レーシングミクには速いクルマが絶対に似合う【ダッジチャレンジャーSRT8】

オープン

ダッジ

アメマガ2022年8月号

チャレンジャー

チャレンジャーSRT8

俺たちのアメ車ライフ

今どきの痛車は、キャラクターのバックボーンに合わせてクルマにも拘る。サーキットを本気で走るレーシングミクには速いクルマが必須と考え、METAL-MAXさんが選んだクルマがダッジ・チャレンジャーだ!

俺たちのアメ車ライフ


侮るなかれスーパーチャージャー搭載

2012 DODGE CHALLENGER SRT8

日本の経済を大きく動かすとまで言われているのが、アニメやゲームを熱烈に愛する「オタク文化」だ。クルマでいえば、推しのキャラクターをラッピングした痛車が代表的。しかし、ひと昔前の痛車はベースとなるクルマは二の次で、ラッピングさえできればOKという感じも見受けられた。だが現在の痛車には、推しのキャラクターとクルマの親和性を考慮して製作されたモデルも存在する。それが、METAL-MAXさんの公式レーシングミク仕様にラッピングした12年型ダッジ・チャレンジャー・SRT8だ。

 

推しのキャラクターは、ご存じ初音ミク。レーシングミクとは、レーシングチーム「グッドスマイルレーシング」が、初音ミクをメインキャラクターに使用した痛車でスーパーGTや鈴鹿10Hに参戦し、そのレースカーデザインをレーシングミクと呼ぶのだ。そしてこのデザインは毎年変更され、ファンならデザインを見ただけで年代が分かるほど。METAL-MAXさんのチャレンジャーは21年度デザインとなり、本家のレーシングミクと同じ「のらいも工房」で製作したもので、公式レーシングミク・レプリカとして認められている。

このラッピングは、車種に合わせて製作されるため、ある意味クルマはなんでもOK。だが、METAL-MAXさんが拘ったのは、レーシングミクというキャラクターとクルマの親和性。サーキットを本気で走るクルマに描かれたレーシングミクは、速いクルマにこそ似合う。そして、痛車には無い目立つクルマは何か。そう考えていた頃に、コンビニで目に留まったのが、チャレンジャーが表紙になったアメマガ。「このクルマなら、痛車にしたら絶対にカッコイイと思いました」。

 

そうして痛車業界初のチャレンジャーが登場するのだが、実は現在のチャレンジャーは2台目で、初めて購入したチャレンジャーは17年デザインのレーシングミク仕様。その後購入したC5コルベットは、19年デザインのレーシングミク。再びチャレンジャーを購入する上で、絶対に欲しかったのがコンバーチブル。

第3世代のチャレンジャーにはコンバーチブルは設定されていないが、ガレージダイバンがワークスコンバーチブルを本国から輸入していることを知りオーダー。速さも重要だったこともあり、V6やベーシックなV8も排除。そして出会ったのが、コンバーチブルのSRT8。しかも、スーパーチャージャー搭載のおまけ付き。

 

そこにラグジのMライン・Ver3オーバーフェンダー、ワーク・CR3・20インチも装着し、ラッピングだけではない、走りを意識させるカスタムも施されている。

 

今後は初音ミク全開のトランクオーディオも想定しており、さらにパワーアップした痛車に仕上がっていく予定だ。

コンバージョンメーカー「ドロップトップカスタムズ」が製作したチャレンジャー・コンバーチブル。同様のコンバージョンメーカーもあるが、リアサイドウインドーの開閉や、クロスバー補強など、完成度が高いのがドロップトップカスタムズの特徴だ。

チャレンジャー購入でMETAL-MAXさんがガレージダイバンにオーダーしたのは、コンバーチブルの他にハイパフォーマンスモデルということ。本国で見つけてもらったコンバーチブルのSRT8は希望通りだったようだが、ウィップルのスーパーチャージャーが搭載されていたのは実は想定外。しかし今となっては、スーパーチャージャーを搭載するレーシングミクとして大きな自慢の一つ。

新しくチャレンジャーを購入したら絶対に装着したかったという、ラグジのMラインVer3オーバーフェンダー。ホイールは走りを意識してワーク・CR3・20インチ(F20×10J、R20×12J)を装着。

コンビニで立ち読みしたアメマガをキッカケにチャレンジャーを購入したMETAL-MAXさん。現在のチャレンジャーは2台目で、1台目は2017年度レーシングミク仕様で、現在は2021年度のレーシングミク仕様。初音ミクの故郷である北海道札幌に、チャレンジャーで行くことも夢のひとつ?

OWNER:METAL-MAX さん


Thanks:GD Factory

TEL:043-215-3344
http://www.daiban.com


アメ車マガジン 2022年8月号掲載


最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]