ガールズオーナーで大工職人、乗っているクルマは黒いローダウンしたC‐1500。

ピックアップトラック

アメマガガールズ

シボレー

C1500

アメ車と一緒にアメリカンライフを満喫

アメマガ2021年4月号

WORK HORSE LIFE × 1994 CHEVROLET C-1500
AMERICAN LIFE STYLE with AmericanVehicles 10

アメ車と一緒にアメリカンライフを満喫 AMERICAN LIFE STYLE with AmericanVehicles 10


DSC_3472

WORK HORSE LIFE ×1994 CHEVROLET C-1500 SAKIさん

いつか一人で現場に行ける様になった時を見据えて選んだ愛車はC‐1500!

現場への足としてはもちろん、プライベートまでのすべてをコレ一台でこなすガテン系女子のSAKIさん。体育会系のサバサバとした受け答えと作業着が様になる傍らで、時折見せる笑顔から溢れる愛嬌のギャップが堪らない彼女は、職人たちからはもちろんアメ車仲間の間でも人気者。まだまだ見習いではあるが、いつか一人で現場を任される日を夢見て、今日も現場作業に励む。

バーテンダーから劇的転職!男社会で生きるアメ車ガール

DSC_3449

ガールズオーナーで大工職人、乗っているクルマは黒いローダウンしたC‐1500。この3つのキーワードを聞いて真っ先にイメージしたのは体格の良さげなヤンキー女子。それこそ40代オーバーの筆者からしたら、〝そこんとこ夜露死苦〟系の女の子ではないか?と内心ヒヤヒヤしながら現場を訪れたのだが、そんな心配をよそに満面の笑みで「宜しくお願いします!」と現れたのが紹介するSAKIさん。後ろには親方である旦那さんの姿も。聞くと職人さんになるきっかけが旦那さんで、今はまだ見習い中とのこと。

 

彼女が大工職人として現場に出る様になったのは今から約4年前。それまではバーテンダーをしていたけれど、朝の早い彼と夜の遅いバーテンダーではすれ違いも多いからとアッサリ引退を決めたと言う。その後、時間を持て余して昼の仕事を探して工場に勤務するも流れ作業の繰り返しに嫌気が差して離職。そんな折、キツそうだけど楽しそうに現場をこなす彼の姿を見て「わたしも大工職人になりたい!」と頼み込んで現在に至る。

 

しかし現場は男社会。彼氏が彼女を連れて初めて現場へ訪れた際は、周りの眼も冷ややかで口も聞いてくれなかったと言う。だが熱心に仕事をこなし続ける彼女を見て次第にほかの職人さんたちからも歓迎され、今では現場の人気者となった。

DSC_3465 DSC_3476

仕事では現場への足であるハイエースに横乗りするのが日課だったが、次第に受ける仕事量も多くなり、ハイエース一台に2人乗車で後ろには建築資材が満載の日も増え始めたことで、自分も現場で使えるクルマに乗り変えて後ろをついていくと決心。そこで2020年9月に購入したのが現在の愛車C‐1500だ。ちなみにSAKIさんがアメ車に乗り始めたのはこれが初めてではなく、結婚する前にはマスタングを愛車にアメ車ライフを謳歌していたりする。

 

職人の見習いを初めて3年、旦那さんに教えてもらいながら電動鋸や電動ドリル、脚立をはじめとする自分の道具も次第に増え始めたことで、ベッドにはお気に入りのマキタをはじめとする工具が満載。同じ現場へハイエースと2台で向って別の作業をそれぞれでこなせた時は、横乗りして後ろをついて回っていた時よりも成長し、自信を持てたと話す。

DSC_3420

しかし、C‐1500は現場への足としてだけではなく、アメ車フリークの彼女にとってはプライベートの足でもある。休みの日には洗車や磨きを怠らず、車高も「現場に行けるギリギリの範囲で下げてください!」と行きつけのショップ桂田鈑金へ懇願。トノカバーは大切な工具を雨ざらしにせず、クルマから離れた時は盗難防止で鍵がかけられるためそのまま残してもらったとのこと。そんな彼女の夢は現場を任されてC‐1500を運転して一人で駆け付けることだ。

1994 CHEVROLET C-1500

1994 CHEVROLET C-1500 1994 CHEVROLET C-1500 1994 CHEVROLET C-15001994 CHEVROLET C-1500 DSC_3519DSC_3532 DSC_3536 DSC_3538

初めて購入したマスタングを3年程乗った後、現場では使えないからと手放して乗り変えたのが現在の94年型C-1500。一通り手を加えたTBIエンジンのコンディションも上々で、リペイントされたブラックのボディもモデルイヤーを感じさせない艶やかさをキープ。ホイールは現場への出入りを考慮して20インチに留めつつも、車高はフォルム重視でギリギリまでロワード。少々汚れた作業着のまま乗っても気にならない様にほんのりヤレた純正モケットシートのまま乗りこなす点も粋。自身でカスタムした部分はDIYで製作したウッドコンソールのみ。寸法を測って木材を購入してカップホルダー部分は100均のアルミ灰皿をアレンジ、内装の雰囲気に合わせてアンティーク風に塗装を加えた逸品だ。

DSC_3478 DSC_3425DSC_3432

ゲートを開きトノカバーをオープンするだけで奥の方の工具まですぐに取り出せる絶妙な高さと開口具合は意外にも現場に向いているのではと自画自賛のC-1500。休憩中はゲート部分をベンチ代わりとして腰を掛け、日光を浴びながらコーヒータイムするのが日課。


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 4月号掲載

関連記事

RELATED


愛車はサバーバンと同じ顔を持つC-1500。当てては直しを繰り返す波乱万丈なアメ車ライフとは!?

幼少期から受け続ける、父のアメ車教育が遂に開花!
アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

やり尽くしたOBSで令和の時代を走る贅沢!

シンプルにオリジナル志向で乗っても、ガッツリカスタムして乗っても様になるOBS。中でも当時のカスタムカルチャーを色濃く残した個体は、マニアの間でも人気急上昇中。紹介するC-1500ファントムデューリーはまさに、1990年代のカスタムシーンを彷彿とさせるマニア必見の個体だ。

愛車はカスタムトラックのシルバラード。「アイランドスタイルを極めたい」と、目を輝かせる。

アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

#アメ車女子のライフスタイル 06
ハワイに寄せていきたいアイランドスタイル

NASCARトラック的なアプローチの「美」C1500

レギュラーキャブのC1500をスポーツトラックとして満喫するべく、あえてのV6搭載車。フロントミッドのレイアウトは重量バランスも良く、モディファイしたV6は十分なトルクと軽快なレスポンスを両立する。

クライスラー300に乗る夫と、シ ボレーC-1500を乗りこなす妻

Soul of Mopar Chevrolet C1500 / 2018y JEEP Grand Cherokee / 2010y Chrysler 300

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。