日本中が狂喜したイベントが2023年も富士にやって来た!【FUELFEST TOKYO JAPAN 2023】

イベントレポート

アメマガ2023年11月号

FUEL FEST TOKYO JAPAN

FUEL FEST TOKYO JAPAN 2023

11th Aug 2023
FUELFEST TOKYO JAPAN 2023
@ FUJI SPEEDWAY


クルマが登場する映画は数々あるが、今やワイルドスピードはその最右翼。その世界観に憧れるファン感謝デーというべきイベント「FUELFEST JAPAN」が2023年も開催された。

FUELFEST JAPAN TOKYO 2023

映画が好き、クルマが好き、アメリカの世界観が好き。そんな様々な人を虜にしてやまないワイルドスピード。2023年に最新作が公開され続編に否応なく期待してしまうが、そのすべてがリアルに体感できるのが、FUELFESTの最大の魅力。ムービーカーだけでなく、しかもアクターたちも来場。スクリーンの中でしか見たことのないハンが、ローマンが目の前で見られるのは大興奮以外の何物でもない。

2023年も2022年と同じ8月11日に富士スピードウェイで開催され、多くのファンが集結。ただクルマを眺めるだけでなく、イベントの最後はエントリーした全車でパレードランを開催するという、参加型イベントでもある。2023年はポール・ウォーカーの没後10年という節目であり、参加車両のクラクションがコースに響き渡り、皆で彼へのレクイエムを捧げた。ちなみにFUELFESTは毎年8月11日に開催予定。毎年この日はアメ車乗りの大事な日として忘れずに覚えておこう!

コディ・ウォーカーやサン・カン、さらには2023年初参加のタイリース・ギブソンが見守る中、パレードランがスタート。ストレートを埋め尽くすほどのクルマが集結した。

Shop Booth

本誌でもお馴染みのショップやパーツブランドがブースを出展。ローハンやクアート、ノースパインツリーなどがデモカーを展示。また覇王ホイール、サビーニ、NITTOタイヤなどパーツメーカーも、インパクト抜群の車両を展示しており、多くの来場者の目を楽しませてくれたことだろう。

オリドパラダイス

イベント会場では、MAX織戸氏がプロデュースするオリドパラダイスも開催。2022年大好評だった、どこまで近距離でクルマ停められるかを競う「前止め選手権」も開催。優勝者には横浜タイヤからタイヤ1セット分が贈呈された。

FOMURA DRIFT JAPAN

ジムカーナコースでは、フォーミュラードリフトも開催。各選手の熱い走りを間近で体感できる絶好の機会。多くのギャラリーが、その果敢な走りに注目していた。

Special Guest

2023年のスペシャルライブには、きゃりーぱみゅぱみゅさんさんが登場! ワイルドスピードのスープラに乗って颯爽と登場し、アップビートな曲で会場を大いに沸かせてくれた。一流アーティストのライブが楽しめるのも、FUELFESTの醍醐味だ。

ワイルドスピード各作品に登場したムービーカーたちも、パドックに勢揃い。R32 GT-Rやスープラに加え、チャージャーやチャレンジャーも展示。スクリーンでは見えない部分まで、しっかりチェックして頭に焼き付けられたかな?

FUELFESTにはショップやメーカーだけでなく、一般ユーザーもエントリーが可能。様々なジャンルのアメ車が並んでいたが、その中にはアメ車マガジンに登場した山河さんのリムジンやコディアックの姿もあり、多くの人が写真を撮影。様々なクルマが見られるのも、このイベントの良いところだ。


主催:FUELFEST JAPAN TOKYO 2023
https://fuelfest.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2023年11月号掲載


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】