同級生の2人が選んだのは、ラグジュアリーブームを巻き起こした300とH2だった。

セダン

SUV

クライスラー

ハマー

アメマガ2021年1月号

300

H2

LBWK CUSTOM OWNERS FILE

Liberty Walk

リバティーウオーク

LBWK LIBERTY WALK CUSTOM OWNERS FILE
2008 CHRYSLER 300 OWNER : ザッピ―さん
2005 HUMMER H2 OWNER : たくまくまさん

LBWK CUSTOM OWNERS FILE


2005 HUMMER H2 OWNER : たくまくまさん / 2008 CHRYSLER 300 OWNER : ザッピ―さん

高校の同級生だという現在20代半ばの若きアメ車オーナー2人。お互い初めてのアメ車で、それ以前は2人そろってスカイラインに乗っていたというクルマ道楽の趣味がピッタリな2人が選んだのは、ラグジュアリーブームを巻き起こしたクライスラー・300とハマー・H2だった。

保険や税金が高くても潔く欲しいクルマに乗るべき!

少し前までは若者のクルマ離れなる言葉がどこからともなく聞こえてきたが、ここ最近は二極化ならぬ三極化と、人それぞれといった見解になりつつある。一つはクルマそのものにまったく興味を持たない若者。そしてもう一つが燃費や維持費を気にしてハイブリットや軽カーを選ぶ若者。紹介する2人の様な若者が「無理してでも乗りたいクルマに乗るべき!」と、細かいことは気にせずにクルマ道楽を楽しむパターンだ。本誌としても彼らの様な存在は大歓迎で、時折若いオーナー特集を組んだりもしてきた甲斐があったのか、ここ最近は増加傾向にある様な気配だ。


彼らを紹介してくれたのはカスタムカー界の重鎮リバティーウォーク。愛知県出身で高校の同級生でもある2人は学生時代からリバティーウォークが製作したカスタムカーに夢中で、いつの日か同社でアメ車を買うことを目標にしていた。最初に夢を叶えたのは2019年5月にH2を購入した、たくまくまさん。誰もが知ってるH2のフルオプション付きをベースにマニアックなワインレッドカラーが購入の決め手となった。購入してからすぐにボーラのマフラーをベースに6本かち上げマフラーへワンオフ加工を依頼し、ビジュアルとサウンド共に存在感を高めた。

DSC_4922

一方、3カ月遅れの2019年8月にアメ車オーナーとなったザッピーさんは、たくまくまさんに「真似しただろー!」と突っ込まれながらも、実は乗り変えの相談でリバティーウォークへ訪問していた際、偶然この300が下取りで入ってきて、一目惚れ状態となりその場で即決したとのこと。


ある意味、このタイミングは運命なのかもしれない。何よりのお気に入りは自身が中学生くらいの頃、憧れを抱いたユニバーサルエアーのハイスピードエアサス。エアの抜ける音をイベントブースで聞いて、いつかは自分もと憧れを抱いた若者は意外と多く、彼もそんな中の一人だった。そしてもう一つは旧モデルならではの威圧感溢れるフェイスのインパクトだ。それを強調すべく纏ったリバティーウォークのエアロパーツも購入の決め手となったのは言うまでもない。

DSC_4854

お互いが話し合って「今年中にアメ車に乗ろう!」なんて相談はしていないのに、偶然なのか必然なのか、高校時代に青春を謳歌した2人が同じタイミングでアメ車デビューを果たしたのも何かの縁。車種やジャンルは違えど同年代に一世を風靡した2台のアメ車に、24歳の若者が2人揃って乗る。3ナンバーで税金が高くても、保険代が高くても頑張ってやりくりする。その姿はクルマ道楽に20代をささげてきた40代、50代のベテランアメ車オーナーTたちにとっても初々しく、懐かしい気持ちを蘇らせる。この2人を皮切りに、より一層若い世代のアメ車オーナーが増えることを切に願うばかりだ。

2008 CHRYSLER 300
OWNER : ザッピ―さん 今となっては貴重な当時物エアロの虜に!

2008 CHRYSLER 300 DSC_4826 DSC_4830DSC_4861

撮影前日に磨き上げて極上の輝きを放つレクサーニホイール。ナットのカラーアレンジやブレーキキャリパーの塗装など、白×クロームのシンプルなカラーに効果的な差し色のアクセントを添える点も好感度高し。

2008 CHRYSLER 300

10年以上前にリリースされた今では貴重なリバティーウォーク製の300用フルエアロキット。ボリューム感溢れるスポイラーのインパクトや当時のトレンドデザインが随所から伝わってくる独創的なフォルム造型美は特筆物。

2008 CHRYSLER 300

トランクリップスポイラーとルーフスポイラーの織り成すリアエンドのシルエットも当時ならではのアクセントとなり、スモークテール化されたリアエンドのビジュアルをより洗練された印象へとアップデート。

2005 HUMMER H2
OWNER : たくまくまさん せっかくアメ車に乗るならデカいのに乗りたい!

2005 HUMMER H2 DSC_4900

白とか黒とか定番カラーのH2では、あまり目立てないからとSUTの純正色に採用されるワインカラーへとオールペイントを施したH2を購入。ワイン×クロームの色気あるカラーコントラストは存在感抜群。

DFDオフロード22×12Jディープリムと325/50R22のワイドトレッドサイズのタイヤ

純正車高にDFDオフロード22×12Jディープリムと325/50R22のワイドトレッドサイズのタイヤで豪快なボトムスへアップデート。アテューロトレイルブレイドX/TのワイルドなトレッドパターンがH2のイメージにマッチ。

DSC_4911

ブラックのパイプフレームにステップ部をマッチペイントしたサイドステップも個性的。ワインレッドのボディに絶妙なアクセントとしてLBパフォーマンスのデカールをゴールドで合わせる。

DSC_4931

たくまくまさんの知り合いでバイクのワンオフマフラーを手掛けるショップへ依頼して製作した、かち上げの3連、両サイドで6連にも及ぶワンオフマフラーは、色、見た目共に強烈なインパクトを放つ。


THANKS:LIBERTY WALK

TEL:0561-51-0001
HP:https://libertywalk.co.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 1月号掲載

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。