あえてハイグレードを避けた選択がマニア心を擽る!【1973 ポンティアックファイアーバードフォーミュラ350】

クーペ

ポンティアック

アメマガ2022年11月号

ファイアーバード

ファイアーバード フォーミュラ350

バーニーズ

三重県

THRILL RIDES

ここ最近、旧車価格が全体的に跳ね上がってきており、60~70年代のアメ車も1000万円を超えるプライスが付けられていたりする。しかし、ちょっと趣向を変えてハイグレードを避ければ、手が届くグッドコンディションなお宝も存在する。

THRILL RIDES


ブランドやグレードよりも程度を重視して選ぶべき

1973 PONTIAC FIREBIRD FORMULA 350

ポンティアックといえばファイヤーバードやGTOなどの人気が高く、ハイグレード志向がセオリー。マッスルカーらしく大排気量でトルクフルに、豪快な走りを魅せつけるのが鉄板。しかしあえてハイグレードを避けた選択肢も粋。

 

グレードよりもコンディション! 綺麗な個体はそれだけで希少価値が高まるのが昨今の旧車事情だ。本国はもちろん、日本でもすでに増え始めているレストモッドベースとなる個体は大半がニューエンジン換装を軸に、ドラムブレーキからディスクブレーキへ、クラシックエアーやヴィンテージエアーなどのエアコンシステムの導入など、時代に応じたアップデートが施される例も多く、当時のハイパフォーマンスモデルよりもベースモデルの方がこれらの作業で大きく上回るパターンも少なくない。

 

ナンバーズマッチやフルオリジナル志向のコレクターはさておき、ヴィンテージマッスルシーンにおいても多様性が高まりつつある昨今、グレード云々よりもコンディションの良し悪しこそ、シビアに見極めることが重要と言える。

紹介するポンティアック・ファイヤーバードはトランザムではなくフォーミュラ350。1973年型と言えば第2世代の前期モデル。翌年よりフロントバンパーが前方へ大きく張り出したショベルノーズへとフェイスリフトされ、1977年型からはイーグルマスクと呼ばれる角型4灯ヘッドライトへと移行。丸目で旧車心を擽るバンパーを持つモデルとして、1973年型はある意味マニア心擽るモデルだ。

 

また、当時オプションで用意されていた17インチアルミホイールの装着も特筆物で、ある意味社外品のホイールや15インチのノーマルホイールよりもトータルバランスに秀でる。

現車はプラグやプラグコード、イグニッションコイルなどの点火系一式、エンジンマウント、ミッションマウントなどの換装、ウェザーストリップなどのゴム類、リアバンパーやヘッドライト、フロアマットまで新品に換装済。同年代の車両たちと比べても実にお買い得!もちろんこのまま整備やメンテナンスを施しながら乗ることも、スパルタンなマッスルカーに仕上げていくことも、レストモッドに徹したカスタムを施すことだって可能。

ゼネラルモーターズ認定の認証工場であり半世紀以上の歴史を持つバーニーズなら様々なニーズに対応してくれるはず。マニアックなヴィンテージマッスルカーだからこそ、お店選びはこだわりたい。創業65年の歴史を持つバーニーズなら、旧車ビギナーのオーナーでも安心して乗れる一台を提供してくれることだろう。

ポンテアックといえばファイヤーバードと言うぐらい、ブランドを代表するメジャーモデル。いかにもマッスルカーたるフェイスは同年代のカマロと共通するパーツも多いがキャラクターで言うとまるで別物。良い意味で癖の強い独特の個性を持つ。ファイヤーバードはベーシック、エスプリ、フォーミュラ、そしてトップグレードのトランザムのラインナップとなり、現車は当時のファイヤーバードを象徴するハニカムホイールのオプション品である17インチを装着。

ダブルスクープを有するFRP ボンネットは多少歪みが出るもコレはご愛嬌。むしろモデルイヤーから換算すると大きな歪みはほとんどなく状態は良い。3速ATで5.7ℓの350エンジンを豪快に操る感覚は充分マッスル!アイドリング状態でもまるで鼓動を聞くかの如く、トルクフルなエギゾーストサウンド。もうそれだけでご飯大盛りをおかわりできるレベルだ!

エスプリとフォーミュラのみウッドトリムとなるダッシュパネル。ステアリングの換装程度でインテリアはオリジナルをグッドコンディションでキープ。ブラックレザーシートや内張りは経年劣化を感じさせないほど状態が良く、カーペットは新品へ張り替え済み。非常にクリーンな個体と言える。


THANKS:バーニーズ【BERNESE】

TEL:059-227-6365
http://bernese.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


半世紀近く経過したビンテージマッスルでも、幅広いネットワークを駆使し自社輸入を実施!

1970 Dodge Challenger
1973 Pontiac FireBird

左ハンドルのマニュアルを巧みに操るのが夢だった【1970 FORD MUSTANG MACH1】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

カリフォルニアモーターズが導入したマッハ1は右ハンドル仕様。

現在マスタングのなかで、スーパーチャージャーを搭載しないNAエンジンではトップグレードとなるマッハ1。アメ車乗りには左ハンドル信者も多いが、埼玉県のカリフォルニアモーターズが導入したマッハ1は右ハンドル仕様。

【C2コルベット】斬新で独創的なフォルムは半世紀の時を経ても色褪せない

1963年モデルから1967年までのわずか5年間のみリリースされたコルベットC2。スティングレイ(アカエイ)のサブネームが採用され、当時のアメ車とは一線を画す近未来的で独創的なボディラインは、アグレッシブな中に精巧で繊細な芸術的な印象すらもたらす。そのオリジナルの個性を可能な限り後世に残した個体がココに!

日本では割とマイナーな68年型ダッジ・コロネット

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

 

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]