チャレンジャーSRT8をエアサスでもガンガン走れる仕様へ

クーペ

ダッジ

オールインポート

EXCITING CUSTOM

アメマガ2019年2月号

チャレンジャー

チャレンジャーSRT8

埼玉県

『エアサスを入れてもガンガン走れる仕様にしたい』


2011y DODGE CHALLENGER SRT8

EXCITING CUSTOM
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる

パーツ選択にこだわり抜いて走りも楽しくなる王道スタイル

幅広いラインナップを誇るKRZエアサスはオススメ!

138

OWNER/立花甲太さん(写真中)&オールインポート・メカニック

H2を所有していた立花さんが走りに不満を感じるようになり、一念発起してチャレンジャーSRT8を購入。走りと見た目にもこだわるべく、埼玉のオールインポートにカスタムを依頼。オーナー目線のこだわりのパーツを扱う同ショップの導き出した答えがコレだ!
 

エアサスでもガンガン走れる仕様へ

2011y DODGE CHALLENGER SRT8、2011y ダッジチャレンジャー SRT8

H2でカスタムを楽しみ長年所有していた立花さんだが「H2なので走りよりも見た目や音に特化したカスタムで、正直普段乗りでは騒がしい仕様でした」と、走りに関してはストレスを感じていた。そこで思い切ってH2を手放し、走りにストレスを感じないチャレンジャーSRT8を購入。だが、ノーマルで乗るのは物足りない。

そこで訪れたのが、埼玉のオールインポートだ。「要望は『エアサスを入れてもガンガン走れる仕様にしたい』とのことでした。どちらも両立させるためには、信頼ある品質の高いパーツを使う必要があると伝えました」と、オールインポートの藤岡氏は言う。とくにこだわったのがエアサスキットだ。

高馬力を持つSRTだけに、車高を落とす性能だけではなく、走りに対応する耐久性は重要で、細かいパーツのメンテナンス性にも優れたKRZデジタルエアサスキットが選ばれた。ホイールはワーク・グノーシスGR203・20インチ、タイヤもニットー・NT555 G2と走行性能重視でチョイス。

K&Nエアインテーク・ブラックホーク、マフラーはボーラ・アタックで吸排気チューン。APRパフォーマンス・カーボンスプリッター、オリジナルデカールで走りの意欲を掻き立てている。

走ることが本当に楽しくなったと言う立花さんの言葉が、その仕上がりの満足度に表れている。オールインポートが国内代理店として扱うAPRパフォーマンスのカーボンスプリッターを装着し、オリジナルレッドデカールをセット。

ワーク・グノーシスGR203(リムバフフィニ ッシュ)
ワーク・グノーシスGR203(リムバフフィニ ッシュ)
走りにこだわりつつ、車高を落とした際のホイールのオフセットもこだわり、ミリ単位でのセッティング。ホイールはワーク・グノーシスGR203(リムバフフィニッシュ)F/20×10J・R/20×11J。NRGアルミの鍛造ナット。タイヤはNITTO・NT555G2 F/245/40R20・R/275/35R20。タイヤの引っ張りもこだわりだ。



新作のK&Nエアインテーク・ブラックホーク、ボーラ・アタックマフラーで吸排気チューン。ちょっとだけ爆音仕様は、H2の名残りを忘れられない立花さんの要望だったとか。スプリントブースターも装着し、アクセルレスポンスを向上させている。

ここに注目!! ”HOT ” CUSTOM

高品質でアフタフォロー抜群、KRZデジタルエアサスキット

KRZデジタルエアサスキット
低価格モデルからハイエンドモデルまで幅広いラインナップを誇り、ユーザーの予算や使用目的で選ぶことができるKRZデジタルエアサスキット。エアバッグの耐久性も高く、細かい部品を交換するためのパーツ供給が速いのも、メンテナンスでは大きなメリット。品質の高さとアフタフォローの良さで、オールインポートがオススメするエアサスキットだ。


カスタム専門ショップと思われがちなオールインポートだが、高品質な様々な車両を、乗り出し価格を明記して販売しているので、車両購入でも頼りになる存在だ。


■Produce:ALLIMPORT
■TEL:048-959-9419
■URL:https://www.allimport.jp/


■Photo:FUMIO KOGA
■Text:KAZUTAKE SOMA
アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】