車両の販売からカスタマイズまでマスタングのすべてに対応します

ショップ

ウイングオート

シボレー名岐

アメマガ2021年10月号

Ford Global Sub Dealer


Ford Global Sub Dealer

保安基準の範囲内という規定はあるが、GMの日本正規ディーラーでありながら、カスタマイズにも対応するシボレー名岐。又の名をウイングオートと言い、アメマガ読者はこちらの方が馴染み深いだろう。そんなウイングオートではカマロ同様、マスタングの販売だけでなく、カスタムも積極的に実施中だ。

限定車やサーキット用まで様々なモデルを豊富に在庫

ディーラーはクルマを買って終わりではなく、そこからユーザーにカーライフの提案をするところと提唱するウイングオート。その中の1つにカスタマイズというものがあるが「お陰様でシボレー名岐では、ディーラーでありながらカスタマイズもできるというお客様の認識は定着しました。カスタムをして安心して乗りたいというお客様が弊社にご来店頂いております」と語るのは、ウイングオートの入野さん。「でも、まったく同じことが、実はマスタングでも可能なんです!」とのこと。

 

フォードジャパンが日本から撤退して久しいが、だからと言ってマスタングの人気はいささかも陰ることはなく、むしろ正規輸入されていないことも後押しになって人気は上昇中。若いユーザーは維持費を気にしてエコブーストを選びがちだが、価格が多少こなれた中古車だからこそ、マッスルカーの真髄が味わえるV8をオススメしたい。でも、中古車はその後のメンテナンスが不安…という人もいると思うが、心配ご無用!ウイングオートはフォードの正規グローバルメンテナンスディーラーでもあるので、常に最新のメンテナンス情報が入手可能。パーツの供給も心配なく自社工場も完備しているので、年数や走行距離が伸びた車両でも安心して乗り続けることが可能だ。

 

でも、やっぱり新車に乗りたいんだよね…というそこのアナタ!もちろんウイングオートでは、アメリカ本国からマスタングの新車を取り寄せることも可能で、2021年型のマッハ1も発注済み。公式サイトの在庫車両ページでチェックできるが、悔しいぐらいカッコイイ。

 

しかもウイングオートでは、新車・中古車を問わず、カスタムすることも可能。もちろん車検に適合する範囲内という条件はつくが、車高調やエアロパーツはもちろん、サブコンピュータを使用したチューニングなど、幅広く対応可能。

 

ファクトリーにはダイノパックも完備しているので、実際にどれぐらい出力が変わったのか実測することもできるので、体感できるチューニングを提案してくれる。購入からメンテナンスやカスタマイズまで、ウイングオートならワンストップでより豊かなマスタングライフを送れると約束しよう。

2014 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE pkg

2014 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE pkg 2014 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE pkg _N6I2656_N6I2645

第6世代としては最終型となる2014年型で、日本限定70台という希少車。パフォーマンスパッケージが装着済みで、タワーバーやレカロシート、さらにはブレンボ製のブレーキシステムも標準装備されており、この状態でも十分走りが楽しめる。

2010 FORD MUSTANG GT CONVERTIBLE

2010 FORD MUSTANG GT CONVERTIBLE 2010 FORD MUSTANG GT CONVERTIBLE_N6I2681_N6I2711

一度はオープンカーに乗って見たいんだよね。そんな願いを叶えてくれるのが、この2014年型マスタング。前期モデルなので4.6?となるがマッスルの味わいは十分堪能可能。ただ一つだけ気をつけたいのは、運転する時の服装。真夏にオープンで走るのは非常に気持ちが良いが、短パンだと火傷しかねないので、そこだけは注意が必要かな。

ORIGINAL CUSTOM for MUSTANG サーキット走行にも対応できるカスタムも可能!

_N6I5213_N6I5217 _N6I5172_N6I5192 _N6I2721 _N6I2744 _N6I2736_N6I2728

赤の2005年型は、元SMSチャレンジカップカーで、限定15台のうちの1台。走行距離は間もなく10万kmだが、サーキット走行用ならこれほど適した車両はない。また白の2017年型はRK SPORTのフルエアロやBC RACINGの車高調がセット済み。こちらの車両は売約済みで、今後さらなるチューニングを施す予定だ。

MAINTENANCE of FORD 正規メンテナンスディーラーの絶大な安心感を提供!

_N6I2753

日本からフォードジャパンが撤退した今、安心してフォード車に乗り続けるのは困難なのか?答えは否だ。ウイングオートではフォードのグローバルメンテナンス正規ディーラーでもあり、車検や点検はもちろん、様々なトラブルにも対応可能。

_N6I2747_N6I2750 _N6I2756_N6I2759 _N6I2765_N6I2771

エアコンの修理などにも精通しており、ガス漏れといった簡単なことからエパポレーターユニットの交換といった重作業まで、幅広く対応してくれる。経験豊富なスタッフが、安心してマスタングライフを送れるよう、しっかりサポートしてくれる。


Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)

TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 10月号掲載


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]