絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20年間アストロに乗り続けています!

バン

シボレー

埼玉県

PIT IN AKUTSU

アストロ

アメマガ2018年8月号

カリフォルニアカスタム

ピットインアクツ

どんなに大好きなクルマでも、長年乗っていればマンネリして違うクルマに乗りたい誘惑があるものだが、YOSHIさんは20年間アストロ一筋だ!


アメ車大好きオーナーに注目!

IMG_1092

1995 CHEVROLET ASTRO

California Custom Snowboarder オーナー/YOSHIさん

どんなに大好きなクルマでも、長年乗っていればマンネリして違うクルマに乗りたい誘惑があるものだが、YOSHIさんは20年間アストロ一筋だ!

広い心でクルマと付き合えばトラブルも対処できる

アストロが大好きで、これまで何台ものアストロに乗り続けてきた埼玉のピットインアクツ代表阿久津社長。その社長が「是非取り上げて欲しい」と推薦するほどアストロ愛を貫くオーナーが、95年型アストロカリフォルニアカスタム・スノーボーダーに乗るYOSHIさんだ。

スキーやキャンプなどのレジャーを楽しむYOSHIさんが、荷物と人を載せられるクルマとして購入候補に挙げたのがハイルーフのアストロだった。そんな折、とある展示会で見たカリフォルニアカスタム・スノーボーダーに一目惚れ。「このパイプガードとか、あの当時は斬新で衝撃的でした。すぐに購入を決めましたよ」。

それが今から20年前の話ださすがに20年も乗り続ければ、様々な故障も経験。「でも、周りで聞くような大きな故障は無いんです。細かいのは沢山ありましたけど、アメマガのメンテ記事を見て勉強しました(笑)」。多少のトラブルは、広い心で受け止めるのも大事と言うYOSHIさん。関西出身のYOSHIさんは、仕事の都合で全国各地に転勤するのだが、その際は必ずアストロも連れて行く。そしてその都度、アストロを見てくれるショップ探しも恒例だとか。

「今の転勤先は茨城なんですが、関東に来たらピットインアクツさんと決めてたんです。昔からアメマガに良く登場してたし、阿久津さんも面白そうな人だったんで(笑)」。そのピットインアクツに訪れる前、初めてのイベント参加となった2017年のアメマガキャラバン印西で、偶然にも阿久津社長と遭遇したのも運命だったようだ。20年という長い年月を同じクルマに乗り続ける為には、クルマのコンディションはもちろんだが、オーナーの愛情が不可欠。

「20年も飽きずによく乗るねって結構言われますけど、飽きたことが本当に無いんです。特別な理由はないですよ。車内は広いし、マイペースな走り心地も僕には丁度いい。もし今後、何かあって違うクルマに乗ったとしても、このアストロは手元に残します」。20年も一途に想うアストロ愛。これはマジで感服だ。

IMG_1038

20年前のボディとは思えない美しい状態を見せる理由は、オールペン実施済みだから。しかも、ホワイトからホワイトパールに塗り替えという、同色オールペン。純正スタイルは崩したくないYOSHIさんのこだわりだ。

IMG_1034  

当時限定モデルとして販売されたアストロ・カリフォルニアカスタム・スノーボーダー。バンパーガードなどステンレスパイプが強烈なインパクトを与えている。ルーフにスキーラックが装着されるなど、ウィンタースポーツに特化したモデルだ。社外の17インチホイール以外、純正を残している。

IMG_1068 IMG_1057 IMG_1060 IMG_1063  

「のんびり走る自分には、パワーも乗り心地も丁度いい。柔らかいシートに包まれて走る安心感は最高です」と語るYOSHIさん。

IMG_1149

PIT IN AKUTSU 埼玉県戸田市美女木6-7-8
TEL:048-421-1787 
FAX:048-421-1865
URL:http://www.pitin-akutsu.com

IMG_1022
関東に転勤になったら、ピットインアクツを訪れると決めていたYOSHIさん。同じくアストロ好きな阿久津社長とは、すぐに打ち解けたそうだ。阿久津社長も、久々に本気なアストロ好きと話してご満悦(写真は渋い顔だけど…)。


■Text & Photos|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン 2018年 8月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。