【JACK THE RIPPER】アメ車乗りが営む散髪屋

ショップ

アメマガ2023年9月号

JACK THE RIPPER

千葉県

ベルエアー

エルカミーノ

切り裂きジャックこと「JACK THE RIPPER」。これを屋号としたスタイリッシュな理容室がある。こだわりアイテムやアメ車で満たされた店内は、アメ車オーナーも楽しめる空間と時間が用意されている。


ここでしか味わえない、特別な空間と時間を提供

BARBER SHOP JACK THE RIPPER
TEL:090-1298-7310(予約番号)
URL: https://jacktheripper3110.com/

武骨でビンテージ感のある外観を持つ理容室が「JACK THE RIPPER(ジャック ザ リッパー)」。ここは独特なスタイリッシュ空間を重視したトラディナルバーバーであり、2023年の5月にオープンしたばかり。

 

このトラディナルバーバーをコンセプトとした理容室は、理容歴42年という斉藤佳孝氏が経営するろお店で、ほかにも「キルカソルヨ Ground Floor」、「キルカソルヨウエスト」、「BARBERIAN(バーバリアン)」という系列店を持ち、そのどれもが個性的な内外装とした異色の理容室なのである。

 

そしてこのトラディナルバーバーであるJACK THE RIPPERでは理容師歴9年の斉藤達郎店長が腕を振るう。

店内でまず目を惹くのが、1930年代のフォード・タイプBのカスタムモデル。V8ユニットへの換装やチョップドトップ、ストレートエキゾーストなどのフルカスタムが実施されたこれは、ナンバーこそ取得していないが、動態保存で店内のオブジェとしてディスプレイされている。

 

「バイクを飾る理容室などは珍しくありませんが、クルマを店内に飾る理容室はめったにないですよね(笑)。このフォード・タイプBを筆頭に、ビンテージアメリカンなアイテムを配置することで、ここでしか味わうことができない空間で散髪や髭剃りを提供することが、他店にはないJACK THE RIPPERの特長です」と斉藤店長。

事実、店名や外観からして興味をそそられていたが、店内に入るとよりワクワクした気持ちになれる理容室なのだ。また、ビンテージアメリカンな雰囲気は斉藤店長の手腕とも繋がっており、リーゼントやパーマといったアメリカンなヘアデザインも得意としている。

 

このJACK THE RIPPERを始めとしたトラディナルバーバーのオーナーである、斉藤佳孝氏の現在の愛車が1959年型のシボレー・エルカミーノだ。製造期間は2年に満たない希少なシボレーのセダンピックアップで、アメ車専門店のベルエアーから購入し、その後メンテナンスも同店で行われている1台。

内外装の多くはオリジナルをキープしているが、特徴的なベッドスペースには、ベルエアーで製作されたワンオフのフラットトノカバーが付く。この装着によりピックアップトラック感は希釈され、伸びやかなリアビューを作り出している。

 

「このエルカミーノは特別な存在。今のクルマでは味わうことができない雰囲気とデザインは、ずっと所有していたいと思わせるクルマです。エンジンや足回りも含めて、すべてが絶好調を維持していることも、高い満足感を与えてくれる理由のひとつだと思います」。

カッコイイに埋め尽くされた空間で行う大人の散髪

レンガ調の外観とし、窓はあえた小さくしているというJACK THERIPPER。入店後、ここでしか味わえない空間を存分に楽しんでもらうため、外は極力見せない作りにしてあるそうだ。

入り口のすぐ右側には、アメリカの郵便局で使用されていたというビンテージキャビネットが置かれ、その奥にフォード・タイプBが飾られている。日本製の散髪チェアもビンテージ品で、アメリカンな雰囲気を醸し出している希少な椅子だ。

ウエイティングチェアは英国の映画館で使用されていたビンテージムービーチェア。折りたたみ式のこのイスに座って待っている時間もワクワクしたものとなる。シャンプー&コンディショナーはジャックダニエルのボトルを流用しているところも実に洒落ている。

MAC TOOLSのミドルキャビネットは、散髪用の収納アイテムとして使用。こういった細かい部部にまで徹底的にこだわっているお店なのだ。

1930年代のフォード・タイプB。V8エンジンへの換装、サスペンションの変更、チョップドトップ、ストレートエキゾーストなど、いわゆるレストモッドを実施した1台で、実走も可能なコンクールコンデョションを保っている。後ろの大きなスチール製のトビラが、このフォード・タイプBの搬入口にもなっている。

インダストリアルとクラシックをミックスしたロックな空間の理容室とした「JACK THE RIPPER」の斉藤達郎店長。師匠でもある斉藤佳孝オーナーの影響を強く受け、アメリカンカルチャーやアメ車も大好きという腕の良い理容師だ。

'59 Chevrolet El Camino

1959年型シボレー・エルカミーノ。新車時にホワイトかレッドを選択できたというサイドラインは、オリジナルのレッドへとリペイントしている。

エンジンブロック自体はオリジナルだが、各部のカスタムとオーバーホールを実施済み。ハードトノカバーはベルエアーのワンオフもの。


BARBER SHOP JACK THE RIPPER

住所:千葉県袖ヶ浦市袖ケ浦駅前1-27-23
TEL:090-1298-7310(予約番号)
URL: https://jacktheripper3110.com/
営業時間:9:00〜19:00
定休日:毎週火曜日、第2第3月曜日 但し5週ある月は、第2第3第4月曜日

御予約:下記URLからLINEの友達追加をしていただき
https://line.me/R/ti/p/iBzexRYgFE
①お名前 ②施術内容 ③御希望日 ④御希望時間帯をお書き添えの上、御予約ください


BELAIR【ベルエアー】

千葉県市原市君塚1丁目33-5
TEL:0436-26-5700
https://www.belair-limo.co.jp/

新車からビンテージまで、幅広いアメ車の販売を行っているベルエアー。整備工場や板金塗装工場も系列店に持つ、販売もカスタムも整備にも強いところだ。


PHOTO:清野央
TEXT:マーク清原
アメ車マガジン 2023年9月号掲載


関連記事

RELATED


90年代から四半世紀に渡る営業を経て、寝屋川市駅からすぐの場所に【SOUL FOOD BAR BUTCH】

大阪のベッドタウン寝屋川市、南北を結ぶ外環状線(国道170 号線)から一本入った場所で25年間継続してきた「SOUL FOOD BAR BUTCH」が節目となる四半世紀を迎え、寝屋川市駅からすぐの場所に!

1950年代ミッドセンチュリーのアメリカと常滑のカルチャーを融合【CENTRAL DINER】

招き猫の街として知られる愛知県常滑市。猫(キャッツ)と言えばロカビリーアーティストの名称でも多用され、ミッドセンチュリーなアートの多くも猫をテーマにしたものが多い。それをオーバーラップしつつ、絶妙にカルチャーを融合させた50'sアメリカンダイナーが「セントラルダイナー」だ。

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ずっと憧れ続けていた、エアストリームを大人買い

アメ車乗りの方にとってエアストリームは憧れの一つ。誰しも一度は欲しいと夢を見たこともあるだろう。そんなエアストリームをなんと4台! しかも同時期に手に入れた強者が、紹介するエアストリームランダーカフェを営むMakotoさんだ。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】