C6を探しに行ったら、偶然在庫していたF150に妻が一目惚れ!

ピックアップトラック

フォード

アメマガ2022年10月号

THE AMERICAN TRUCK & SUV

F-150

F-150 PLATINUM

夫のアメ車道楽に渋々付き合う妻ってのが一般的な構図。だけど紹介するTERU さんファミリーは夫婦そろって、いやむしろ妻がとにかくデカいクルマが大好きっていう、ちょっと変わったご家族。F150プラチナムは、妻が選んだ新しいファミリーカーだ。

THE AMERICAN TRUCK & SUV


BMW M4の他に増車でC6を所有するつもりが急展開!

2018 FORD F-150 PLATINUM

全長約6m、全幅2.35m、全高2.2mと、マイクロバスに乗るくらいの感覚でないと中々乗りこなせないフルサイズトラックのF150プラチナム。全高に関してはリフトアップの影響も大きいが、幅や長さに関してはオリジナルでもさほど変わらない。

 

このF150を選んだのはどう見ても夫かと思いきや、実はC6目当てで大阪のGライオンを訪れたら、偶然そこに展示されていたF150を診て、「絶対こっちの方が良い!買うならこっちやで!」と妻がF150を指名。夢にまで見た2シーター、いつかはコルベットと憧れを抱いていたTeruさんだったが、あまりに妻が気に入った様子だった事や、これからどんどん大きくなる息子たちの将来も踏まえて、コルベットの夢は先延ばしにすることにしたと言う。

納車して驚いたのが良い意味でトラックらしからぬ装備だ。プラチナムグレードの豪華レザーインテリアはフロント二脚にマッサージチェア機能まで完備しており、ガラスルーフを全開にすると解放感抜群。シートのクッション性も良く、以前愛用していたBMWの7シリーズと比べても全然負けていない。むしろ室内幅がワイドでゆったりしている分、F150の方が上だと満足気。

 

ラフカントリーの6インチリフトアップキットやFUEL22インチ履きは購入当初からの物でスタイル的には申し分なし。だがアメ車仲間にチャレンジャーやチャージャーが多く、ツーリング時にコーナーのロールや腰砕け感が気になる様子で、現在大阪のバランスで生足による足回りの一新を計画中だ。

 

普段は夫よりも妻の運転が多く、これでスーパーに買い物へ出かけたり、保育所の送迎も当たり前にこなすことから、巷では有名人に。子供たちも母の運転が上手いと太鼓判を押し、「お父さんよりもお母さんに運転して欲しい!」とお願いされるらしい。ある意味、ガールズオーナーとして登場してもらってもイケましたね!いやアッパレです(笑)。

ジェットを引っ張って家族で遊びに行くことの多いTERUさん。6インチリフトアップだとヒッチボールの高さもそれ相応に低くしないとバランスが悪いので、然るべき高さの物をセット。オーバーフェンダーと35インチのタイヤとのバランスもバッチリ!

ホイールはFUELの22インチに35×12.5R22のマッドテレーンをマウント。ディープコンケイブと黒基調のリムが漆黒ボディと相性抜群。ちなみにプラチナムグレードは純正で電動サイドステップが付いており、6インチ上げてタイヤ外径が大きくなっても乗降性は悪くない。

ラフカントリーの6インチリフトアップキットは購入時からカスタムされていたもの。しかし、チャレンジャーやチャージャーに乗るアメ車仲間とハイウェイを走らせているとパワーは問題ないのにコーナーのロールが酷くて思う様に走れないことから、近々生足による足回りの見直しを計画。すでにバランスでオーダーしているそうなので近日中にリニューアル予定だ。

想定外に良かったのが豪華インテリア。アメ車のフルサイズトラックだからとそこまで期待していなかったが、期待値を大きく上回る豪華内装に家族みんなで大満足。さすがに真夏はガラスルーフにすると熱いけど、春先や秋冬はガラスルーフを全開にして解放感抜群でドライブするのが日課だ。


OWNER'S FILE:TERU


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


扱いやすさが大きな魅力、今脚光を浴びるエクスプローラースポーツトラック

2006年に登場し、07年から日本でも販売されたフォード・エクスプローラー・スポーツトラック。11年型がラストモデルと短命だったが、日本でもピックアップトラックの存在が大きくなる今、扱いやすいボディサイズとして注目を浴びている。

一目惚れしたフォードF-350と運命的に出会い入手

父親の影響で、アメ車を何台も乗り継いで来た只野さん。現在の愛車F-350を手に入れたのは2021年の11月のこと。アメ車のSUVが好きな人にとって、トラックは最終地点だと語るが、その経緯を聞いてみた。

F-150をベースに、ラプターマスクにチェンジ!

FORD F-150 RAPTOR STYLE CUSTOM

目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

アメ車(シボレーC1500)でサーフィン行かないです、潮風に晒して錆びるのが嫌なんで!

初めて自分のお金で買った愛車C1500。てっきりサーフィンに夢中の彼が、その足として選んだのかと思えば、話を聞くと「波乗りはハイエース!」と断言。その真意を訪ねると生粋のクルマ好きであることが判明。

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger