67年モデルのシェベルマリブは当たり年、どれも尖っていて格好良い!

セダン

ビンテージ

シボレー

アメマガ2022年11月号

シェベルマリブ

THRILL RIDES

67インパラクーペ、67インパラコンバーチブルを経て現在67年モデルのシェベルを愛用するやっさん。しかもすべて漆黒のボディという偶然。ジンクスやエンジェルナンバーではないが、意地でも67年モデルにこだわりたくなる理由と、その魅力に迫る!

THRILL RIDES


埃まみれで放置されていたシェベルを見つけて直談判

1967 CHEVROLET CHEVELLE MALIBU

ファーストカマロ生誕の年、マスタングにエレノアが誕生した年、1967年はマッスルカーシーンのみならずアメ車全般に見て転換期であり、次世代へ語り継がれる名車が続々と登場した当たり年だと語るやっさん。

 

そんな彼が初めてアメ車に乗り始めたのが20年以上前、成人を迎えたばかりの二十歳の時。当時、九州の佐賀県に住んでいた彼が福岡の天神や繁華街を走らせるローライダー達に魅了されて、1967年型のインパラクーペに乗り出したのが始まりだ。

しかし、ローライダー全盛期の当時は59インパラを筆頭に1964年型までのモデルに人気が集中。丸テールではなく角テールの1967年型インパラは、ローライダーシーンでのウケは上々とは言い難かった。それでも人と被らない個性派というキャラクターに惚れ込み、22歳の時には1967年型のインパラコンバーチブル、しかも色まで同じ黒を探してきて贅沢に2台所有していた時期もあった。その後、コンバーチブルだけを残して12年ほど乗り続けたが、仕事が忙しくなって乗る暇がなくなり手放したと言う。

 

しばらくアメ車と離れた生活をしてきたが、38歳の時に2度目のアメ車熱が再燃。仕事で大阪を回っていた時に、ショップの片隅で埃をかぶっているシェベルを偶然見つけて直談判。欠品パーツも多く三角窓は雨漏りが原因なのか埋めてコーキング処理までされていた個体だったが、磨けば光る!そしてコツコツと仕上げれば良いクルマになる! と確信して即決したのがこのシェベルだ。

艶が褪せてしまったボディは念入りに磨き上げ、インマニ、バルブ、ヘッド交換にハイカムの導入、フロントライナーへの変更にチャンピョンのアルミラジエター、電動ファンの追加などを経て、モッサリした走りを一新。細かい数値を計測したことはないが、体感的には300hpを超えるレベルまでパフォーマンスをアップ。

 

ミッションはモンスタートランスミッション製の強化ミッションを大阪のファーストで組んでもらって、細く頼りない純正ロアアームは太めのCPP製へ、エーデルのスウェイバーで足もとを強化しつつ乗り心地を考慮してビルシュタインショックをセット。C5に採用されるブレーキシステム移植して近々ハイドロブースとのマスターシリンダーへ換装の予定。

 

できることは自身でやりつつも、不安な部分はプロの手に委ねる。何もかもショップ任せで完璧に仕上がった車両に乗るのも悪くないが、埃をかぶり欠品パーツまみれだったシェベルを再生していく過程も含めて楽しむことこそが、ビンテージマッスルカーの醍醐味と言える。

埃まみれだった個体を徹底的に磨き、極艶ボディへと復活を遂げた67シェベル。購入してからグリルインナーの塗装、そしてグリル換装と二度ほどフェイス周りをお色直し。350のエンブレムはGM純正の当時物を購入。フェイス両サイドの尖ったデザインと、同じく尖ったテールがこのモデルならではのフォルム造型美で、以前愛用していたインパラクーペ、コンバーチブルの2台も同様。この顔に惚れ込んでいると言っても過言ではない。

66シェベルに乗る友人が以前履いていたモノを譲ってもらった17インチロケットレーシングホイール。前後共に225/50R17のタイヤをセット。C5 に採用されるブレーキシステムは近々ハイドロブーストのマスターシリンダーへ交換して制動力を強化。

通常は327 や383 を搭載するシェベル。350 搭載はおそらく前のオーナーが載せ替えたもの。気持ちよく走れる様にヘッド交換やオルタネーター、コンプレッサーなど、消耗部品一式をリフレッシュ。ハイカムを入れて電動ファンにチャンピョンのアルミラジエターで冷却対策も万全。ラジエターの形状が縦長でフロントバンパー下からチラっと見えるのが嫌だったので、チンスポイラーを装着。

インテリアは現状ほぼ買った時のままではあるが、既にダコタデジタルのRTX メーターを購入済みで、近々大阪のF.A.S.T で装着の予定。一件綺麗に見えるシートではあるが運転席側を中心にヘタリが出ている為、ベンチタイプのTMI バケットシートへ換装予定。こちらも既に発注済。時間をかけてコツコツと納得のいく仕様へと育てていく様な感覚もまた、一生モノの愛車だからこそ、味わえる楽しみと言える。


OWNER:Yassan


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


コルベットのLS1にスワップ、進化を続ける「レストモッド」【1976 シボレーシェビーIIノバ】

シボレーを代表する大衆車ノバをベースにモダンなアプローチでアップグレード。ストック状態からスタートし、リアルなストリートカーとして日常使用しながらも、現在進行形で進化を続けるレストモッド。

ローライダーとは一味異なる 大人の嗜みが、そこにある【1969y シボレーシェベル】

1964インパラコンバーを所有してローライダーライフを謳歌してきたHIDE1969さん。そんな彼が40代半ばで大人のアメ車道楽として選んだのが、紹介する69年型シェベル。ガレージに保管して眺めるよりも乗って楽しむマッスルカーライフに迫る!

どっちのスタイルがお好み?もちろんベルエアのことですよ!

50年代を代表するアメ車と言えば? もちろん人それぞれ答えは異なるが、多くの人がベルエアの名前を出すに違いない。歴代モデルの中でも特に第一世代は曲線を多用しており、可愛らしくもある。

ヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpを叩き出すマシン

400hpを越すクルマなんてレースだけの世界のことだと思っていたのが嘘のように、今やその倍の数値を出力するカタログモデルが販売されている。だがそれに満足することなくモアパワーを求める人がいればそれに応える人もいて、ヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpを叩き出すマシンが日本へと姿を現した!

ボロを纏えど中身は錦、まだまだ理想を追求し続ける【東海カーズ】

古いマンションをリノベーションするのが流行りだが、ビンテージカーにも同じことが言えるのでは? 中身をアップデートすることで、最新モデルにはないオリジナリティを追求できるが、カーズの場合はもう一歩先の独自の路線を貫く。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。