発展の可能性を秘めるパシフィカは今後も注目!?

SUV

クライスラー

アメマガ2022年5月号

パシフィカ

アズールモータリング アメ車SHOWROOM

MOPAR LOVE

愛知県

SKY FORGED

ZERODESIGN

最先端を走るアズールモータリング・アメリカンショールームだけに、カスタムベースはトレンドモデルと思われがちだが、実は今、在庫車にカスタムされている面白いモデルが販売中だ。それが現行のクライスラー・パシフィカ。オリジナルホイール「SKYフォージド」を履いた、日本で唯一のカスタムモデル!?

素材を選ばず映える姿へAZRだからできるフィニッシュ

MOPAR LOVE!!! 愛して止まないモパーの魅力


2019 Chrysler Pacifica

恐らく日本で唯一の現行パシフィカカスタム

アメ車カスタム業界で、最先端を走るショップとして常に名前が挙がるのが、愛知県にあるアズールモータリング・アメリカンショールームだ。ノーマルですら日本で見かけなかった新型のキャデラック・エスカレードやシボレー・C8コルベットを、どこよりも速く導入し、同ショップのオリジナルカスタムブランド「ZERO DESIGN」でフルコンプリートキットを発表するなど、カスタムの行動力はとにかく速い。

「ZERO DESIGN」には派手なイメージを持つオーナーもいるだろうが、コンセプトは「純正オプションにあるボディキット」であり、過度なデザインにはなっていない。さらに言えば、ボディ加工不要で車検にも対応している。

 

今回のクライスラー・パシフィカは、そのZERO DESIGNを装着しているわけではないが、アズールモータリングが送り出すホイールブランド「SKY FORGED」を装着する、日本でたった一台の現行パシフィカのカスタムモデルだ。車両のチョイスも斬新だが、これをしっかり「魅せる」姿に変えて、オンリーワンの存在にするのがアズールモータリングだ。

現行のアメ車で数少ないスライドドア装備

所有しているオーナーには申し訳ないが、クライスラー・パシフカは日本ではかなりマイナーモデルだ。仮にパシフィカを知っていいるとしても、恐らく初代モデルを思い浮かべるのがほとんどかもしれない。トヨタ・ハリアーに似ているのが初代で、17年にフルモデルチェンジしたのが、撮影車両の新型パシフィカだ。大きさや仕様から、トヨタ・シエナが直接のライバルになっている。シエナを検討するなら、パシフィカも候補に挙げても面白いかもしれない。

 

大手中古車サイトで、現行パシフィカを検索すると、出てくるのはAZRアメリカンショールームによってカスタムされたこの一台のみ。車両の希少性とカスタムが相まって、誰よりも目立つことは間違いない。

ベースとなるのは、19年型パシフィカ・リミテッド。ボディカラーは純正のオーシャンブルー。そのボディに合わせ装着するブルーのホイールは、SKY FORGED S221・22インチ。同ショップのオリジナルホイールだけに、こうした特注カラーやサイズなど細かいオーダーが可能となる。さらにここにエアフォース・エアサスを搭載し、ギュッと車高を下げることにより見た目の印象は大きく変化。マフラーはワンオフとなる。

 

このままでも十分見応えはあるが、さらなる味付けの可能性も秘められている今回のパシフィカ。気になる価格は548万円だ。

オールペンしているように思えるボディカラーだが、純正色のオーシャンブルー。アズールモータリングのイメージカラーであるブルーということも、入庫する決め手になった…かもしれない。マフラーはワンオフとなっている。

ホイールは、アズールモータリングのオリジナルホイールSKY FORGED・S221・22インチを装着。カラーは特注のブルー。SKYフォージドは、PCDやカラーなどをオーダーできるため、例えパシフィカのようなレアモデルでも組み込むことができる。

エアフォースエアサスを搭載し、タンクなどのシステムは2列目シート下に収納されている。

2017年にフルモデルチェンジしたパシフィカ。アメ車ミニバンとして、初のPHEVが設定されたモデルだ。上級グレードのリミテッドで快適装備も充実。2列目キャプテンシートの7人乗り。両側スライドドア、パノラマサンルーフなど、カスタム抜きで車両を見ても面白い存在。走行距離は約3万km。


Thanks:AZZURRE MOTORING アメリカンショールーム

TEL:0562-95-1118
http://azzurre-motoring.com
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年5月号掲載

×