このチャレンジャー最大のギミックが〝スーサイド・ドア〟。

クーペ

ダッジ

アメマガ2022年5月号

MOPAR LOVE

コーストモータリング

チャレンジャー

チャレンジャーSRT Hellcat

埼玉県

2018 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT WIDEBODY

MOPAR LOVE!!! 愛して止まないモパーの魅力


2018 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT WIDEBODY

オンリーワンを求めた結果、辿り着いた境地

「誰かと同じでは面白くない…」。アメ車乗りはこの思いが強い。だが人気モデルであれば同じになる割合は必然と高くなってしまうが、そこを創意工夫するのがショップの腕の見せ所。コーストモータリングが出した答えはいかに!

魅せることへの飽くなき思いが込められた一台

CHALLENGER SUICIDE produced by COAST MOTORING 

アメ車はストックのままであったとしても個性が強い。筆者がこれまでに出会ったアメ車オーナーたちに聞いてきたなかでも、大多数がこのアクの強さに惹かれてアメ車を選択している。もちろん筆者だって例外ではない。でだ。そんな超個性の塊とも言うべきアメ車をストックのままでは飽き足らず、オーナーたちはカスタムに手を染めてしまうのだ。カスタムはある意味〝麻薬〟みたいなものだから仕方ないのである。ここで取り上げるチャレンジャーはというと、それこそ日本において最大規模を誇るカスタムカーの祭典である「オートサロン」にて披露しており、それこそドップリと麻薬に溺れ切っていると言っても過言ではないだろう。


この車両を手掛けたのはコーストモータリングで、代表の松本氏に今回のカスタムの意図を伺ったところ「誰とも被りたくなかったんですよね…。なので自由にやらせてもらいました!」と言うのだが、この〝被りたくない〟をどの様に体現するかが難しい。話を聞いていると彼の頭の中にはおおよその設計図ができていたようで、ベースはチャレンジャーの中でもトップグレードであるヘルキャットを用いたことからも力の入れようがうかがい知れる。

2018 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT WIDEBODY

まずは肝となるシルエット。低ければ低いほどカッコイイことは昔から変わっていないが、その手法として何を用いるかだ。ここ何年とコーストモータリングが仕上げてきた車両を目にしてきて今回も同じ手法を用いたのであろうと思いきや、松本氏の不敵な笑み。トランクを開けてお目見えしたのは何とハイドロのユニット。てっきりエアサスだと思っていただけに良い意味で裏切られた。


着地するまでにロワードし、極低車高を手に入れたヘルキャットだが、より極低具合を強調するため前後左右にオリジナルのボディキットを纏わせるとともに、ペイントではなくラッピングでグラデーションを表現。流れるような動きのある見え方も低さに貢献。さらにこのエクステリアで強烈な存在感を発揮しているのが、フロントタイヤのすぐ後ろからリアタイヤまで一直線に延ばした構造のサイド出しステンレスマフラー。

2018 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT WIDEBODY

ここまででも今回の意図を十分に貫いていると思うのだが、まだまだ満足することのない松本氏はインテリアにも工夫を凝らす。ブルー×ブラック×イエローの3色でフルリメイク。フロントシートはRECAROに入れ替えられているが、それに気づかないほどの一体感を生み出している。そしてさらなるギミックがサイドミラー。純正をそぎ落とし、その代わりにフロントフェンダーにカメラをインストール。その映像はAピラーに埋め込んだモニターで確認する仕組み。


そしてそして、このチャレンジャー最大のギミックが〝スーサイド・ドア〟。通常とは反対の前側が開く仕組みを思い切って取り入れたのである。通常あるべき場所にドアノブがないことに驚くばかりか、新たに設けたドアノブは35GT‐Rと同じタイプを採用して、こちらもギミック感を溢れさす。


〝被りたくない〟という思いから始まった今回のプロジェクトだが、その思いのたけを存分に詰め込んだと言えるのではないだろうか。ちなみにこのクルマのオーナーである大垣氏がリクエストしたのは、配色にブルーとイエローを入れてほしいこととサイドマフラーの2点。リクエストをうまく反映しつつ最大限に魅せる演出を施したと言えるだろう。

_45I3747

ドアの開閉にギミックをプラスするカスタム手法でここ最近多く目にしたのがガルウイング。鳥が羽を広げた様に見えてビジュアル的にも映えると人気で、コーストモータリングでも施工した事例は多数に上る。だが今回は通常とは逆の前側が開くスーサイドを採用。ちなみに直訳すると自殺で、この開き方に対する危険性を鑑みて名付けられている。外側のドアノブは前側に新設するとともに、35GT-R風に仕上げている。

_45I3697 _45I3700 _45I3829

ボディのグラデーションはペイントではなくラッピングによるもので、施工はバッファローデザインが担当。フロントの鮮やかなブルーから中央に行くにしたがって濃くなり、リアはグレーへと流れていく配色。ボディキットはオリジナルで新設してワイド感に拍車を掛けるとともに、ワンオフで作成してステンレスのサイド出しマフラーがインパクトを与えている。

LEXANI FORGEDの20インチ

ホイールはLEXANI FORGEDの20インチ。スポークはブルーにペイントし、リムはカーボン調でまとめ、ブレーキキャリパーも希望カラーのイエローでペイントして構成。

_45I3868

カスタムモデルを施工する際にはエアサスを採用する割合が高かったが、今回はSKIPPER 製のハイドロリスクサスペンションを導入して極低を手に入れている。

_45I3758 _45I3876 _45I3769 _45I3715

オーナーからのリクエストであるブルーとイエローを取り入れつつ、フルリメイクが施されたインテリア。ヘルキャットとは言ってもノーマルは地味だったりするため、思いっ切り華やいだ雰囲気へと変貌。それにノーマルのサイドミラーをそぎ落として新設したカメラとAピラーのモニターが近未来的な雰囲気を醸し出す。

2018 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT WIDEBODY


THANKS:COAST MOTORING【コーストモータリング】

TEL:04-2946-7203
HP:https://coast-jp.com
PHOTO:浅井岳男 TEXT:編集部
アメ車マガジン 2022年5月号掲載

関連記事

RELATED


創造を巡らしチャレンジャーを新境地へと誘う【コーストモータリング】

東京オートサロンに6年連続で出展しているコーストモータリング。3年連続で同一車両を披露することとなった2024年はどんな仕掛けで我々を魅了したのか? その全貌を詳解しよう。

エアサスでもゼロヨンは可能、でもヘネシーの速さは異次元!

「カスタムカーって、見るだけで実際には走れないんじゃない?」と、そんなイメージを多くの人が持っているのでは。そんな先入観を払拭するために、コーストモータリングがゼロヨンという方法で、その走りを大検証してみた!

ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入

頭文字Dに影響を受けて初めての愛車はホンダ・S2000。そして今度は、ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入した青木さん。漫画や映画に出てくるクルマを、実際に乗ることが青木さん流の楽しみ方だ。

様々なチャレンジャーのカスタムを提案し続けるラグジ

日本だけでなく、世界中のチャレンジャーオーナーが注目する、ラグジのエッジカスタムズ。2021年秋に初のフルバンパーモデル「Fシリーズ」が登場したが、今回はさらにそれを進化させた、今最も新しいFシリーズのデモカーを紹介しよう。

モパーマッスルと言えばチャレンジャー。中でもシェイカーフードは欠かせない存在。

現行モデルのモパーマッスルと言えばチャレンジャー。中でもシェイカーフードはそのルーツを辿る上で欠かせない存在。ハイインパクトカラーもまたモパーの魅力。そんな伝統を随所に継承する一台がコチラ!

 

最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!