クアートが製作したエスカレードEXTの最大のポイントはオリジナルのオーバーフェンダー

ピックアップトラック

キャデラック

エスカレードEXT

LEXANI

オーバーフェンダー

アメマガ2021年9月号

AMERICAN TRUCKS

26インチ

岐阜県

クアート

2007 CADILLAC ESCALADE EXT

AMERICAN TRUCKS -ピックアップトラックの無限なる可能性-


2007 CADILLAC ESCALADE EXT

内外装から実用性に至るまでまさに非の打ちどころがない1台!

ピックアップと聞くと、作業車や働くクルマというイメージが真っ先に浮かび上がるだろう。だがアメ車なら充実した装備を誇りつつ、様々なアウトドアでも活躍する大谷翔平的なクルマが存在する。ここで紹介するEXTも、まさにそんな1台だと言えるだろう。

実用性や経済性だけでなくキャデラックに恥じぬ装備

このエスカレードEXTに一目惚れして、国産のややコンパクトなSUVから乗り換えた加藤さん。実はこのEXT、クアートが5年ほど前に製作した車両で、最大のポイントはオリジナルのオーバーフェンダーを装着しているところだ。

 

それまでの後付けオーバーフェンダーはというと、フェンダーフレアの上から下まで、タイヤを覆い尽くす様なスタイルが殆どだった。だがこのEXTは、最近流行りの上半分だけをカバーするスタイルを採用。3代目エスカレードの直線的なボディデザインとマッチさせた、エッジの利いたカタチはほかにはないものと言える。前後バンパーとの兼ね合いもあるが、あえてバンパーにはエクステンションなどを非装着。反対となるドア側も同じラインで切り落としたデザインとすることで、軽快な印象を実現している。ちなみに前述しているが、このデザインを5年前に実現するあたり、クアートの先を読む力が遺憾なく発揮されていると言わざるを得ない。

2007 CADILLAC ESCALADE EXT

車高は若干ローダウンを施し、敢えて大袈裟なサイドステップは撤去。足もとにはレクサーニの26インチをセットしており、シンプルだが唯一無二な個性を引き出している。オーナーの加藤さんは一目見て惚れ込み、エンジンをかけた瞬間「これ買います!」と、まさに即決で購入を決意したそうだが最大の決め手を伺うと「それまでのクルマより遥かに大きく、デカイ方がかっこいいな!と思ったのがきっかけですね。エスカレーどの中でもEXTはとくに見かけないし、専用の6.2ℓエンジンの音も独特。内装も充実していますが、1ナンバーなので維持費がリーズナブルのも嬉しいですね。ベッドに乗られてもヘコまないし、欠点の見つからないクルマです」と、まさにご満悦の様子。

 

EXTが持つ快適性や実用性はそのままに、カスタムすることでさらに個性や満足度をアップ。これぞまさしく、唯一無二のクルマだと言えるだろう。

_45I1817_45I1787_45I1824

オーバーフェンダーはクアートのオリジナル。EXTの直線基調なデザインとマッチさせた、シャープなデザインを採用。フェンダー部分をフルカバーするのではなく、下半分を切り落としたかの様なスタイルとすることで、軽快さを見事に演出。トラック感は皆無で、非常にスタイリッシュだ。

_45I1778

マフラーは左右4本出しに変更。EXTのユーティリティを損なわぬ様、バンパー上部やステップ部分は同色にしていない。テールレンズをスモークに変更し、モノトーンな雰囲気を演出。

レクサーニの26インチ

ホイールはレクサーニの26インチをセット。タイヤもレクサーニで統一しており、LX-THIRTY(275/25R26) を組み合わせる。オリジナルのメッキパーツとの相性もピッタリで、非常にバランスの取れたスタイルを実現していると言えるだろう。

_45I1840

OWNER:加藤 匠


THANKS:QUARTT FAB【クアートFAB】

TEL:0583-81-9167
HP:http://quartt.jp
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。