シボレーステップバンP10は、今や希少な存在であり、入手できる機会は極めて少ない。

バン

ビンテージ

シボレー

P10 ステップバン

1970-1980

シークカーセールス

アメリカンビンテージvol.04

多彩な可能性を持つ珍しい商用車


[vc_row][vc_column][vc_column_text]
AMERICAN DAILY VINTAGE CAR 気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。
1970-1980年代 オイルショックやマスキー法の成立など、時代の流れに翻弄されたのが、この時代。クルマ作りにおいても大きな変革期を迎えることになる。
[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="ケータリングカーなど多彩な使い方ができる希少車 1978y CHEVROLET STEPVAN P10 【シボレー・ステップバン】"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]イベント会場に登場するケータリングカーなどには、車内で調理できるなど特殊な改造が施される。そのベースとなるクルマの候補は多々あるが、雰囲気満点のビンテージアメリカンスタイルなら、その佇まいも相まって、注目を集めること請け合い。希少なステップバンP10なら間違いなし。 1978y CHEVROLET STEPVAN P10、1978年 シボレー・ステップバンP10[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="First Impression キッチンカーやトランスポーター 多彩な可能性を持つ珍しい商用車"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]キッチンカーやトランスポーターは、機能性が重要であるのと同時に、その佇まいも重要だ。ビンテージなアメ車をベースとしたキッチンカーなら、その雰囲気だけでも目立てるし、美味しそうに見えるから不思議なものである。ベース候補となるステップバンは、今や希少な存在であり、入手できる機会は極めて少ない。実はこの1台もすでに広島への納車が決まっており、これからカスタマイズを施す段階だ。 しかし期待してほしい。シークには6~7月にかけて、もう1台(84年式)同型車が入庫する予定だという。入手元はアリゾナでボディカラーは白(カスタマイズ時に塗り替えるだろうが)となる。同店はこれまで多くのステップバンを扱ってきた実績があり、その整備やカスタマイズには豊富なノウハウを持っている。 リアゲートは観音開きスタイルで、運転席・ 助手席はスライドドアでアクセスできる。 リアゲートは観音開きスタイルで、運転席・助手席はスライドドアでアクセスできる。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]Topic! 商用カスタムの例。 ケータリングカーとして使用するケースが多く、また、バイクなどを運ぶトランスポーターとしてカスタマイズすることもできる。 以前にシークで実施した、商用カスタムの例。ケータリングカーとして使用するケースが多く、また、バイクなどを運ぶトランスポーターとしてカスタマイズすることもできる。希望通りに仕上げてくれるので、まずは相談してみよう。 サイドに跳ね上がる窓をつけるなど、大掛かりなボディワークにも応えられる。サイドに跳ね上がる窓をつけるなど、大掛かりなボディワークにも応えられる。 サイドに跳ね上がる窓をつけるなど、大掛かりなボディワークにも応えられる。使い方に応じたアレンジは、適法なら柔軟に対応可能。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]自由にカスタマイズすることもできる。ビジネスの可能性を広げてくれるパートナーだ。 車内には運転席・助手席だけがあり、それ以外は何もない広大な空間。以前に使われていた状態が一部残っており、これを残して使ってもいいし、自由にカスタマイズすることもできる。ビジネスの可能性を広げてくれるパートナーだ。   見た目はここからどのようにでもアレンジできる。 これからカスタマイズを行う状態のため、素のコンディション。見た目はここからどのようにでもアレンジできる。 運転席と助手席の間に鎮座するエンジン。通常は直6エンジンだが、取材車は5700ccのV8 350エンジン(80年代後半 ~90年代前半)に載せ替えられている。 無骨なホイールに装着するホイールキャップも4つそろっている。 運転席と助手席の間に鎮座するエンジン。通常は直6エンジンだが、取材車は5700ccのV8 350エンジン(80年代後半~90年代前半)に載せ替えられている。なお、無骨なホイールに装着するホイールキャップも4つそろっている。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="Profile of the car 長い歴史を持つウォークスルーバン"][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]アメリカの商用車の中に車内をドライバーが歩いて移動することができる、いわゆるウォークスルーバンが登場したのは古く、実に1920年代のことである。主として都市部の小口商品配送などに重宝されたこの手のバンは大量生産されるといった性格ではなかったものの、常に一定の需要があった。さらに戦後になるとシャシーを戦後型に一新し車体を大型化したモデルが登場することとなる。シボレーのP10ステップバンは「ステップバン」というおなじみの呼称が車名に採用された記念すべき存在だった。そのメカニカルコンポーネンツは基本的にはC型ピックアップと同じであり、ボディのサイズなどは顧客のオーダーに合わせてその都度細かくオーダーすることもできた。1960年代はややクラシカルだったルックスも1970年代に入るとスクエアを基調としたものとなったが、メカニズム的に大きな変化はなかった。またボディを架装していなかったベアシャシーはモーターホームのベースとしても重宝された。 本国でもデリバリーカーとして長年使われていたステップバン。 本国でもデリバリーカーとして長年使われていたステップバン。商用車としての信頼性は高く、タフな設計であるため適切に扱っていれば長く使用できる。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■取材協力:シークカーセールス 所在地:愛知県岡崎市稲熊町後田4-3 TEL:0120-026-444 http://carshop.aichi.jp/ シークカーセールス、愛知県岡崎市[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×