押し出し感の強い威風堂々とした表情で魅力を放つクライスラー300C

セダン

クライスラー

LBWK CUSTOM OWNERS FILE

エアフォース

Liberty Walk

リバティーウオーク

フォージアート

300C

愛知県

アメマガ2020年12月号

LBWK LIBERTY WALK
CUSTOM OWNERS FILE⑥
CHRYSLER 300C

LBWK CUSTOM OWNERS FILE


CHRYSLER 300C

CHRYSLER 300C OWNER : はじめちゃん

ワイドボディやスラムドスタイルはサラッとラフに乗りこなせ!

日本のみならず世界にその名を轟かせるリバティーウォーク。その独創的なスタイルに魅了されるファンは国内外を問わず増殖中。常にトレンドの最先端を行く姿勢は多くのカスタムフリークたちを虜にし、同社のカスタムコンプリートモデルを指名買いするユーザーも多い。しかし、クルマは飾って眺める物じゃない。ラフに走らせて楽しんでこそ本当の価値がある。

極艶、漆黒、威風堂々の風格を極める!

新旧甲乙付けがたい魅力を放つ300だが、フェイスのインパクトだけで言うと、押し出し感の強い威風堂々とした表情で魅力を放つ旧モデル。キャデラック優勢だったアメ車のセダン部門で、新たなキャラクターが加わることで再びセダンブームを巻き起こし、国産VIP系から300Cへと乗り変えるオーナーも当時は多かった。

CHRYSLER 300C CHRYSLER 300C

現車はリバティーウォークの従業員が過去に所有していた車両で、LBフルエアロにフォージアートホイール、エアフォースのエアサスペンションなど、手塩にかけてカスタムを施したのを3年前に購入。アメ車が好きでリバティーウォークに遊びに行くたびに様々な車両を目にしてきたが、その中でもっとも存在感が際立っていたのがこの300で、ほかの選択肢はなかったと当時を振り返る。さすがに2008年モデルなので多少の経年劣化による整備やメンテナンスは必要となってくるが、大きなトラブルはなくグッドコンディションを保つ。

DSC_2117

また、洗車傷の目立つ手入れの大変な漆黒ボディだが、常に磨きを怠らずに極艶ぶりをキープしている点も称賛物。新車から10年以上経つと中古車市場でも良い個体と悪い個体の差が歴然となってくるが、こうして大切にするオーナーの手に渡れば20年、30年と時を刻み、次世代のビンテージモデルとして来世に残していける可能性も高まる。価値ある個体を残すも廃らせるも、巡り合うオーナー次第と言えるだろう。

 

発売当初はベントレーに匹敵する顔面力で威圧感抜群だった300C。ここ数年は中古車の球数も徐々に減少傾向で、程度の良い個体の希少性が高まりつつある。大切に扱ってきた車両は将来ビンテージモデルとして再び脚光を浴びる可能性もあるので、このまま頑張ってコンディションを維持して欲しいところだ。

DSC_2123 DSC_2122DSC_2136DSC_2130


THANKS:LIBERTY WALK

TEL:0561-51-0001
HP:https://libertywalk.co.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 12月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×