グラインダータトゥーを皮切りに、巧みなカスタムペイントで世界中から注目を集めるROHAN

クーペ

ダッジ

アメマガ2022年12月号

ROHAN

130 DESIGN

チャレンジャー

グラインダータトゥーを皮切りに、巧みなカスタムペイントで日本を飛び込え世界中から注目を集める巨匠井澤氏率いるROHAN。その井澤氏が考案するラインワークを生かした独創的なエアロパーツブランドが紹介する「130DESIGN」だ

フォルム造型のみならず色の表現までを見据えた傑作


カーボン×ゴーストキャンディーで魅せる“臨場感”

ROHAN ORIGINAL EARO for 130 DESIGN
DODGE CHALLENGER

インスタグラムフォロワー数は10万人を超え、日本のみならず海外のカスタムシーンからも絶賛される匠、井澤孝彦氏。“究極のカスタムペイント”と称賛される通り、彼がこれまで手掛けた車両はどのジャンルにおいてもイベント会場でトップレベルの注目を集める。
 

また、アイズメタルやアイズキャンディ、アイズフレークなどの自社塗料の開発にも勤しみ、アイズコートやアイズコンパウンドといった専用のケミカル製品まで、ここ数年は納得のいく塗料やその後のメンテナンスにまでこだわり、カスタムペインターとしてだけではなくアフターメンテナンスにまで深く関わりを持ち、ユーザーと製作した車両が末永く極上の状態を保てるための努力を惜しまない。

そんなROHANからリリースされるエアロパーツブランドが「130DESIGN」。過剰な立体成型ではなく、純正と比較して約50mm前方へ張り出し、アンダー側へは+20mm厚みをもたらず隙のないデザインのフロントリップスポイラー。そしてフロント同様に後方へ50mm延長し、大きな立ち上がりを付けたダックテール型のリアウィング。クリア塗装済みのカーボンをベースに写真の様にキャンディレッドのゴーストペイントを加えれば、アングルによって表情を変え、フォルムの臨場感が高まる。純正然としたフォルム造型を崩すことなくスマートかつスポーティーなフォルムへと誘うシルエットは必見だ!

純正リップを外して装着するフロントリップスポイラーは厚み20mmアップ、フロント側は50mm延長の車検対応品。ダックテールは純正カメラを移植して使える様にするなど、車種専用設計ならではの配慮も抜かりない。スポイラーの価格はFRP(未塗装)が¥77,000で塗装済は¥110,000、塗り分け塗装は¥143,000で、 Carbon(クリア塗装済)が¥187,000となり、ダックテールもそれぞれ同価格だ。

2018年型のスキャットパック392、シェイカーフードボンネットをベースにグラインダータトゥ―ボンネットのカスタムペイントを施したチャレンジャー。キャンディレッドのゴーストペイントをあしらったスポイラーやダックテールが、このボンネットの色の上部と絶妙にマッチする。このほか、リーズナブルにワンポイントでグラインダータトゥーを楽しめるラッピングシートもリリースしており、フューエルカバーやグリルインナーなどアイデア次第で様々なアレンジが可能。価格はソフトタイプで¥9,720 ~/m。


ROHAN IZAWA ART DESIGN

TEL:0744-29-8090
https://www.rohan-izawa.com/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年12月号掲載


関連記事

RELATED


エアサスでもゼロヨンは可能、でもヘネシーの速さは異次元!

「カスタムカーって、見るだけで実際には走れないんじゃない?」と、そんなイメージを多くの人が持っているのでは。そんな先入観を払拭するために、コーストモータリングがゼロヨンという方法で、その走りを大検証してみた!

B5ブルーが印象的な2015年型のチャレンジャーヘルキャット

マッスルカーに乗るなら、その走りをとことん味わいたい。そう考えるオーナーが集まるCAR BOX。東海地区に住む沢田さんは、距離を気にすることなく広島に足繁く通うそうだが、その理由について伺ってみた。

ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入

頭文字Dに影響を受けて初めての愛車はホンダ・S2000。そして今度は、ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入した青木さん。漫画や映画に出てくるクルマを、実際に乗ることが青木さん流の楽しみ方だ。

創造を巡らしチャレンジャーを新境地へと誘う【コーストモータリング】

東京オートサロンに6年連続で出展しているコーストモータリング。3年連続で同一車両を披露することとなった2024年はどんな仕掛けで我々を魅了したのか? その全貌を詳解しよう。

LUXZとWORKが奏でる 究極のハーモニー

チャレンジャーの魅力をさらに引き出し、独自のスタイルを産み出したLUXZ。オリジナルのボディキットの存在感はまさに圧倒的だが、そのスタイルを完成させるために必要不可欠なパートナーがWORKだ。

 

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger