最後を飾る特別なチャレンジャー&チャージャー

クーペ

ダッジ

アメマガ2023年2月号

チャージャー

チャレンジャー

モダンマッスルの先頭をひた走ってきたチャレンジャー&チャージャー。だが、その終焉の日は刻々と近づいている。何だか寂しいような気もするが、次なるモデルも披露されたことで、新たな愉しみもまた見出されている。時代の移り変わりに合わせてクルマも進化を遂げながらモパーマッスルは限界まで突き進むことを止めない!

TO THE LIMIT!!


生産終了に向けて7種の特別モデルを投入!

嘘か本当かと言われていた、チャレンジャーとチャージャーの生産が2024年で終了する。アメリカは2035年までに「連邦政府の車両全てを、ガソリン車から電気自動車(EV)などのゼロエミッション車に切り替える」と大々的に発表しており、その流れを汲んだ動きだ。

そして、この生産終了の発表と同時にダッジがリリースしたのが、ラストコールと呼ぶ7種類の特別限定シリーズを順次発表すること。この7種類は、チャレンジャーに7種類、チャージャーに7種類ではなく、2台トータルで7種類であり、2台共通の特別モデルは1種類のみとなる。

 

順調にシリーズが発表されていき、大トリの7番目は11月初旬に開催されたSEMAショーで発表となる予定だったが、延期となってしまった。噂では、チャレンジャーをベースにデーモン以上のモンスターマシンとも言われ、そのエンジントラブルだったとも…。ともあれ、7番目の発表がされる前に6種類のオーダーはスタート予定。7番を見て決めるかそれとも…。全て限定モデルだけに、悩ましいところだ。

Last Call No.1 DODGE CHALLENGER SHAKEDOWN

ラストコール第1弾として発表された、チャレンジャー・シェイクダウン。シェイクダウン・レッドストライプが大きな特徴で、レッド392フェンダーグラフィックやレッド6ピストンブレンボブレーキ、レッドステッチが施されたアルカンターラシートになっている。

1,000台限定で、デストロイヤーグレーのスキャットパック、ピッチブラックのスキャットパック・ワイドボディに各500台が割り当てられる。

Last Call No.2 DODGE CHARGER SUPER BEE

第2弾はボンネットのグラフィックが特徴の、チャージャー・スーパービー。スキャットパックがベースとなり、1,000台限定でプラムクレイジーのスキャットパックが500台、B5ブルーのスキャットパック・ワイドボディが500台となる。B5ブルーのストライプグラフィックはブルー。ドラッグラジアルタイヤ、ドラッグモード付きのアダプティブダンピングサスペンション、SRTフード、デュアルヒートエクストラクタ、SRTブラックエキゾーストチップなどを装備。

Last Call No.3 DODGE CHALLENGER SCAT PACK Swinger

第3弾は、チャレンジャー・スキャットパック・ワイドをベースにするスウィンガー。名前は1960~70年を代表するマッスルカー、ダッジ・ダートの2ドアモデルであるスウィンガーから取られ、特徴はゴールドの20インチホイールとゴールドのシェイカーフード。ボディカラーはF8グリーンとサブライムグリーンがあり、オプションでホワイトナックルの選択も可能。シートはグリーンステッチ入りのアルカンターラ。1000台限定。

Last Call No.4 DODGE CHARGER SCAT PACK Swinger

チャレンジャーと同じくスウィンガーの名が与えられて、第4弾として登場のチャージャー・スウィンガー。こちらもベースはスキャットパック・ワイドボディで、スウィンガーグラフィック、ゴールドの20インチホイールを装着。ボディカラーはチャレンジャー版と同じく、F8グリーン、サブライムグリーン、オプションのホワイトナックル。シートも同じく、グリーンステッチ入りのアルカンターラになるなど、至る所にグリーンが配色されている。1000台限定。

Last Call No.5 DODGE CHARGER KING DAYTONA

第5弾となるキングデイトナは、チャージャー・SRTヘルキャット・レッドアイ・ワイドボディがベース。1960~70年に掛けてドラッグレースで活躍したチャージャーに付けられた名前が「キングデイトナ」で、その名前を取り入れた。エンジンはレッドアイと同型6.2ℓV8スーパーチャージャーだが、馬力はレッドアイの797hpより10hpアップさせた807hp。ブレンボキャリパーもオレンジで、ボディカラーはゴーマンゴーのみ。シートはブラックアルカンターラにオレンジのステッチが入る。これまでのモデルは1000台限定だが、キングデイトナは300台限定とかなり少ない。

Last Call No.6 DODGE CHALLENGER BLACK GHOST

第6弾はチャレンジャー・SRTヘルキャット・レッドアイ・ワイドボディをベースにするブラックゴースト。1970年代に出没したハイスペックのチャレンジャーのニックネームが「ブラックゴースト」と呼ばれ、その名前を与えられた。一番の特徴はゲイタースキンと呼ばれるオリジナルルーフグラフィックで、他にリアフェンダーグラフィック、フロントDODGEロゴ、ボンネットピン、サテンカーボンの20×11Jホイールを装着。搭載するエンジンは、チャレンジャー・スーパーストックと同じ807hpを発揮する。ボディカラーはピッチブラックのみで300台限定となる。


2023年のスタンダードモデルも大きな変化で登場予定!

最速のコンバーチブルが遂に設定される!

チャレンジャーにコンバーチブルが設定される。アメリカで最も古いコンバーチブルビルダーである「ドロップカスタムズ」が製作となり、ダッジ車両工場からクルマが直接配送され製作。R/T、R/Tスキャットパック、SRTモデルに設定されるとのことで、ヘルキャット・コンバーチブルも可能となる。

人気のボディカラーB5ブルーやプラムクレイジーが復活!

ラストコールに合わせ、過去に人気だった3種類のヘリテージエクステリアカラーであるB5ブルー、プラムクレイジーパープル、サブライムグリーンを復活させ、近年注目を浴びたデストロイヤーグレーも再設定されるようだ。


アメ車マガジン 2023年2月号掲載


関連記事

RELATED


交点数の多いクラシカルデザインのメッシ ュを特徴とするワークVS XV

2つのリムとディスクという、文字通り3つの部品から構成される3ピースホイール。サイズはもちろん色の自由度も極めて高く、まさにカスタム派のためのアイテムと言える。

ワイスピにハマった息子がキッカケでチャレンジャーライフがスタート!

長年取材してきた経験から、チャレンジャーやチャージャーに乗る方の多くはワイスピに何らかの影響を受けている傾向が強い。しかし息子がハマって親が買うってパターンはレア。そのキッカケと真相に迫る!

シェイカー乗るなら392! 赤いボディに赤い内装も譲れない!

乗りた車が明確な人は一切の迷いが無い。この色、このエンジン、そしてこの内装!予算で妥協しても後で後悔することを知っている彼女は、賢い買い物が出来る人。そんな女性は、自分時間の使い方も凄く有意義だったりするものだ

ロードムービー等、様々な洋画で憧れを抱く名車 チャレンジャー&チャージャー

VINTAGE MOPAR FANATICS
1970 DODGE CHALLENGER
1968 DODGE CHARGER R/T

近代モパーに魅せられた二人の美女、行き着く先はヘルキャット!

#アメ車女子のライフスタイル アメマガガール MARINO & YUKA
DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT
DODGE CHARGER SRT HELLCAT

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】