現代的な装備を施すが独特なスタイルは堅持【スーパフォーマンスMKⅢ】

オープン

OTHER

アメマガ2022年10月号

キャロルシェルビー

ウイングオート

愛知県

スーパフォーマンス社

MKⅢ

ビンテージなスポーツカーに乗りたい。でも、安全性やメンテナンスを考えたらとても…。そんな諦め掛けていた夢を叶えてくれるのが、ここで紹介するスーパフォーマンスのMKⅢだ。


唯一シェルビーが認めた、ライセンスモデルが上陸!

Superformance MKIII

近年、自動車メーカーが国を超えて協業するのは珍しくない話。例えばクライスラーは、かつてはダイムラー。現在ではフィアットと手を組んでいる。そんな日欧合作で製作されたレーシングマシンといえば、やはりキャロル・シェルビーが携わり、1962年に誕生したアメリカとイギリス合作によるACコブラを思い浮かべる人も多いだろう。その独特なスタイリングはもちろんだが、非常に軽いボディに大排気量エンジンを組み合わせたことで、圧倒的なパフォーマンスを実現している。

 

だが、今この車両を日本で乗ろうとしても、保安基準などが変わり新規登録はまず不可能。かろうじて継続車検であれば走行可能だが、メンテナンスや信頼性を考慮すると、簡単には手が出せるとは思えない。でも、そんな夢を抱くオーナーに手を差し伸べるのが、ウイングオート。同社はスーパフォーマンス社が製作した、キャロル・シェルビーから唯一公認されたライセンスモデルの代理店でもあり、可能な限りオリジナリティを維持しつつ、近代的な装備を施し、安全性も重視しているのがポイントと言える。

モチーフとなったのは、シェルビーコブラ427 S/Cとなる。パワーユニットは、現行マスタングに搭載されるV8・5ℓエンジン。コンピュータやミッションなどもそのまま流用することで、各種警告灯もインパネ内部にさりげなく装備されているので、現代のクルマの様な感覚で乗れると言っても過言ではない。また3点式シートベルト、ヘッドレスト、保安基準に適合したサイド出しマフラー、ハイマウントブレーキランプなど、スタイルを極力崩さずに、21世紀的にアップグレードが図られている。

 

確かに「本物のシェルビーコブラ427 S/Cか?」と思う人は少なからずいると思うし、マニアから見ればNOかもしれない。だがレプリカではなく、正式なライセンスを受けたモデルである。そのためキャロル・シェルビーに敬意を払っているのは、そのスタイリングをいたずらに崩していないことから見て取れる。

 

ステアリングやミラーなどは、名門ブランドのヘリテージパーツを標準装備しており、ほかにも様々なオプションパーツを設定。今回はDOHC・V8を搭載するが、そのラインナップには427ciのOHV・V8も用意されている。細かな部分であるが、ヘッドライトはLEDとなるが敢えて電球色を採用しており、テイストというかその佇まいは、まさに427 S/Cそのものだ。

 

せっかく手に入れたクルマなら、できれば気兼ねなく乗り回したいもの。車庫に飾って楽しむ方も中にはいるかも知れないが、走らせてこそ、このクルマの真価を感じ取ることができるのではないだろうか?

ヘッドライトはレンズカットタイプを採用。LEDバルブを採用しており、明るさをアップさせつつも往年のスタイルをキープ。オプションのペイントツインストライプはやはり欠かせない。ドアミラーはTEX製を標準装備としており、ボディ先端には、オプションのクイックリフトフックも追加される。ウインドーフレームなどにくすみ、劣化、シミなどは一切ない。レストアでこのクオリティを再現するのは不可能だし、もし可能でも、その費用は天文学的な数字になるだろう。

サイドマフラーは実は保安基準適合品。真横から見たスタイルを重視しつつ、ボディ側に大きなサイレンサーを備えているので、非常に落ち着いたサウンドを奏でる。

ブレーキはオプションのウィルウッド製6ポッドを装着し、強烈なストッピングパワーを実現。アラゴスタの車高調もオプションだが、これらはマストと言える装備。ハリブランドのアルミに組み合わせるタイヤはクーパータイヤのCOBRA だ。

エンジンはもっともスタンダードな、コヨーテV8・5ℓを搭載。排気量は確かに小さいが、技術の革新は明確で、427が強烈に加速するのに対し、MK Ⅲはマイルドにスピードを上げていく感じだそうだ。大きなラジエターには電動ファンも備わっており、オーバーヒート対策も万全。なお標準ではパワーが要るステアリングで、エアコンもない。軽い気持ちで乗るのではなく、むしろ本気でスポーツ走行を楽しむつもりで購入すべきクルマかも知れない。フロントノーズの奥にはオイルクーラーと、巨大なラジエターを覗かせており、非常に個性的なスタイルと言えるだろう。

メーター類など、インパネの配列はオリジナルと同じ。ステアリングはモト・リタを標準で装備。オプションとなるが、トレメックの5MTを装備。今回の車両には装備されていないが、パワーステアリングも設定される。ステアリングの左下には各種警告灯をシンプルに追加しているので、現代のクルマしか運転したことがなくても同じ感覚で運転できるだろう。アルミペダルも装備されており、ここにだけSUPERFOMANCEのロゴがあしらわれているが、スタイルを損なわない様に配慮しているのが感じ取れる。

ヘッドレストや3点式のシートベルトを装備。トランクは必要にして十分な容積を確保している。シートの表皮やステッチのカラーも変更可能で、ダイヤモンド柄もチョイスできる。まさに自分だけの仕様をオーダーできるという訳だ。


WINGAUTO【ウイングオート】

TEL:052-409-5434
HP:https://www.wingauto.co.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


躍動感溢れるスタイリングと利便性を兼ね備えた万能SUV【インフィニティQX60】

ラグジュアリーSUVに乗りたいけれど、人と同じクルマには乗りたくないし、日常の使い勝手も重視したい。そんな要望を満たすクルマって…と思っていたら、QX60が急浮上。ある意味ダークホース的存在だ。

USニッサンのレアなミニバン(クエスト)で、ファミリー揃ってデッカク遊ぼう!

アメ車のミニバンといえばアストロがド定番。あとはUSトヨタのシエナとなるのがメジャーだし事実イベントでもよく見る。しかし家族で使いやすい左ハンがいいけど人とかぶりたくないなんて人もいるだろう。そんな人におすすめなのが、モナミモータースが輸入するUSニッサン・クエストだ。

個性的すぎるフロントマスクは多くの人が間違いなく振り返る【ポンティアック グランビル】

ポンティアックの絶頂期であった1970年初頭、上質さとパワフルさを備えてデビューしたグランビル。後に到来するオイルショックに翻弄されてしまうが、フルサイズ&大排気量の輝きは、今も決して色褪せない。

コンバーチブルこそアメ車らしいモデル!

ボロを纏えど中身は錦、まだまだ理想を追求し続ける【東海カーズ】

古いマンションをリノベーションするのが流行りだが、ビンテージカーにも同じことが言えるのでは? 中身をアップデートすることで、最新モデルにはないオリジナリティを追求できるが、カーズの場合はもう一歩先の独自の路線を貫く。

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】