上げ方に習い、リアキャリアは純正品のレストアしている。フロントのホイールは、SNSで知り合ったアメリカのホイールレストア屋さんからプレゼントされたもの。

_029_030

トヨタ純正ブラウンの上からオレンジのメタルフレークをまぶしたボディに、エアブラシが踊る。ラリーフードにはファラフォーセットメジャースを、運転席側には映画「トランザム7000」のトラックに描かれていた駅馬車を、助手席側には海と夕日と、バリエーションに富む。

_033

純正の318からエンジンを載せ換える際、ビッグブロックは一切考えず、こだわりをもって船用のスモールブロック360を選択。ダイレクトコネクションのロゴ入りバルブカバー、エアホーン、134aのエアコンコンプレッサーなどが所狭しと並ぶ。

_031 _032

ダッジのマーク入りオートゲージ製タコメーターやハーストのライトニングロッズは、ドラッグレースに出ていたときの名残り。ダイヤステッチを入れたシートや窓ワクを飾るポンポンなど、インテリアにもストリートマシンらしさが散りばめられた。

1970 Challenger _039

Owner:粉川 翔さん


MAVERICK【マーベリック】

TEL:0280-23-7711
HP:https://maverick59.amebaownd.com
Photo:渡部竜征
Text:佐藤アキオ
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×