発展の可能性を秘めるパシフィカは今後も注目!?

SUV

クライスラー

アメマガ2022年5月号

パシフィカ

アズールモータリング アメ車SHOWROOM

MOPAR LOVE

愛知県

SKY FORGED

ZERODESIGN

最先端を走るアズールモータリング・アメリカンショールームだけに、カスタムベースはトレンドモデルと思われがちだが、実は今、在庫車にカスタムされている面白いモデルが販売中だ。それが現行のクライスラー・パシフィカ。オリジナルホイール「SKYフォージド」を履いた、日本で唯一のカスタムモデル!?

素材を選ばず映える姿へAZRだからできるフィニッシュ

MOPAR LOVE!!! 愛して止まないモパーの魅力


2019 Chrysler Pacifica

恐らく日本で唯一の現行パシフィカカスタム

アメ車カスタム業界で、最先端を走るショップとして常に名前が挙がるのが、愛知県にあるアズールモータリング・アメリカンショールームだ。ノーマルですら日本で見かけなかった新型のキャデラック・エスカレードやシボレー・C8コルベットを、どこよりも速く導入し、同ショップのオリジナルカスタムブランド「ZERO DESIGN」でフルコンプリートキットを発表するなど、カスタムの行動力はとにかく速い。

「ZERO DESIGN」には派手なイメージを持つオーナーもいるだろうが、コンセプトは「純正オプションにあるボディキット」であり、過度なデザインにはなっていない。さらに言えば、ボディ加工不要で車検にも対応している。

 

今回のクライスラー・パシフィカは、そのZERO DESIGNを装着しているわけではないが、アズールモータリングが送り出すホイールブランド「SKY FORGED」を装着する、日本でたった一台の現行パシフィカのカスタムモデルだ。車両のチョイスも斬新だが、これをしっかり「魅せる」姿に変えて、オンリーワンの存在にするのがアズールモータリングだ。

現行のアメ車で数少ないスライドドア装備

所有しているオーナーには申し訳ないが、クライスラー・パシフカは日本ではかなりマイナーモデルだ。仮にパシフィカを知っていいるとしても、恐らく初代モデルを思い浮かべるのがほとんどかもしれない。トヨタ・ハリアーに似ているのが初代で、17年にフルモデルチェンジしたのが、撮影車両の新型パシフィカだ。大きさや仕様から、トヨタ・シエナが直接のライバルになっている。シエナを検討するなら、パシフィカも候補に挙げても面白いかもしれない。

 

大手中古車サイトで、現行パシフィカを検索すると、出てくるのはAZRアメリカンショールームによってカスタムされたこの一台のみ。車両の希少性とカスタムが相まって、誰よりも目立つことは間違いない。

ベースとなるのは、19年型パシフィカ・リミテッド。ボディカラーは純正のオーシャンブルー。そのボディに合わせ装着するブルーのホイールは、SKY FORGED S221・22インチ。同ショップのオリジナルホイールだけに、こうした特注カラーやサイズなど細かいオーダーが可能となる。さらにここにエアフォース・エアサスを搭載し、ギュッと車高を下げることにより見た目の印象は大きく変化。マフラーはワンオフとなる。

 

このままでも十分見応えはあるが、さらなる味付けの可能性も秘められている今回のパシフィカ。気になる価格は548万円だ。

オールペンしているように思えるボディカラーだが、純正色のオーシャンブルー。アズールモータリングのイメージカラーであるブルーということも、入庫する決め手になった…かもしれない。マフラーはワンオフとなっている。

ホイールは、アズールモータリングのオリジナルホイールSKY FORGED・S221・22インチを装着。カラーは特注のブルー。SKYフォージドは、PCDやカラーなどをオーダーできるため、例えパシフィカのようなレアモデルでも組み込むことができる。

エアフォースエアサスを搭載し、タンクなどのシステムは2列目シート下に収納されている。

2017年にフルモデルチェンジしたパシフィカ。アメ車ミニバンとして、初のPHEVが設定されたモデルだ。上級グレードのリミテッドで快適装備も充実。2列目キャプテンシートの7人乗り。両側スライドドア、パノラマサンルーフなど、カスタム抜きで車両を見ても面白い存在。走行距離は約3万km。


Thanks:AZZURRE MOTORING アメリカンショールーム

TEL:0562-95-1118
http://azzurre-motoring.com
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年5月号掲載

関連記事

RELATED


アメ車をカスタムするのとはまた違った個性でライバルと差を付けるのもありだ。

2020y Dodge Charger GT
2020y Dodge Challenger
2020y Chrysler 300S

ラムチャージャーはブロンコ、ブレイザーに並ぶダッジ・ラムベースのフルサイズSUV。

ラムチャージャーはブロンコ、ブレイザーに並ぶダッジ・ラムベースのフルサイズSUV。ピックアップトラックに対してホイールベースを9インチ短縮したADプラットフォームによるフリップアップリアゲートを特徴とするバンタイプなのだ。

カスタムの楽しさを残すAZRの新提案【ジープグラディエーター】

2020 JEEP GLADIATOR SPORT S

グリルの形状がシャープなフェイスのグランドチェロキーSRT

お子さんの誕生を機に愛車の見直しを余儀なくされるケースは多い。しかし、何もかも我慢を強いられて耐えるだけが美学ではない。むしろ家族も本人も満足できる選択肢こそ最良。その成功例を徹底リポート!

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】