【クライスラー300】カスタムの魅力にハマり、終わりなきカタチを求め進化する

セダン

クライスラー

フローマスター

ユニバーサルエア

300

LEXANI

アメマガ2021年3月号

EXTREME CUSTOMS

広島県

エクスカーズ

2012 CHRYSLER 300

EXTREME CUSTOMS 「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味


2012 CHRYSLER 300

当初はここまで仕上げる予定ではなかった。だが、手を加えて変化するカスタムの魅力にハマり、次々とカスタムに着手。「パパだってカスタムを楽しむことはできる!」という大義名分を背負い、今日もカスタムのことで頭がいっぱい!

結婚してパパになってもカスタムを楽しむ!

毎日同じ服や靴を履くことを「良し」とする人もいるが、多くの人はアレンジを加えてファッション=個性を楽しむ。クルマも同様で、個性をカスタムというカタチで表現する。そしてカスタムは奥が深く、終わりがない。

2012 CHRYSLER 300

12年型クライスラー・300に乗る塩本さんもまた、カスタムの終わりなき魅力にハマった一人。当初はレクサーニ・フォージドの22インチホイール、ユニバーサルエアのエアサス(エクスカーズオリジナルキャンバーアームにより11度角)を組み込むことで満足していたが、格好良くなるほど「何かしたくなる」のがカスタムの魔力。遂に欲を抑えきれず、さらなるカスタムに着手。

 

フロントリップ・サイド・リアディフィーザーを追加するのだが、これは全くの素人に関わらず、すべて塩本さんがDIYで取り付けたもの。エクスカーズでは、こうしたDIYカスタムを行なうオーナーが少なくないとか。ただし、強度補強・保安基準といった部分をひっそりチェックするのは忘れていない。

 

最近ではさらに手が加えられ、トランクスポイラーをボディと一体成形。これはさすがにエクスカーズの手によるものだが、オーディオインストールは今後、塩本さんがコツコツ作業していく予定。「周りに結婚してアメ車を降りる人がいるけど、僕は色々工夫すればパパでもカスタムを楽しめることを証明したい。だからやめません(笑)」。証明という大義を背負い(?)、塩本さんのカスタムはまだまだ続く。カスタムは、沼のように終わりがないのだ。

_DSC8568 _DSC8577_DSC8626 _DSC8618 _DSC8612_DSC8581

塩本さんがDIYで取り付けたフロントリップスポイラー、サイドエアロ、リアディフューザー。マフラーはフローマスター。ボディと一体成形されたトランクスポイラー。エクスカーズはハイレベルな塗装・鈑金加工も得意とするだけに、さすがの塩本さんもエクスカーズに製作依頼。ルーフはブラックペイントされ、ボンネットはウォッシャーノズルを取り払いスムージング。

_DSC8534レクサーニ・フォージドの22インチ。エアサスはユニバーサルエア

ホイールはレクサーニ・フォージドの22インチ。エアサスはユニバーサルエア。リアキャンバーアーム類はエクスカーズのオリジナルで、車高ダウン時に11度のネガティブキャンバーとなる。

_DSC8518

OWNER: 塩本さん


EXCARS

TEL:0867-34-1020
URL:http://excars-st.com
写真:高原義卓
文:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×