究極のスラムドスタイルにグラインダー タトゥ―・ゴーストペイントが融合!

クーペ

シボレー

カマロ

アメマガ2019年10月号

ROHAN

EXTREME AMERICAN

グラインダータトゥー

EXTREME AMERICAN
2016y CHEVROLET CAMARO


2016y CHEVROLET CAMARO

正面、真横、真後、どのアングルから見ても絶妙なボリューム感でトータルバランスに優れたクルマ造りに長けた一台。その極め付けとなるボンネットのゴーストペイントは、もはやショーカーとして称賛されるレベル!

ローハン井澤氏に魅せられボンネットをオーダー!

大阪に凄まじいカスタムを施したカマロオーナーが居るのを知ったのは、2019年5月に広島で開催されたREXカスタムショー 。BEST OF アメ車マガジンアワードを贈呈した同車輛を詳しく掲載したいとの思いで、早速大阪の某所で撮影決行となった。


天気は申し分なかったのだが、見どころであるボンネットのグラインダータトゥーがゴーストペイントであり、その表情をうまく演出したいとの想いがオーナーと合致し、半地下で撮影を行なった。

この判断が正しかったようで、太陽光とは異なる、ストロボならではの光の反応具合が繊細なグラインダータトゥーと上塗りで閉じたキャンディ色が見事に反応。見る角度により様々な表情を見せるため撮影は苦労したが、それがまたゴーストペイントの醍醐味であり同ペイント手法の魅力である。


2016y CHEVROLET CAMARO、2016y シボレー カマロ
そのボンネットのインパクトに負けない位に手を加えたエクステリアも特筆物で、フルエアロを纏った所に、フロントバンパーフラップを追加。エアフォースで限界までスラムドスタイルへ持って行って、Verz Kcv03のホイールを絶妙なサイズ感でスパルタンに履きこなす。フロントのインパクトに負けない大きなリアウィングをはじめ、どのアングルから見てもトータルバランスに拘ったフォルム造型美には感服する。


オーナーはこの カマロ が初めてのアメ車で、これまでは国産ミニバン系のカスタムシーンで様々なイベントに参戦していたようだ。そこで培ったカスタムセンスで、定番のアメリカンスポーツクーペカスタムとは異なるエッセンスを加えた事で、定番を打破した個性派へと一新させた。

ローハン、グラインダータトゥー
ローハン、グラインダータトゥー
以前所有していた国産ミニバンでローハンの井澤氏の神技に惚れ込み、今回も完全お任せでボンネットをオーダー。開口部があるのにグラインダータトゥ―のラインに一切の狂いがなく連なって流れる所が神技と言われる証。もはや芸術作品の域と言って良い。

装着するホイールはVerz kcv03.19インチ
装着するホイールはVerz kcv03.19インチの絶妙なサイズ感でスパルタンなボトムスを演出しつつ。リム際限界までスラムドさせた時の巧みな躱し技もお見事!






ボリューム感溢れるフルエアロを装着していたものの、フロントアンダーのインパクトが頼りないとワンオフで制作してもらったフロントバンパーフラップ。緻密な計算の基フルスラムド時は地面スレスレまで落とし込む。




フロントのインパクトにまったく引けを取らないリアアングル。マッスル感を高めるリアウィンドウシェードと大型のリアウィング、そして左右4本出しのマフラーによる視覚効果で、どのアングルからも一寸の隙を見せないスタイルを実現させた。


特注エアサスを組み込み 広島カープの本拠地で完全着地【ジェットシティ】
ワイスピに刺激を受けて2代目チャージャーに熱愛 ダッジチャージャー
SRT-8に惜しげもなくぶち込んだフォージアート30インチ! ダッジチャージャー
家族が協力してエイジング塗装で仕上げた力作のラットスタイルマスタング


■写真& 文:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


関連記事

RELATED


特注エアサスを組み込み 広島カープの本拠地で完全着地【ジェットシティ】

黄金時代到来の広島カープと共に、様々なアクションを起こし停滞気味なアメ車業界を盛り上げる広島のジェットシティ。同ショップのデモカーであるカマロがさらなる進化を!

カスタムペイントの常識を覆す、奥深き彫刻アートの世界観【IZAWA ART DESIGN】

マスタングやチャレンジャーなどのグラフィックゴーストペイントに加え、オリジナルエアロパーツの開発でも誌面を賑わせるローハン。その原点にして最高傑作が、この1958年型インパラ。カーカスタムの概念を超え、芸術作品の域と絶賛されるその魅力を紐解く。

巨大なGTウイングなどを装着し、レーシングカー的なオーラを纏うカマロRS

CHEVROLET CAMARO RS

【ROHAN×BRIGHT CAMARO】東京オートサロン2023で視線を釘付けにした!

2019年にKANDY BLUEの単色で東京オートサロンに展示したROHANのカマロコンプリートが、4年の時を経て正常進化。自社オリジナル塗料と最先端のカスタムペイントワークを駆使した完全リメイクは注目の的!

69年型カマロが持つ本来の魅力がフォーカスされた好感の持てる1台

1969y CHEVROLET CAMARO
トラップオートモーティブ

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2