北海道BUBUが展開するジープ札幌東は、クルマを購入するだけのお店ではない。

ジープ

ショップ

アメマガ2022年9月号

断然JEEP派

ジープ札幌東

北海道

SUVは色々あるけれど、やっぱり四駆の代名詞と言えばジープ。そんなユーザーが日に日に増加しているが、北海道ブブが展開するジープ札幌東は、クルマを購入するだけのお店ではない。

新車だけでなく中古車も在庫、今乗りたいなら即チェック!

断然JEEP派


カスタムやツーリングなどジープの楽しさを提案中

Jeep OFFICIAL DEALER
Jeep SAPPOROHIGASHI

ラングラーに5ドアが登場し、実は2022年で15年が経過。当時はマニアックなクルマと捉えられていたが、徐々にアウトドアやSUV人気がヒートアップ。そんな波に乗ったタイミングでJLラングラーにバトンタッチしたから、そりゃ全国でジープ人気が起こるってもんでしょう。

 

そんな超絶人気に加え、折からの材料不足で、どこのディーラーへ行っても注文してから半年待ちは当たり前。大人しく待てる人は今すぐオーダーをお勧めするが、今すぐ乗りたい! と言う人のために、ジープ札幌東では高年式&良質な中古車を大量に在庫中。グレードや装備、カラーが好みにマッチするのなら、中古車を選んだ方が賢明だし、今すぐジープライフを楽しんだ方が良くない?

ちなみにジープディーラーはどこでも同じ? と思ったら、それはちょっと軽率かも。確かに正規ディーラーの保証内容などは同じだが、ジープ札幌東では車検に適合する範囲であるが、カスタマイズにも対応してくれる。また、最近はコロナの関係で中断していたが、2022年は久しぶりにオフロードコースを走るツーリングやゴルフコンペ、さらには様々なイベントにも参加を予定しているそうで、共にジープを楽しもうとする姿勢がうかがえる。

 

ディーラーは購入とメンテナンスだけと思っている人が多いかもしれないが、ジープ札幌東なら未知の世界へ誘ってくれ、ジープの真の魅力を教えてくれるだろう。

ジープ札幌東では、シートカバーやドリンクホルダーといった、ジープグッズを常時在庫中。またジープのミニカーやアウトドアグッズも在庫しており、オーナーなら欲しくなること間違いなし。さらにアルミホイールも展示しており、カスタムのアドバイスも得ることが可能だ。

中古車と聞くとひと世代前のクルマばかり…と思いきや、ジープ札幌東にはJLラングラーを中心に10台以上の在庫を確保。価格はやや高いが、今スグ乗れることを考慮すると、プレミアムプライスとなるのは仕方がないかも。なお、最新モデルのグランドチェロキーL は、試乗車も完備しており、購入を検討しているならまずは試乗してみては?


JEEP WRANGLER RUBICON
車検に適合する範囲ではあるけれどアグレッシブなカスタムが可能!

ジープを手に入れたら、やはりオフロード仕様にカスタムしたいと考える人は多いだろう。そんなユーザーの夢もジープ札幌東なら叶えてくれる。こちらのルビコンは、前後バンパー&サイドステップをMOPAR 純正のスチールタイプに変更。足もとはRUBICON392の純正&BFグッドリッチKM3(285/70R17)に変更。

サスペンションはラフカントリーのキットでリフトアップし、折り畳み式のステップやドアミラーのGoPRO マウントはFURY ENGRAVER のパーツ。マフラーはJEEPSEN の左右出しに交換。シートカバーはジープ札幌東のオリジナルで、レザーに変更しつつRUBICON ロゴを赤い刺繍であしらうのがコダワリと言える。


ジープ札幌東

住所:北海道札幌市東区東苗穂6条1丁目17-40
電話:011-784-2600
営業時間:10:00-18:00
定休日:火曜日
URL:https://sapporohigashi.jeep-dealer.jp/jeep


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年9月号掲載


関連記事

RELATED


SUVも豊富に取り揃えている、札幌のトミーモータース

以前ビンテージアメリカンを紹介した、札幌のトミーモータース。実はSUVも豊富に取り揃えており、最新モデルもいち早く導入。今回は、エスカレードとタンドラを紹介しよう。

普段乗りも快適な本格派4×4!JLラングラー1台あれば旧車道楽も安心

コルベットC3と共に登場してくれているERIさん。実は旦那さんと共にハーレーやビンテージカーを複数台所有するマニア。そんな夫婦が唯一気負いせず、気楽に乗ってどこへでも走らせるメインシューズがJLラングラーだ。

お客さんが乗ってきた、ワゴニアに一目惚れ♡

トレンドに左右されることなく、常に一部マニアの中で憧れの名車として語り継がれるワゴニア。ほかのアメ車にはない固有の魅力にハマり、虜となったNacoさんが嗜む自然体のワゴニアンライフとは!?

求める性能やスタイルに合わせ、最適なカスタムメニューを提案する【TAKE-OFF】

カスタムだけでなく、国内をはじめ北米大陸やグアム島のオフロードレースに長年参加し、本場アメリカのオフロード文化を体験する中でジープの独自性を経験したテイクオフ。ゆえにラングラーのカスタムは得意中の得意で、多種多様なスタイルを提案中だ。

ラングラーユーザーの思いを具現化する1台をヒルトップが仕上げた。

タフなイメージのするアメ車といえば、ラングラー以外にもピックアップトラックなど、数多くのモデルがある。しかし、どんな悪路をもいとわず駆け抜けるラングラーこそタフさが問われる。ストックのままでも高いポテンシャルを秘めるが、さらなる高みを求め強靭なシルエットを創造。

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD