ジープの功績、SUVの原点を華麗に創出【グランドワゴニア】

SUV

ジープ

アメマガ2023年3月号

アズールモータリング アメリカンショールーム

愛知県

グランドワゴニア

Jeepに首ったけ

SUVの先駆者といえるジープ・ワゴニア/グランドワゴニアが、2023年に復活をした。1991年まで発売されていた先代は、大胆にボディ側面にウッドパネルを装飾するなど、アメ車の長い歴史においてもその個性は際立つ。約30年の時を経て新型が登場することで、改めて先代は注目されるだろう。アズールモータリングでは、そんな先代グランドワゴニアが絶賛発売中だ。

Jeepに首ったけ


新型の登場!だからこそ先代に乗る!

1988 JEEP GRAND WAGONEER

23年モデルとして復活した、新型ジープ・ワゴニア&グランドワゴニア。グランドチェロキーLよりもワンランク上に位置し、ジープでもっともラグジュアリーなモデルになる。

 

1962年に登場したワゴニアは、ステーションワゴンを派生としたスタイルにATを搭載する初の4WD車であることから、今で言うところのSUVの先駆けと言っていいだろう。その後82年には、レザーシート、エアコン、パワーウインドウなどの快適装備を追加した高級モデル・グランドワゴニアを投入。生産は91年まで。

 

今回アズールモータリング・アメ車ショールームで撮影したのは、88年型グランドワゴニア。元々、前オーナーの為にAZRが独自のルートで仕入れたクルマで、長年大事に所有していたオーナーが手放し、この度AZRに戻ってきた車両となる。寒さもあって一発始動とまではいかなかったが、A/CやPWは修理済。

ワゴニア/グランドワゴニアを象徴する外装のウッドパネルは、さすがに30年も経過すれば劣化はする。メッキパーツも含めて、仕上げていく楽しみが残されていると捉えたい。本国と太いパイプがある同ショップだけに、パーツを見つける上で心強い味方になるハズだ。一方インテリアは、前オーナーが天井張り替えを行なったことで驚くほど綺麗で、カロッツェリアのデッキが付いてはいるが、当時の高級車らしいデザインがそのまま残されている。

 

長年様々なモデルを扱う同ショップでも、グランドワゴニアが在庫しているのは記憶にないほど珍しいと言う。新型の登場で、再び脚光を浴びる先代グランドワゴニア。アメ車を代表するレジェンドモデルを、今のうちに手に入れるべきかもしれない。

ワゴニアが角目ヘッドライトのフェイスに変更されたのは1973年。それ以降は大きなデザイン変更もなく、82年にグランドワゴニアが追加されて91年まで生産がされた。エンジンはオリジナルの5.9ℓV8を搭載。ホイールも純正の15インチをしっかり履いている。

ワゴニア/グランドワゴニアのアイデンティティであるウッドパネル。ボディに大胆にウッドを張り込んだデザインは、もう二度と現れないだろう。流石にパネルの純正新品は手に入らないが、アメリカでも人気モデルだけにリペアパーツが存在するかもしれない。

80~90年代の高級車の証はウッドパーツ。グランドワゴニアにはインテリアにもウッドが豊富に装飾され、電動レザーシート、パワーウインドウ、エアコンなど当時の快適装備が満載。30年が経過したモデルだが、前オーナーが天井を張り替えるなど綺麗な状態。


AZZURRE MOTORING アメリカンショールーム
TEL:0562-95-1118
http://azzurre-motoring.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年3月号掲載


関連記事

RELATED


愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

違いと変化を演出するBCDボディキット【グランドチェロキーL】

ジープ・グランドチェロキー専用のボディキット「BCD」をプロデュースするセンスが、新型グランドチェロキーL用BCDボディキットを2023年2月から発売している。純正デザインを崩さず違いを演出するテーマはそのままに、新作はよりスタイリッシュなデザインになっている。

1963から1991まで29年間販売された長寿モデルのグランドワゴニア

1990 Jeep Grand Wagoneer

アメ車だからとか、ジープだからじゃなく、ワゴニアが良い!

2020年の夏に取材したブラストレイルのトレーラーをけん引するお洒落キャンパーの中村さん。その彼がワゴニアを購入するキッカケになったのが、今回紹介する岡本さんだ。

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポ レーション

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポレーション。老舗として培ってきたUSのリアル、そして日本人が好むアメリカンSUVの在り方を知り尽くすエキスパートから、ラングラーカスタムの現在地を探る。

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429