誰かと被りたくないという思いからフォードF‐150へ

ピックアップトラック

フォード

F-150

コーストモータリング

埼玉県

タフでワイルドなアメリカントラックス

アメマガ2020年10月号

2010 FORD F-150 XLT

タフでワイルドなアメリカントラックス! TOUGH&WILD AMERICAN PICK UP TRUCKS


2010 FORD F-150 XLT

アメ車好きであればオンリーワンを目指す

クルマ好きは日本全国に数多くいるけれど、とくにアメ車好きはモデル選びにしろ、カスタムにしろ、とにかくオリジナリティを重視する傾向が強い。紹介するF‐150のオーナーである杉﨑さんも誰かと被るのは好きではないという思いが強く、これまでに所有してきたクルマ選びも個性的。そんな彼のアメ車ライフとは…。

「F‐150あるよ!」の一言に思わず衝動買い

クルマとバイク好きな父の姿を幼き頃から目にしていれば、当然のごとくそれらに興味を抱く。そんな父からのススメもあって小学生の頃に始めたのがモトクロスバイク。この楽しい乗り物にすっかりとのめり込んでしまった杉﨑さん。暇さえあれば練習に通い、上達すれば今度は腕を試したくなり大会にも出場するようにもなった。

 

そんな少年時代を送ってきた杉﨑さんは高校を卒業すると自動車整備士になりたいと専門学校へ進学する。もちろん周りの同級生たちもクルマ好きであるため、それぞれに乗ってみたかったクルマで通学し始めるわけなのだが、彼は人一倍誰かと被りたくないという気持ちが強かったこともあって、初めての愛車に選んだのは光岡ビュート・コンバーチブルだった。思惑は的中して被ることはな「F‐150あるよ!」の一言に思わず衝動買いかったそうだ。

 

しかし、大会に出場することはなくなってもモトクロスバイクは趣味として続けていたため、ビュートではバイクの移動に不便さを感じてエクスプローラー・スポーツトラックへと乗り換えることに。実はこの時点で本当はF‐150が欲しかったそうなのだが、予算の都合で断念している。

2010 FORD F-150 XLT

エクスプローラー・スポーツトラックとは3年半を共に過ごしたが、この間もF‐150に対する思いが消えることはなかった。そんな折、たまたまコーストモータリングを訪れて話をしていた際に言われた「F‐150あるよ」の一言がキッカケとなり、まさに衝動買いしてしまったのが現愛車。衝動買いとは言っても長年の思いをようやく実現させたわけだけど。実はF‐150に惹かれたのも人と被らないというのが理由。仲間内にシルバラードやラムに乗っているのはいても、Fトラックに乗っているのはいなかったから。

2010 FORD F-150 XLT

購入時点のF‐150はもちろんノーマル。しかし、ここでも被りたくない病が発症して納車前にカスタム。「フォードだけにやはりボディカラーはブルーにしたい」という彼の要望に対して、ショップは「そしたらペイントでは出せない色合いにできるラッピングにしようよ」と提案し、ボディをフルラッピング。ボトムスはモトクロスバイクのイメージに合わせてオフロード系ホイールにM/Tタイヤを組み合わせて、抜群のインパクトを放つオフスタイルへとメイクされている。

 

ちなみに納車は2020年の2月ということでまだ半年しか経っていないのだが、話を伺っているとまだまだやりたいことがたくさんある様子。理想のスタイルへと仕上げていく過程は本当に楽しい。

2インチのGRIDオフロード・GD12ホイールに、33インチ外径のCOMFOSER・CF3000 M/T DSC_8996 DSC_9038

ボトムスには22インチのGRIDオフロード・GD12ホイールに、33インチ外径のCOMFOSER・CF3000 M/Tを組み合わせ、リアのみブロックで2インチアップを施す。おバーフェンダーはポケットスタイル。ヘッドライトもインナーブラックのプロジェクターヘッドライトで個性的にアレンジ。

1595432369402

誰かと被りたくないという思いから18歳の時に購入したのが光岡ビュート・コンバーチブル。日産マーチをベースにジャガー・Mk2をイメージしてカスタムされたモデルだが、モトクロスバイクを趣味とするアクティブなイメージとは対照的なスタイルではあるものの、気に入っていたそうだ。

1595432374800 2010 FORD F-150 XLT

その2年後の20歳の時に乗り換えたのがエクスプローラー・スポーツトラック。ベッドには愛機のモトクロスバイク(ホンダ・CRF250)を積載してオフロードコースへと駆け付けていた。ちなみにF-150を購入する前にトレーラーを購入していたのだが、エクスプローラー・スポーツトラックでは一度もけん引することなく、F-150へと引き継がれた。

DSC_9024

OWNER:KENJI SUGISAKI


Thanks:COAST MOTORING【コーストモータリング】

TEL:04-2946-7203
HP:http://coast-jp.com
TEXT&PHOTO:編集部
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

関連記事

RELATED


【アレンジの極み】フォード・F-150ラプターが超絶ワイド化で個性を爆発させる!

フォードF-150ラプターを特集。最強オフローダーがさらなるワイルドさでカスタマイズ。ワンオフオーバーフェンダーやリフトキット、ワイドボディキットなどの過激な改造を紹介。最新のアメリカントレンドを取り入れたカルウィングが注目ポイント。ラプターのタフさとワイルドさを体感しよう!
AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 RAPTOR

フォードレンジャーはジャストなサイズにアメリカンテイスト

2019/2020 FORD RANGER XLT SuperCrew 4x4

F-150をベースに、ラプターマスクにチェンジ!

FORD F-150 RAPTOR STYLE CUSTOM

足もとを前後左右で異なるデザインとカラーリングをしたマスタング

FORD MUSTANG WIDEBODY CUSTOM

2019年型 F-150ラプターが降臨!究極のベストセラーのモンスタートラック

アメリカン・スピリットを体現するプレミアムでパワフルな4x4トラック、2019年型フォードF-150ラプター。このトラックは人気が高く、アメリカ国内でもプレミアム価格で販売されることが多い。しかし、愛知県にあるアメリカ車専門ディーラーのライオンハートは、この新型車をリーズナブルな価格で輸入販売!詳しくは記事をチェック☆

AMERICAN 4X4 & TRUCK
2019 FORD F150 RAPTOR

 

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。