クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

アメマガ2022年7月号

クアート

岐阜県

ATS

GM CARNIVAL

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

スタイリングや個性は重要でも安心感は絶対条件です!

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


2013 CADILLAC ATS

大きすぎず走りも軽快!しかも経済的で文句ナシ

アメ車の魅力は様々だが、多くの人が「ボディサイズ」「V8サウンド」などを挙げるだろう。確かに日本車にはない個性が特徴と言えるが、ここ数年アメ車の多くは様々なダウンサイジングが進行中だ。これまでトレイルブレイザーをワイドにカスタムした、なかなか目立つ仕様に乗っていた古村さん。愛車の修理の相談でクアートにメッセージを送りお店に足を運んだが、店頭でこのATSを見た瞬間、奥様の樹里さんが一目惚れをして乗り換えに至ったそうだ。

 

「当初は乗り換える気持ちはまったくなかったんだよね。どちらかと言うと次もSUVかな?いつかはキャデラックに乗ってみたいけど、その中ならエスカレードかな? とは考えていましたね」と語る古村さん。そもそも人と同じクルマに乗りたくないので、様々なカスタムを施していたそうだ。

 

そんな古村さんにとって、タマ数が少ないレアなATSは打ってつけだったそうだ。樹里さんも「何と言っても大人っぽくてカッコ良かったのが決め手ですね。後は、私でも不安なく運転できるかなと思ったのも理由です」と話す。

ちなみに中学2年の唯翔(ゆいと)君は「最初は黒いローダウンのプリウスを買ったと聞かされていて、正直イヤだな〜と思っていました(笑)。でも、全然違うクルマだったので安心しました」と、まさに三者三様な反応なのも面白い。

 

ATSに乗るまでは「キャデラックはもっとフワフワした乗り味だと想像していましたが、乗ってみると非常にスポーティ。排気量からは想像できないほど軽快だし、その上経済性にも優れる。まさに食わず嫌いだったのかな」とも。

 

古村さんのATSに対する評価はほぼ満点のようだが、「何より信頼できるクアートに出会えたのが良かったですね。クルマを買ってそれで終わりでなく、買ってからも安心してお付き合いできます」と、クアートに対する評価は満点以上。今後はグリルをカスタムしたいと思う古村さんに対し、クアートの酒向社長は「グリルのほかにも、メッキ部分にスモークを掛けたいですね…」と、早くもこの先の展望を思い描いており、今後もこのキャッチボールは続いていくことだろう。

ボディ各部には、クアートのオリジナルパーツを追加して個性を強調する。フロントリップはバンパーとの一体感を重視しつつ、よりアグレッシブな印象を与える。トランクスポイラーは小ぶりだが、やはりマストアイテム。マフラーはフィニッシャー部をATS-VのようにV字型でセットする。

フェンダー部分を美しく処理し、245/30R20を装着。組み合わせるホイールはレクサーニのFIORANOで、まさに威風堂々とした佇まいを実現している。ホイールナットはトゥルースパイクを装着し、アクセントとインパクトを与える。

孝雄さんは、トゥルースパイクのトゲトゲしたところがお気に入り。樹里さんは、とにかくカッコイイスタイリング。唯翔君は豪華な装備と居住性がお気に入り。ちなみに唯翔君は、免許を取ったらビンテージなカマロが欲しいそうで、アメ車好きにDNAはキッチリ継承。

OWNER : Takao Komura


QUARTT FAB【クアートFAB】

TEL:0583-81-9167
http://quartt.jp
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年7月号掲載

関連記事

RELATED


シンプルに見えるけれど、ワンオフパーツを多用したキャデラックATS

2013 CADILLAC ATS

街もアウトドアも似合う丁度良いキャデラックXT4!

アメリカのみならず、世界中でセレブに愛用されるキャデラック。とくにSUVには力を入れており、エスカレードを筆頭にXTシリーズを続々と投入中。その中でもエントリーモデルとなるXT4を紹介しよう。

66年からの第二世代シェビーⅡノバは、エッジを効かせたよりモダンなスタイリング

コンパクトでエコノミーなモデルながらも、スタイリッシュなルックスやドラッグレースでの活躍でホットロッドのフィールドでは大人気の第二世代のノバ。超希少とはいえホットな仕様も存在し、マッスルカーとしてのキャラクターも持ち合わせるアイドル的な存在なのだ。

3rdトランザム、C3と乗り継ぎ、ジェントルなセダンという選択肢【キャデラックCTS】

キャデラックは成功者の証。本国では昔からそう言い伝えられてきた。しかし、日本ではこれが必ずしも当てはまらない。乗りたいアメ車も一通り経験した玄人が、そろそろ落ち着こうかな。そんな感覚で選ぶのがCTS だったりする。

クアートが製作したエスカレードEXTの最大のポイントはオリジナルのオーバーフェンダー

2007 CADILLAC ESCALADE EXT

 

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。