レーストラック流の「体感できるチューニング」を施したシボレータホ

SUV

シボレー

タホ

アメマガ2022年1月号

ジャパンレーストラックトレンド

東京都

2003 CHEVROLET TAHOE


2003 CHEVROLET TAHOE

チューニングの面白さは、数値じゃなく純粋な“体感”だ!

500馬力、700馬力を超える純正パフォーマンスモデルが登場し、負けじと愛車をチューニングするオーナーが増えている。しかし、数値ばかりを追い求め、愛車の変化を楽しんでいないオーナーも少なくない。レーストラックのチューニングは、オーナーの純粋な「体感」を一番に考えた、ある意味「癖のある」チューニングを行なっている。

純正パフォーマンスモデルにはない“ 癖” のあるパワー!

ジープ・ラングラーにまで、470馬力を発揮するルビコン392が登場するなど、エコエンジンに注力しながらもパフォーマンスモデルが増えているアメ車。

 

こうしたパフォーマンスモデルが多く登場すると、既存モデルをチューニングして対抗するオーナーも増えていくわけだが、その目的は純粋な速さではなく、「○馬力になった!」という数値ありきになりやすい。

 

メカニックであり、チューナーとして長年の実績を誇り、アメリカデザートレース参戦経験もあるレーストラックは、そうした数値だけを追い求めるチューニングはせず、愛車が変化していく過程も楽しみながら、オーナーの「体感」を一番に考えたチューニングを行なっている。純正500馬力と、じっくり作り上げチューニングした500馬力では性質も違い、ある意味「癖のある」クルマに仕上がる。ハンドルを握る面白さは、圧倒的に後者が上だ。

2003 CHEVROLET TAHOE

今回製作した03年型タホも、レーストラック流の「体感できるチューニング」を施したモデル。ウィップルスーパーチャージャーを搭載し、MSDイグニッションコイル、ハイカム、アルミローラーロッカー、ロングチューブヘダース、コルサオールステンレスエギゾーストに変更。足回りやブレーキも強化されており、単純に速さだけを求めず安心して走れることも、しっかり考慮されている。

 

面白いことに、チューニングに合わせてオーナーが要望したのが、レカロシートではなくフロントベンチシート。劇的に快速になっても、使い勝手は犠牲にしたくないというわけだ。タホには設定のないベンチシートだが、しっかり要望に答えるのもさすがレーストラック。ストレスなく乗って楽しいと思えること。これもまた、チューニングでは大切な部分だ。

_K2A8153 _K2A8209 _K2A8200 _K2A8146

ウィップルのスーパーチャージャーを搭載し、ハイカム、アルミローラーロッカー、MSDイグニッションコイル、アメリカンレーシング・ロングチューブヘダースでチューニング。5.2?のタホが、推定440馬力まで引き上げられた。低速から爆発的に加速していき、高速回転域でさらに伸びる走行はワクワクが止まらない。数値が同程度の純正パフォーマンスモデルと比べると、何か肉々しさを感じる加速感。これこそ、オンリーワンのチューニングが為せる技だ。

_K2A7982 _K2A7996 _K2A8239 _K2A8071

スーパーチャージャー搭載を誇張する部分は、あえて外観には取り入れていない。フロントブレーキはAPレーシングの6ポットキャリパー&ドリルドローター、リアはベアクロスドリルビッグローターに変更して強化。ダウンサス、ホチキススウェイバーも追加。ホイールは22インチで、マフラーはコルサのオールステンレスエギゾースト。

_K2A8124 _K2A8100

チューニングで刺激的な走りを求めたオーナーさんだが、シートは使い勝手を考えフロントベンチシートを要望。Aピラーにはシボレー用のブースト計、排気ガス温度計が配置される。


JAPAN RACETRACK TRENDS【ジャパンレーストラックトレンド】

TEL:03-5661-3836
URL:http://www.racetruck-trends.co.jp
■写真&文:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

関連記事

RELATED


レーストラック流の味付けで90年代モデルの魅力をブラッシュアップ

アンチエイジング効果で見違えらせることに成功

AMERICAN TRUCK CUSTOM LABO
アメリカントラック・カスタム研究室

SUVながら2ドアというルックスにコアなファンが多い、タホ・スポーツ

SUVながら2ドアというルックスにコアなファンが多い、タホ・スポーツ。僅か5年間だけの生産だっただけに、4ドアよりも希少価値は高い。そんなタホ・スポーツの、極上モデルがガレージダイバンで販売中!

ピットインアクツでボンネット&グリルをリフレッシュ!!【REFRESH PROJECT】

我慢しきれずに装着したのはいいけれど、状態は素のまま。やっぱり塗らないとカッコつかないよなぁってことでお邪魔したのは、お馴染みピットインアクツ!!

スクエアなスタイルと扱いやすいサイズが魅力♡【1995 シボレー タホ】

自動車メーカーが女性向けのクルマを開発すると、どういう訳か「コンパクト/丸っこい形/ピンクなどの明るい色」で纏めがち。でも、女性らしさ…という考え方はイマドキではないし、そんな時代を先取りしたakaneさんのカーライフを紹介しよう。

2ドアタホは小回りが効いてフォルムも美しい!

ひと昔前までは日本の一般的な駐車場にギリギリ収まる全長約5mの4枚ドアが断然人気だったタホ。しかし、ここ最近は2ドアのショートボディの人気が急上昇中。その理由と魅力についてナオキモータービルドの在庫車両をモデルに検証してきた。

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!