コルベットのLS1にスワップ、進化を続ける「レストモッド」【1976 シボレーシェビーIIノバ】

セダン

ビンテージ

シボレー

アメマガ2022年11月号

シェビーIIノバ

レストモッド

LS1

THRILL RIDES

シボレーを代表する大衆車ノバをベースにモダンなアプローチでアップグレード。ストック状態からスタートし、リアルなストリートカーとして日常使用しながらも、現在進行形で進化を続けるレストモッド。

THRILL RIDES


総合的なバランスを取りつつアップグレードを重ねる

1967 Chevrolet ChevyII Nova

フォード・ファルコンのライバル車として、開発から出荷までGM史上最短期間でデビューしたことでもお馴染みのシェビーII。ボディバリエーションはファルコンには存在した2ドアワゴン、セダンデリバリー、セダンピックアップをのぞいて、2ドアハードトップ、コンバーチブル、2ドアセダン、4ドアセダン、ワゴンでラインナップ。

 

戦後では初めて4気筒エンジンを採用するなど、エコノミーに特化したいわゆる大衆車としてGMを代表するモデル。62年のデビュー当初は設定の無かったV8エンジンも追加。

 

エッジが効いたシャープでスクエアなフォルムに一新した66年からの第二世代は、そのクールなルックスや、極めて希少ながらもハイパフォーマンス仕様も存在。ドラッグレースではスーパーストックで活躍したことから、ホットロッドシーンでは人気のベース車としてオールドスクールからハイテックまで、多種多様にアレンジされている。

この個体はストック状態から総合的なバランスを取りながらアップグレードを重ね、雪国の新潟エリアでストリートカーとしてリアルに活躍中。

 

02コルベットのLS1エンジンは、Hot Cam Kitのカム、バルブスプリングを組込んだうえで、エーデルブロックPro-Flo4によるEFI制御。連結する4速ATは4L60E。Pro-Flo4との連動品のリリースがない中、MSDのTCMを採用。サスペンション、パワーステアリング、エアコンなど、パーツの選定から加工/取り付けまで費用対効果も踏まえた絶妙なメニューが盛り込まれている。

 

性能、ルックス、コスト、満足度のバランスを踏まえて今後はミニタブ化やブレーキのアップグレードを予定。ホットロッドの基本理念である進化を続ける注目の1台だ!


モダンな車体色やブラックアウトによって、セミファストバックのルーフラインの美しさや角部のエッジが際立つ。性能、ルックス、目的とのバランスが取れたベストなプロポーションとなっている。ガーニッシュの配色&テールレンズのアレンジがモダンでクール。


モディファイしたLS1をシングルプレーンインテーク×マルチポートインジェクションで制御。ATは4速OD・4L60E。エンジンルームのスペースがタイトゆえの熱害回避にはC&Rレーシング製ラジエターに高品質のSPAL 製ツインファンで対応。

フロント足回りはCPP製ミニサブフレームキット。Qa1コイルオーバーの装着にはブラケットを製作して対応。リヤモノリーフ&Hotchkis Tuned 1.5 Street Performance Seriesショック。ホイールはFOOSEのLegendをペイント。

Borgeson製ギアボックスでパワステ化するうえでは、専用品が無いためステアリングコラムを切り詰め加工で対応。メーターはダコタHDXシリーズ。ステアリングはビレットスペシャリティ。エアコンはビンテージエアのG4を採用。


PHOTO&TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


67年モデルのシェベルマリブは当たり年、どれも尖っていて格好良い!

67インパラクーペ、67インパラコンバーチブルを経て現在67年モデルのシェベルを愛用するやっさん。しかもすべて漆黒のボディという偶然。ジンクスやエンジェルナンバーではないが、意地でも67年モデルにこだわりたくなる理由と、その魅力に迫る!

ローライダーとは一味異なる 大人の嗜みが、そこにある【1969y シボレーシェベル】

1964インパラコンバーを所有してローライダーライフを謳歌してきたHIDE1969さん。そんな彼が40代半ばで大人のアメ車道楽として選んだのが、紹介する69年型シェベル。ガレージに保管して眺めるよりも乗って楽しむマッスルカーライフに迫る!

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

どっちのスタイルがお好み?もちろんベルエアのことですよ!

50年代を代表するアメ車と言えば? もちろん人それぞれ答えは異なるが、多くの人がベルエアの名前を出すに違いない。歴代モデルの中でも特に第一世代は曲線を多用しており、可愛らしくもある。

ヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpを叩き出すマシン

400hpを越すクルマなんてレースだけの世界のことだと思っていたのが嘘のように、今やその倍の数値を出力するカタログモデルが販売されている。だがそれに満足することなくモアパワーを求める人がいればそれに応える人もいて、ヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpを叩き出すマシンが日本へと姿を現した!

 

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]