控えもながらもシンプルで精悍なスタイリングでストリートロッダーからの支持が高い初代シェベル

セダン

ビンテージ

シボレー

オレンジカウンティ

GORGEOUS 60's

シェベル

アメマガ2019年10月号

絢爛たる60年代
1964 Chevrolet Chevelle


1964 Chevrolet Chevelle

1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル

GORGEOUS 60’s

絢爛たる60年代
フォード・フェアレーンのライバルとして主力のファミリーセダンを担うモデルとして1964年にラインナップされたシボレー・シェベル。往年のヒットモデル、トライシェビー(55~57)と同様のコンセプトで開発され、ホットロッドのフィールドでも高い人気を獲得するモデルだ。

SSパッケージもラインナップする人気モデル

SUVが主力車種となっている現在と違って、60年代の主力といえば、家族で乗れるいわゆるファミリーセダンだった。そのため、主力となるセダンのモデルには、ステーションワゴンなどがラインナップされ、様々なニーズに対応していた。

セールスの面でトップとなっていた フォード・フェアレーン に対抗するモデルとして、シボレーは64年に シェベル を投入。万人受けするシンプルで控えめなデザインとしながらも、当時はもとより、ホットロッドのフィールドでも大人気のトライシェビーと同等のコンセプトが盛り込まれているのがポイント。


2ドアには、クーペ、ハードトップ、コンバーチブル、セダン、そして、往年のノマドを思わせるステーションワゴンをラインナップ。4ドアでは、セダン、ステーションワゴン、さらに、ピックアップトラックとしてのエルカミーノもラインアップ。そうした多岐にわたるボディバリエーションをはじめ、ホイールベースやキャラクターにおいて、シックスティーズ版のトライシェビーという位置ずけで人気となった。


ハイパフォーマンス仕様であるSSパッケージのラインナップによって、マッスルカーとしての魅力もあるだけに、GMきっての人気モデルとなっている。中でも初代の64年型は、控えもながらもシンプルで精悍なスタイリングがストリートロッダーからの支持が高いのだ。
1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル
日本ではマッスルカーとしてアップグレードするケースが目立つが、アメリカでは、この個体のように、ロッダー的なアプローチでクールに仕立てるケースが目立つ。

特別なモディファイはせず、本来持つボディの美しさを丁寧に磨き上げた上で、ルックス、乗り味を加味した絶妙な車高スタンスにアレンジ。SSならではのモールディングの視覚的効果も際立ち、ストックの魅力が120%に引き上げられているのがポイントだ。
1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル
64年型は、歴代シェベルの中でも最もシンプルで控えめなデザインなだけに、主張のあるデザインを好む人にはあまりあまりピンとこないかもしれない…。しかし、この個体は、ストレートなボディ&モールディングによって、微妙なプレスラインの美しさが際立っており、魅力的に仕上がっている!
1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル
ボディやモールディング、エンジンルームのディテーリングなど、ストック以上に美しく磨き上げられていることで、特別なオーラを放っているこの個体。ルックの良さだけでなく、ブレーキの4輪ディスク化や、配線類を全てリフレッシュするなど、やるべきメニューをきちんとこなした信頼性の高い状態なのがスバラシイ!
1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル
1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル
SSパッケージに準じてセパレートシートながら、センターコンソールは撤去。ゲート式シフターやビレット製ステアリングの採用など、ロッダー的なアプローチ。エアコンやオーディオもアップグレードされて、快適性も向上。クラスターはストックを保持しながら、社外メーターを追加インストール。
搭載エンジンはストックの327ciをベースに、社外のインテーク&4bblキャブレター、へダースでアップグレード

搭載エンジンはストックの327ciをベースに、社外のインテーク&4bblキャブレター、へダースでアップグレード。連結するATは、本来のパワーグライドに代わって、4速OD付き700R4。ポテンシャルと扱いやすさをバランスよく向上させたロッダー的スタイル。


オーソドックスなAR 5スポーク・ホイール
サスペンションはストックのメカニズムのまま、Fアッパーアームを社外品でアップグレード。それに伴い、ブッシュ類も社外のウレタン製を投入。オーソドックスなAR 5スポーク・ホイールのサイズ感が絶妙。装着タイヤは、コンチネンタル・エクストリームコンタクト(F:215/45ZR18、R:235/45ZR18)。

ORANGE COUNTY
Tel:0561-64-3888
HP:http://www.orange-county4u.com/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi

アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


関連記事

RELATED


歴代コルベットの中でも特に人気の高い、美し過ぎる高性能スポーツカーC2コルベット

絢爛たる60年代
1964 Chevrolet Corvette STING RAY

カプリスセダンを同時に2台所有する生粋のマニア

ダイハードを筆頭に、80年代後半から90年代初頭にかけての洋画に度々登場するカプリスセダン。スクエアなフェイス周りと重厚なクロームバンパー、そしてアメ車らしさが全身から感じ取れるフルサイズセダン特有の存在感に魅了されたオールオートの伊東さん。クルマ屋さんでありながらも、生粋のアメ車好きと知られる彼が惚れこむ、その魅力について話を伺ってきた。

セミファストバック形状のフォルムへと進化した2代目モデル 1970y シボレー シェベル【アズールモータリング】

ワイルドスピードやアウトローなど、映画ではクールでタフな男の愛車として登場する1970年式シェベル。

アメ車専門ディーラーの老舗が自信を持って推す、日本での超レアモデルの4台がベールを脱ぐ【スカイオート】

アメ車専門ディーラーの老舗『スカイオート』が自信を持って推す、日本での超レアモデルの4台がベールを脱ぐ

1970年型シボレー・シェベルSSのクラシックカー改造術!快適性とパフォーマンスを追求

1970年型シボレー・シェベルSSの記事では、アイコーポレーションがレストア・カスタマイズしたクラシック・アメリカン・カーを紹介。この車は日本の高温多湿な夏のコンディションに合わせて改造され、快適性とパフォーマンスが向上した優れもの。大規模なカスタマイズにおいてベース車の選択の重要性にも触れる!

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!