ビンテージの魅力あふれる「スクエアボディ」。GMCシエラクラシックの魅力を解説

ピックアップトラック

ビンテージ

シエラ

シエラクラシック2500

アメリカンクラシックス

THE VINTAGE

アメマガ2021年6月号

GMCシエラの中でも人気が高く、スクエアボディがカッコイイ「GMCシエラ・クラシック2500」に密着!今回は状態もカラーもイカしたモデルを取材してきたのでご紹介しよう。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE

THE VINTAGE ビンテージアメリカンの魅力


この記事で紹介するGMCシエラの情報

車種        : 1985 GMC Sierra Classic 2500

ショップ:THANKS:AMERICAN CLASSICS
                  TEL:0467-75-2221
                   HP:http://www.american-classics.com

1985 GMC Sierra Classic 2500

1985 GMC Sierra Classic 2500

GMCシエラクラシック 2500は、シボレーC/Kシリーズと姉妹車であり、本国はもちろんのこと、日本でも人気を博すモデル。なかでも第3世代は「スクエアボディ」と表され、歴代でもっとも長く生産された。GMC・シエラもシボレーC/Kシリーズも同じ時を刻んできたモデルだ。

ビンテージのGMCクラシックを扱うお店

内外装ともにキチンと手入れの行き届いたC20

1985 GMC Sierra Classic 2500

今回取り上げるのは1985年モデルのGMCシエラ・クラシック2500。

同車両は「楽しくアメ車に乗る」という明快なコンセプトを掲げ、街の修理屋さんを自負するアメリカンクラシックスが仕入れたばかりのモデルだ。

神奈川県に店を構えるアメリカンクラシックスは、アメ車をメインに、輸入・修理・販売をおこなっており、今回自慢の旧車を紹介してくれる。撮影当日は快晴であったこともあって、ブルー×シルバーのツートンカラーのシルエットが実に映えていた。

【ビンテージGMC】第3世代の「スクエアボディ」は要チェック!

1985 GMC Sierra Classic 2500

日本で高い人気を誇るGMCシエラクラシック 2500

撮影車両は1973年モデルから1991年モデルまでリリースされた第3世代であり、そのシルエットは長方形でまさにカクカクしていることから「スクエアボディ」と表され、本国はもちろんのこと日本でも高い人気を誇っている。

そしてこの第3世代はモデルイヤーによってフェイスデザインが異なり、大別すると5タイプが存在する中で1985年モデルは角目2灯タイプ。
 

スクエアボディと言われるゆえんはこの長方形のフロントマスクとシルエットから呼ばれる様になった。バンパーは前後ともクロームで、ロングベッドのインナーはチッピングコート処理済み。タイヤサイズは235/85R16で、ホワイト&クロームのホイールがボディカラーと絶妙にマッチ。

1985 GMC Sierra Classic 2500

ボディはシングルキャブかつロングベッドで、エンジンは6.2ℓV8デトロイトディーゼルを搭載。ボディカラーは先述したとおりブルー×シルバーのツートンでコーディネイトされており、さらにホイールはリムがホワイト、ディスク面はクロームというコンビネーションもまた爽やかな印象を後押しする。
 

GMCシエラクラシック 2500のインテリア内装

そしてインテリアもブルーを基調とした仕立てはこの年代ならではだ。

インテリアはボディカラーと同じくブルーでまとめられ、メーターパネルはラウンドした作りを採用しながらも、ダッシュパネル全体は平面を基調としてスクエアなボディとの調和を図っている。

モデルイヤーの割にはヤレはなく綺麗な状態を保つ。シートはベンチタイプの3人掛け。素材はモケットで、沈み込むクッション性もこの年代ならでは。
 

GMCシエラクラシック 2500のエンジン

DSC_2366

搭載するエンジンは6.2ℓV8デトロイトディーゼル。トランスミッションは4速ATでストックの状態をキープ。

GMCシエラクラシック 2500のカッコイイ外装もチェック!

GMCシエラクラシックの顔回り

GMCシエラクラシックの荷台・ベッド

GMCシエラクラシックの足回り

【マメ知識】GMCが新型ハマーをラインナップ!

ちなみにGMCはGMの商用車やライトトラックを専門に取り扱うブランドであるが、同ブランドでここ最近話題になっていることと言えば、新型ハマーをラインナップしたことだろう。

ちょっと話がそれたが、GMCシエラはシボレーC/Kシリーズの姉妹車であり、1959年に1960年モデルとしてリリースされた初代モデルからスタートして、1967年モデルから第2世代、1973年モデルから第3世代、1988年モデルから第4世代へと歩み続けたGMを代表するピックアップトラックである。

1999年モデルからはシボレー・シルバラード/GMC・シエラとして再スタートしている。


THANKS:AMERICAN CLASSICS【アメリカンクラシックス】

TEL:0467-75-2221
HP:http://www.american-classics.com
PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2021年 6月号掲載

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger