足回りやホイールに加え、テーラーメイドというサービスをウイングオートが開始した。

クーペ

シボレー

ショップ

アメマガ2022年7月号

C8コルベット

コルベット

ウイングオート

GM CARNIVAL

愛知県

アメマガリコメンドショップ

CHEVROLET CORVETTE C8

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


CHEVROLET CORVETTE C8 Finish to the Original Style

世界に1台の自分仕様を純正同等の品質で製作!

デビュー直後のクルマなら、所有しているだけで満足。だが、次第に見かけるようになると、自分だけの個性を出したくなる。足回りやホイールに加え、テーラーメイドというサービスをウイングオートが開始した。

愛車の細部を好みのカラーへとアレンジが可能

コルベット初のミッドシップや右ハンドルなど、今までとは異なるユーザー層を取り込もうとしている野心的なC8。そのままでも非常にスタイリッシュだが、ウイングオートが早くもカスタマイズメニューの提案を開始した。

 

自分好みの仕様にアレンジするのは楽しいが、だからと言って見た目だけで闇雲にチョイスするのは頂けない。一口に鍛造ホイールと言っても、その素材まで吟味しているものは少ない。例えば美味しい料理を作るには、何はなくとも素材が重要だ。その点、ウイングオートが自信を持ってオススメするROHANAのRFX15なら、潜在能力をフルに引き出すことが可能。軽さと強度はもちろんだが、アメリカで調達された素材を使用するので、安心感もアップ。

_45I2212

リアタイヤはノーマルサイズのままだが、フロントは20インチへと変更。またPARAGON社のスプリングを装着することで、より低いスタイルを実現。もちろんスタイルだけではなく、乗り心地も考慮した〝乗り味〟を実現しているのはいうまでもないだろう。

ほかにも紳士服の世界でよく言われるテーラーメイドというメニューも開始。一人一人の体格に合った服を仕立ててもらうように、愛車の細部を好みのカラーにアレンジが可能。ペイント可能な箇所はフロントリップ/ブレーキキャリパー/アルミホイール/サイドシル/リアウイングで、グレードによってカラーが決まっているが、これを純正色や好みの色に。ブレーキキャリパーは塗装するとロゴがなくなってしまうが、純正と同じロゴのステッカーを製作。まさに、新車クオリティで仕上げて貰えるのが嬉しい。ちなみに理想的なのは新車購入時だが、車検などの際にリフレッシュを兼ねて施工することも可能。世界に1台の仕様が実現できる。

_45I2232

スプリングとホイールの交換で、エレガンスさとスポーティ性がさらにアップ。長年アメ車に携わってきたウイングオートだから、個々のカスタマイズパーツを吟味できる眼力があると言える。パーツのチョイス1つで、そのクルマの魅力を引き出すことができるという訳だ。

_45I2334 _45I2291 _45I2297_45I2318

一口に赤と言っても膨大なバリエーションがあるので、色見本を使用して入念に色を決める。ペイントする際は可能な限り部品を外しペイント。ちなみにホイールエンブレムはマスキングでなく、ここまで分解して個別にペイントを施す。新車同然のクオリティと述べているが、決して誇張しているいる訳ではないのだ。


WINGAUTO【ウイングオート】

TEL:052-409-5434
https://www.wingauto.co.jp/
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年7月号掲載

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!