実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Camaro IROC-Z】

クーペ

シボレー

TPI350

カマロ

IROC-Z

Chevy

サードカマロ

クォーターガラスを持たない独創的で美しいスタイリングの2ドアクーペとして12年に渡りラインナップされたセカンドジェネレーション・カマロ。82年からのサードでは、そのセカンドの流れをくんで正常進化を遂げている。


歴代カマロを通して最もカマロらしさを備え、スポーツモデルとしても総合的にバランスの取れた魅力的なモデルがサードジェネレーション・カマロだ。中でも、最も人気が高くコレクタブルカーになりつつある「IROC-Z」を紹介しよう。

0S7A9393 0S7A9487

クォーターガラスを持たない独創的で美しいスタイリングの2ドアクーペとして12年に渡りラインナップされたセカンドジェネレーション・カマロ。82年からのサードでは、そのセカンドの流れをくんで正常進化を遂げている。カマロが持つ本来の魅力を保持しながらも、スタイリングをはじめ、総合的な運動性能や、快適性も含めたアップデートによって時代のニーズに対応した。

ボディスタイリングは、セカンドをよりシャープに引き締めたイメージで、より疾走感のある直線基調のデザインが特徴的。そして、全長では約200mm、全幅は30mm、全高で15mmと全体的に縮小されている。また、年代と共に増加傾向となっていた車重においては、セカンドに対して200kg以上も軽減されているのも大きな魅力だ。

エンジンは往年のOHVを引き継ぎながらも、Z28のクロスファイヤーインジェクション以外の初期のみキャブレターが採用されたが、その後はTBI、TPIと独自のインジェクションシステムを採用。トランスミッションではMTは4速から5速、ATでは3速から4速へとアップデートされている。

バリエーションでは、ベーシックなスポーツクーペ(正規輸入のヤナセではRSとして販売)、ベルリネッタ、Z28、IROC‐Zで構成。ほかに希少なパッケージとして、強化ブレーキやアルミ製ドライブシャフト、エアコンを撤去するなどで、IROC‐Zをよりパフォーマンス指向に振ったレース向けともいえる1LEなども存在する。

デビュー当時より日本でも人気が高く、それなりの台数が輸入されたが、その反面、中古市場では低額で叩き売られた時期もあり、ストックをキープする良い状態での現存数は極めて少数とあって、近年ではむしろバリューが高まっているのだ。

0S7A9398 0S7A94170S7A9509

スタイリングはセカンドジェネレーションの流れを汲んで正常進化し、2ドア・クーペとしてよりスタイリッシュになったサードジェネレーション・カマロ。リアガラス部は跳ね上げ式に開口するハッチスタイルとなり、その分独立したトランクはなし。

80sならではのレーザーエッジなスタイリングはサードならではの魅力だ。そして、セカンドよりも全体的にサイズがコンパクトになり、取り回しが良い上に車重は200kgも軽量なのも大きなチャームポイントなのだ。

0S7A9441 0S7A9446

エアバッグが初採用されたことに伴って、メータークラスターのデザインは“ハーフムーン”スタイルにアレンジされ、サード最終となる92年まで採用された。中古市場に出回った個体はタコメーターに不備を訴えるケースが目立ち、この個体も例外ではなかったが、すでにリフレッシュ済み。

0S7A9430 0S7A9449 0S7A9456 0S7A9460

82年から92年までの10年間ラインナップされたサードにおいて、90年型というと、エアバッグが初採用されたことや、エアフロセンサーがアップグレードされたり、そしてIROC‐Zが最終となった年。その90年型は、サードカマロにおいては販売台数は僅か3万5000台程度と、最も少なかった。

85年から88年までにラインナップされたZ28が消滅し、唯一のハイパフォーマンス・パッケージのIROC‐Zにおいては、クーペは4213台、コンバーチブルは1294台と、メジャーモデルのカマロにしては、極めて少数で、この年をもって消滅…。ちなみに、SCCAのレギュレーションに見合う往年のパフォーマンス・パッケージである1LEが90年に復活するも、その出荷台数も、91~92年に比べて極めて少ない62台と、90年型は、とにかく少数となっている。

中古市場で底値となった時期には、パワートレインを旧車にスワップするためのドナーとなったケースが多く、ストックを保持する良い状態の個体は極めて少ない。この個体は、正規ディーラーのヤナセ販売車両であり、走行距離は3万km台のローマイル車。機関は良好で、内外装も目立つダメージなどはなかったが、ペイントの加修に合わせて、エンブレムやデカールを一新。

時間の経過と共に、サードカマロの魅力が再認識されているが、その割には現存数が少ないため、市場でのバリューは、もはやC5コルベットよりも高まっているのだ。

0S7A94130S7A9516

初採用されたエアバッグ付のステアリングはともかく、Aピラーの傾斜角のある深いダッシュや、アナログ表示のゲージなど、スポーツモデルならではのファクターによって気分的にもその気にさせられる。

TPIによる350エンジン&700R4のATは良好で、パワーと扱いやすさのバランスが良く、アメ車ならではのATによるイージードライブを楽しみながらも、スポーツ走行でもストリートでは十分なポテンシャルを兼ね備えている。それだけに、実用からホビーまでオールマイティに対応できるのが魅力!

0S7A9502

IROC-Z用のホイールは、そのデザインの良さでインチアップした社外品なども沢山リリースされているが、IROC-Z最終となる90年型では開口部が台形となる後期型。装着タイヤはIROCホイールの純正サイズと同等の前後共にYOKOHAMA GP 245/50R16。91年以降のアルミホイールもデザイン的には似ているが、そもそもIROC-Zが消滅しているため別物なのである。

0S7A9469

搭載するエンジンは87年からラインナップされた5.7?のTPI。ハイパフォーマンス仕様(245hp)のエンジンなため、IROC-Zのクーペにのみ搭載される。トランスミッションは、4速ATの700R4。TPI350を搭載するIROC-Zであっても、ファイナルレシオは標準で2.77。パフォーマンスアクセル・パッケージ(G92)には、3.27または3.45が選択可能だった。

Special Thanks ◆ Auto Raid

Phone ◆ 0766-52-8830

URL ◆ http://www.auto-raid.com/

Photo ◆ Hiroshi Nose

Report ◆ Hideki Ishibashi

2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429