マニアック顔の粋な純正風味でアストロ&C-1500をナチュラルに乗りこなす!

ピックアップトラック

バン

シボレー

アメマガ2020年8月号

バラ色のアメ車人生

C1500

アストロ

1995 CHEVROLET ASTRO
1993 CHEVROLET C-1500

バラ色のアメ車人生 アメ車に乗れば必ずHAPPYになれる!


1995 CHEVROLET ASTRO / 1993 CHEVROLET C-1500

90年代にカスタムベースとして一世風靡したアストロ&C-1500。当時誌面を賑わしていたのは純正車高よりもロワードが中心。フルエアロに大口径ビレットホイールはお約束のスタイルだった。あれから20年、あえての純正風がトレンドの兆し!

無機質なボディカラーがライフスタイルを彩る影の立役者

バラ色のタイトルながら、シルバー&ガンメタリックの無機質な色味のアメ車2台で登場するMASAファミリー。バラ色の彩りを添えるのはクルマではなくファミリーと言わんばかりに、ファニーな娘さんと生まれたばかりの赤ちゃんを連れて取材に応じてくれた。


元々はMASAさんのC‐1500とセカンドカーにプリウスを所有。遠出する際はC‐1500のフロントベンチに三人仲良く並んで出かけるのがお決まりで、プリウスは主に奥さんの足として愛用していたが、1年ほど前に長男誕生を控えて家族がゆったり乗れるクルマへの乗り換えを検討したのが事の始まりだ。

DSC_9721 DSC_9771

見積もりを取って金額を見た際に、これだけ出すならアストロをフル整備してもお釣りがくるからと妻にアストロを勧め、タイミングよくディーラーモデルのLTを見つけて即決したそうだ。決め手はその無機質なボディカラーと角目のマニアックなフェイス。


実はMASAさんのC-1500もフィラーの付いた前期顔にこだわっており、無機質なガンメタリックが本国感を漂わす。元々Cノッチでロワードフォルム化されて後期グリルに換装されていたが、友達が所有するC‐1500の純正車高に感化されて、メキサバ純正リーフ組み換えや純正スピンドル、コイルを駆使して純正車高に復元。


グリルは前期物に戻し、オリジナル志向に返り咲いた。その際、本国からゲートデカールを取り寄せ、フェンダーアーチモールも追加、C‐10用のラリーホイールで足もとをコーディネートしてサラッとしたナチュラルスタイルに。


主役はクルマじゃなくて家族!と言うMASAさんにとって、家族が安心快適に乗れる純正車高は必須条件。無機質な色味と控えめな主張のアメ車2台は、愛する家族を陰で支える縁の下の力持ちとして活躍してくれることだろう。

1995 CHEVROLET ASTRO

1995 CHEVROLET ASTRO 1995 CHEVROLET ASTRO 1995 CHEVROLET ASTRO DSC_9696DSC_9697 DSC_9683DSC_9730 DSC_9693DSC_9704 DSC_9685

飾らない雰囲気でフェイスの愛嬌を二割増しにしてくれる角目のディーラーフェイス。現車はAWD モデルでヒッチキャリアも付いており、アウトドアの足や車中泊にも大活躍。ボディカラーにマッチするトルクトラスト2の履きこなしも粋。ちなみに鍵穴周りのひっかき傷を防ぐ目的でディーラーが用意していたボウタイマーク入りのプレートも、なかなかの激レアアイテムである。


リアルウッドの質感が味わい深い当時物のウッドパネルに90年台ならではのデジタルメーター、そして95年モデルのレトロファニチャーでモダンなモケットシート。飾り気のないシンプルな仕立てが、クリーンで爽やかさ印象を醸し出し、好感が持てる。

1993 CHEVROLET C-1500

1993 CHEVROLET C-1500 1993 CHEVROLET C-1500 DSC_9738 DSC_9746DSC_9749DSC_9751

5.7L V8のTBIを搭載する93年型C-1500。VORTECよりも濃厚なV8サウンドがお気に入りのポイント。C-10用のラリーホイールは8Jに32×11.5R15のマニアックなサイズ設定でBF-Goodrichホワイトレターを裏履き。ちなみに良く見るとセンターキャップがGMCになっていたりと、微妙に異なる純正アイテムが共存している。


純正デッキをストックしつつ、エアコン吹き出し口下にさり気なく1DINオーディオを追加することで、コックピットから見える景色まで当時らしさにこだわるインテリア。90年台ならではのブルーモケット中心のカラーコントラストもガンメタリックのエクステリアにマッチしており、純正ステアリングをストック。年式の割にはクリーンな状態をキープしている。


Photo&Text:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 8月号掲載

関連記事

RELATED


9人兄弟の五男と七男が選ぶ、大家族にマストなアメ車!

1972 DODGE CORONET
1996 CHEVROLET ASTRO
2001 CHEVROLET ASTRO

一度諦めたアストロライフ、満を持してカスタムに没頭する

2000 CHEVROLET ASTRO

やり尽くしたOBSで令和の時代を走る贅沢!

シンプルにオリジナル志向で乗っても、ガッツリカスタムして乗っても様になるOBS。中でも当時のカスタムカルチャーを色濃く残した個体は、マニアの間でも人気急上昇中。紹介するC-1500ファントムデューリーはまさに、1990年代のカスタムシーンを彷彿とさせるマニア必見の個体だ。

【日本で一番売れたアメ車】シボレーアストロ/GMCサファリが根強い人気の真髄とは?

80年代の名車、シボレー・アストロとGMCサファリの魅力を解説。日本にミニバンの概念を広め、日本車の基礎を築いた存在を語る。絶版にも関わらず、愛され続ける車として多くの人に支持され、、アメリカでの人気も高く、ハイルーフ改造車としても注目を集めたシボレー・アストロとGMCサファリの魅力を紹介していこう。
American Cars Best20 CHEVROLET ASTRO(シボレーアストロ)GMC SAFARI(GMCサファリ) 1985y-

NASCARトラック的なアプローチの「美」C1500

レギュラーキャブのC1500をスポーツトラックとして満喫するべく、あえてのV6搭載車。フロントミッドのレイアウトは重量バランスも良く、モディファイしたV6は十分なトルクと軽快なレスポンスを両立する。

 

最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。