フォードはマスタングだけじゃない!様々なモデルを豊富にラインナップ中

フォード

ショップ

フォードグローバルサブディーラー

エクスプローラー

シボレー名岐

マスタング

アメマガ2020年12月号

ウイングオート

フィエスタ

be high on MUSTANG

FORD GLOBAL SUB DEALER

be high on MUSTANG マスタングが僕らのハートを高ぶらせる!


FORD GLOBAL SUB DEALER

GM系のイメージが強いウイングオートだが、フォードのグローバルサブディーラーとしての顔も持つ。もちろんメンテナンスだけでなく、車両の販売も実施中。SUVからコンパクトまで、自分にベストなクルマがチョイス可能だ。

マスタングはもちろんだがSUVもコンパクトも在庫

フォードのクルマが欲しいけど、車検やメンテナンスといったアフターサービスが心配…と思う人はいるだろう。中古車の場合はとくにコンディションや装備、色が価格に反映されるが、安心して乗りたいならやはり信頼できるノウハウを持ったお店選びが重要なポイントと言えるだろう。


もちろん30年以上の歴史を誇るウイングオートならそんな心配は無用。ウイングオートってGM系じゃないの?と思う人は多いだろうが、フォードのグローバルサブディーラーも取得しているので、バックアップ体制も万全だ。


ちなみに本誌では、これまで幾度となくマスタングを紹介してきているが、ウイングオートにはマスタング以外のフォード車ももちろん在庫中。SUVの代名詞といえるエクスプローラーや、コンパクトカーでありながら俊敏な走りを楽しめるフィエスタ。


そしてマッスルカーの王道・マスタングと、目的や好みに合わせたクルマ選びが可能だ。ウイングオートの在庫車は、ノーマルはもちろんのこと、オリジナルのカスタムを施した車両もある。ちなみにこのマスタングはウイングオートのデモカーで、既に様々なカスタムを実施済み。最初からカッコ良いスタイルで乗れるし、イチからカスタムするよりもリーズナブルだ。


もちろんノーマルをベースに様々なアレンジが可能で、自分の思い通りのスタイルに仕上げることも可能。そうは言ってもベース車両がなければ始まらないので、まずはウイングオートへクルマを探しに行ってみよう。

2017 FORD MUSTANG EcoBoost PREMIUM FASTBACK

2017 FORD MUSTANG EcoBoost PREMIUM FASTBACK _N6I5172 _N6I5177 _N6I5197_N6I5192 _N6I5226 _N6I5202

エコブーストの6速マニュアルというレアなモデルがベース。グレードはプレミアムなので、充実した装備も魅力。各部にRKスポーツのエアロパーツを装着。マフラーはBSMAの左右4本出しで、スポーティさをさらに強調する。スロットルコントローラーのスプリントブースターも装着済みで、アクセルにリニアに反応する走りが楽しめる仕様だ。

2015 FORD FIESTA 1.0 EcoBoost

2015 FORD FIESTA 1.0 EcoBoost 2015 FORD FIESTA 1.0 EcoBoost _N6I5258 _N6I5251 _N6I5308 _N6I5248

リッターカーでありながら、直噴ターボと軽量ボディでキビキビした走りが楽しめるフィエスタ。H&Rのサスペンションで車高をダウンし、WORKのEMOTION T7Rとセンターストライプの色をマッチさせることで、精悍さだけでなく統一感も演出。バランスの良い、経済性にも優れた1台で、セカンドカーにオススメ!

2016 FORD EXPLORER TITANIUM

2016 FORD EXPLORER TITANIUM 2016 FORD EXPLORER TITANIUM _N6I5500 _N6I5379 _N6I5388 _N6I5487

ウイングオートでは現在、最上級グレードのタイタニアムを在庫中。3.5L+ツインターボのエコブーストエンジンは、圧倒的なパワーとトルクを誇り、装備はもちろん走りもフラッグシップに相応しい。ちなみにこの車両にはオプションの純正ナビも装備。このほかにボディカラーがブラックのタイタニウムも絶賛販売中だ。


Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)

TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2020年 12月号掲載

関連記事

RELATED


マスタングオーナーたちをウイングオートがサポート

WINGAUTO & MOCJ [MUSTANG OWNERS CLUB JAPAN]

その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活!!フォードマスタングBOSS302【シボレー名岐】

フロントバンパーはダウンフォースを考慮し、大型のリップを装着。ボンネットは熱対策と軽量化を図るためタイガーレーシング製に交換されている。リアスポイラーは小ぶりなダックテール。サイドのデカールは“らしさ”を盛り上げる。

ストーリー性あるクルマとのカーライフ、それぞれのマスタング・ブリット

往年の名スターが主演した映画に付けられた「ブリット」という名は、半世紀以上が経った現在、マスタングにとって特別なモデルの名になった。それぞれのブリットに乗るオーナーのカーライフを覗いてみよう。

'68 FORD MUSTANG
'08 FORD MUSTANG US BULLITT

【右ハンドルのマスタングが人気な理由】フォード・マスタング右ハンドルの魅力まとめ

フォード・マスタングといえば、アメリカンマッスルカーの代名詞。力強いパフォーマンスと独自のスタイルが特徴的だ。

そんな多くのファンを持っているキング・オブ・アメ車「フォード・マスタング」に、実は右ハンドルが存在することをご存じだろうか?

今回はそんな右ハンドルのマスタングが、いかに魅力的か、ご紹介していこう。

マスタングをもっとカッコよく!RKスポーツ・ボディキットの魅力を語る

マスタングの楽しみは純正だけでは語り切れない。ボディキットを使って「カスタムを楽しむ」というのも、アメ車乗りの醍醐味と言えるだろう。今回はそんなマスタングのボディキットにフォーカスしてご紹介。

RK SPORT
GLASS FIBER BODY KIT
FOR FORD MUSTANG

Text & Photos|アメ車MAGAZINE

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429