【シボレーC10】半世紀に渡る自然な経年劣化を味方につけるパティーナスタイル

ピックアップトラック

シボレー

C-10

アキュエアージャパン

AMERICAN TRUCK&SUV

スラムド

アメマガ2021年2月号

1968 CHEVROLET C10 × SLAMMED

AMERICAN TRUCK & SUV


1968 CHEVROLET C10 × SLAMMED Owner:HIDEさん

特殊な塗装で人工的に錆びや腐食を表現するエイジング加工ではなく、あるがままに歴史を刻むかの如く色褪せて所々に錆が際立つボディに魅せられ、思い描くスラムドスタイルへと自らの手でスラムドさせるHIDEさん。本国のビルダーたちをも唸らせる巧みなフレームワークとそのセンスに迫る!

ストックフロアでの着地はフレームワークによる賜物

京都のとある場所で仲間と共にカスタムトラッキンライフを謳歌するHIDEさん。息子やその友人も含めた二世代の仲間たちが、どこからともなく集まってきては日没を過ぎてもカスタムに没頭する姿は、まるでアメリカ郊外のカスタムファクトリーそのものだ。

 

そんな彼の愛車は68年型C10。仲間内の中古車販売店に入庫したものの、レストアするにはかなりのお金がかかるからと困っていた個体を引き取ったのが今から約10年前。このC10のモデルイヤー相応の経年劣化を見た時には既にパティーナスタイルのイメージが頭の中にあったそうで、オリジナル車高をベースにわずか1年で現在のスラムドスタイルへと仕上げた。

1968 CHEVROLET C10 × SLAMMED 1968 CHEVROLET C10 × SLAMMED

特筆すべきはその手法で、本来サイドシルカットの完全着地となるとストックフロアでは難しく、大抵はチャネリングを施してフロアを上方向へ詰めるが、この車両は巧みなフレームワークでチャネリングなしでの完全着地を実現。アキュエアーのライドハイトセンサーによってスラムドフォルムのままハイウェイを走る姿、そして良い意味でショーカーらしからぬパティーナ特有のぬけ感が本国のトラッキンライフとリンク。

 

そんな姿がSNSや本国の友人伝いにアメリカのトラッキン事情通たちの間でも話題となり、装着するレースラインのホイールをスポンサーに付けるまでの有名車輛となる。RELAXEDJAPANとして向こうのリアルなトラッキンライフを日本で再現し、その第一人者として活躍するHIDEさんとその仲間たちの様子は、まだまだ未開拓で濃いネタが盛りだくさん。また別の機会を設けてぜひ本誌でも紹介していきたい。

DSC_4484 DSC_4452 DSC_4485 DSC_4468

度々渡米しては現地ビルダーのファクトリーを訪れて技術を吸収し、日本で仲間たちが乗るトラックのフレームを多数手掛けて数をこなしてきたHIDEさん。スラムドすることで干渉する部分の巧みなかわしと、アーティスティックなレイアウトは特筆物。パティーナスタイルでのサイドシルカットストックフロア完全着地はもはや芸術。レースラインバンディッドのアイボリー特注カラー、バックスペースは、絶妙な履きこなしを見据えたオーダーメイドだ。

DSC_4443

フロント245/35R20、リア255/35R20と控えめな低扁平タイヤでリア側を引っ張り気味にセットするボトムスはバンプ時のフェンダーとの接触をかわすためのもの。

DSC_4437 DSC_4489DSC_4474

ルーフキャリアは自作し、C-10と同年代となる60年代後半モデルのヴィンテージ物のコカコーラクーラーボックスを常備。リアゲート下はヒッチメンバーを貫通させてストレートにマフラーをレイアウトしており、いずれこのヒッチで隣にストックしてあるキャンピングトレーラーをスラムドして引っ張る予定。ステアリングは64年型インパラ用の細くて径の大きなものが気分だ。

DSC_4462 DSC_4467


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 2月号掲載

関連記事

RELATED


カスタムよりも荷台をどう活かすかに情熱を注ぐ究極のアウトドアスタイル!【アバランチ Z71】

2006 CHEVROLET AVALANCHE Z71
2006年型シボレー・アヴァランチZ71を紹介。オーナーはトラックの荷台をユニークな方法で活用し、車の実用性を爆上げ!オーナーは躊躇することなく無骨に使用し、小さな傷も個性の一部として受け入れ、キャンプや家族の団らんに大活躍。記事では、オーナーがDIYしたカヌーラックや、トラックの機能性を高めるその他の改造についても触れている。

強烈なインパクトを放つシエラとシルバラードをロックオン!

2020 GMC SIERRA
2019 CHEVROLET SILVERADO

【シボレーアバランチ】リアルアメリカのトラックカスタム、驚異の18インチリフト!

2007 CHEVROLET AVALANCHE

C1500の中でも激レアなモデルが454エンジンを搭載した「454SS」だ。

1990 CHEVROLET C-1500 454SS × BIG BLOCK JUNKIE

レアなディーゼルエンジン搭載!人気世代のサバイバルモデル Chevrolet C-10 Silverado【WOT’S】

1985年型シボレーC10シルバラードは、ショートベッドの最上級オプションパッケージ装着車という意味で、この時代のアメリカンピックアップ、それもパーソナルユースを想定したモデルとしてはまさに典型的な一台

 

最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]